よもやま話 2017.11.22 (水)
うちの犬は14歳10ヶ月。
中型犬、かつ、
病気がとても多い犬種としては
頑張って長生きしてくれてます。
ありがたや。

生き物なので当たり前ですが
色々衰えて来て、
それを目の当たりにすると
切なくなったりすることが
あったりするのですが。

犬の体調が悪くない限り、
2階の寝室で、一緒に寝ているのですが
暗い所では、目が見えていないため
(片目は完全失明、
もう片方はかろうじて光を感じる位)
階段は柵をしています。
階段の下りは自分でゆっくり降りますが
事故防止のため、念のため。

ところが、昨日寝るとき
柵をし忘れたんですね。
夜中、いや明け方かな?
階段を「ドコッ…ドコッ」と
ゆっくり降りる音で目が覚めました。
あ、降りちゃった、起きなきゃ
と思ったのですが、起きられず。
なぜ起きる必要があるかといえば
彼は階段の上りは、もう自力で
上がれないんですね。
やる気モードの時は、自分で
上がろうとするので、補助して
運動機能訓練。
やる気のないときは
「無理です。」
という顔で見るので(笑)
抱っこして上がっています。

冷えこみも厳しく、上げてやらないと
と思いながら、またウトウトしてしまい
(ごめんよ。)
次に、わたしを起こしたのは
キューキュー鳴く、か細い声でした。

しまったー!ケガでもしたか!

飛び起きて、階段を駆け下りよう
と思ったら、ナント!
自力で上がれないはずの犬が、
階段の頂上まであと3段のところに
しがみついていました。

うちの階段は、L字型になっており
段差も低目。
ではありますが、まさか自力で
上がって来るとは全く思って
いませんでした。
「寒いのでお布団に入りたい。」
多分その一心で、上がって来たのでしょう。
で、あとちょっとのところで
チカラ尽きて途方にくれた、と。

腰部から後肢の筋肉が衰えているので
(しかも片脚は不自由)
ほぼ前肢だけでよじ昇って
来たのだと思います。

アッパレ。

先代犬の晩年もそうでしたが、
犬なので当たり前でしょうけど
彼らは、できなくなったことを
数え上げて
振り返ることはありません。
できなくなったらどうしよう
と心配することもない。

現状を受け入れ、折り合い、
今ある能力を使って、
やりたいことをやる。
それでもできなければ
潔くあきらめて、穏やかに過ごす。

スゴいな。
わたしも、そうありたいな。


で、そのアッパレな
うちの老犬。
朝ご飯をモリモリ食べた後即、
い、生きてるよね…?
と心配するほどの熟睡に
入りはりました…

わたしもそうありたい(笑)。

スポンサーサイト
女性ランナー話 2017.11.17 (金)
今日もランネタではありません。
しかも恐れ多くも、
ビューティーバナシ!!

お前が語るな!
付き合ってられるか!という
お怒り、ごもっとも。

ご機嫌がなおったら、
またお越し下さいね。




●眉毛問題●
以前、記事にもしましたが
わたしは、
「眉頭〜中央まではガッツリ
毛があるが、眉尻は無い。」
という眉毛の持ち主。
全体的に眉毛が薄い人とは
また違う悩みがあります。
日常は、できる限り気をつけて
「眉毛が途中で終わってる人」
にならないようにしてますが、
ラン後はヒサン。

ええ、色々やってはみたのです。

西に落ちにくいアイブロウが
あると聞けば、行って買い、
(そして裏切られ)
東に神レベルの
アイブロウコートがあると
聞けば、行って塗り。
(そしてまた裏切られ)

しかし、だがしかし。
とうとう、メシア現る。

先日の土山マラソンにて。
激走のフル、当然ダダ汗。
オマケにキャップだってかぶってた。
それなのに、ゴール後、
ワタシの眉毛は、スタート時と
同じ形状を保っているじゃないですか!

イエー!(喜喜喜)

※眉毛があっても、元がさー、
というハナシはもちろん措いて。

エレガンス
アイブロウ リクイッド




すばらしい。
汗、皮脂には強いのに
クレンジングで普通に落ちます。
筆先のコシがしっかりしてて
繊細な線が書きやすい。
色も四色あるので、選びやすいし。
末永く廃番にならないことを
願うばかりです…


●シミ問題●
屋外スポーツであるラン。
日焼け対策に悩むのは、
女性ランナー皆さん同じですよね。
わたしも、できたら
日焼けしたくない。
でも、日焼け止め、
かゆくなってしまうのです。
かゆくならないモノは汗で流れる。
で、真夏のランのときは、
顔→普段塗らないが仕方なくファンデ
  (水ありでパウダー)
身体→一瞬で流れてる日焼け止め

ヤケーヌも持ってますけど
坂がキツ過ぎて、酸欠になる(笑)。

わたしを知ってる方はご存知でしょうが
それなりに日焼けしちゃってます。
まあ、色白は諦めてるのですが
問題はシミ。

先日、美容皮膚科に行きました。
で、シミチェックってことで、
ウッドランプで撮影。
よく、見るでしょ?
「未来のシミが」ってやつね。

まあ、アレで何も写らない人は
いないそうなのですが、
3年前分から、並列で比較して
もらったのですが、
な、なんと。

年々、減っているじゃないですか!
ィヨッシャアァァァーーー

あ、肉眼ではソバカスとか
フツウにありますよ?

でも日焼け対策できてないのに
減っていて、
良かったーー

なぜだろうと考えるに
●ビタミンC顆粒(皮膚科で処方)
●走ってるので代謝が上がる

ということの他に
●APPS
(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)
ビタミンC誘導体です。
水溶、油溶どちらの徳性もあり
浸透率が高い。
でも、安定性が悪いため、
すぐ酸化してしまいます。
なので、粉末を購入し、溶かした
化粧水を自作し続けること4年。

他に美白ものは使ってないので
もう、このお陰としか。
ありがたや。
※厚生省はAPPSの美白効果を
認めていない。安定性の悪さが原因。

気休めかもだけど、
何もしないよりいいよね。
あ、できたシミは化粧品では
取れません。
あれこれやるより、
レーザーうった方が早いです。
経験から、めちゃ思います。
どれだけお金を使ったことか。


と、いうことで
慣れない美容ハナシ、
オチのないまま終わります(笑)。

美容ネタは楽しいな。
これだけで半月はネタ行けるわ〜
と思うのですが、
ランカテゴリから
追放されそうなので自重。




よもやま話 2017.11.15 (水)
ちょっとランネタはお休み。
いつもにもまして
どなた様のお役にも立たないシリーズをば。

つきあってらんないよって方は
またのお越しをお待ちしております。





「最近驚いたこと小ネタ集」

●土山マラソンで大会パンフの他に
観光案内やふるさと納税のパンフが
入っていた。
ふるさと納税のお礼品。
ご当地名物として、お茶とか
信楽焼の狸があるのはまあわかるが
「手裏剣5枚セット」
「甲賀流忍者衣装長袖」
「甲賀流忍者衣装半袖」
があったのには、驚いた。

15107564160.jpeg


●閾値走を実施している公園には
テニスコートがある。
20:00前後でも、テニスの練習を
されていて
コーチの檄が飛んでいる。
その内容が(私的には)とても高度で
「スライスのかけ方が甘い!」
とか
「アプローチのやり方が!」
とか。
てっきり成人のガチプレイヤーが
練習しているとばかり思っていたが
最近コートを見てビックリ。
子供さん、しかも小学校中学年ぐらい。
ジュニアの本格志向選手の
スクールらしい。
こんな田舎でやっているのには、驚いた。

●整体にて。
附近のベッドは、カーテンで仕切られている
だけなので、先生と患者の会話は
丸聞こえ。
色々な事情が聞こえてきて、
切なくなるときもある。
その日は、高校生女子と付き添いのお母さん。
卓球選手らしく、オーバーユースで
腰が痛いとのこと。
「何年目ですか?」の問いに
「小1からやっています。」とお母さん。
エエーすごいな、と思っていたら
「この子には中途半端なことをさせました。」
聞けば、
元卓球選手の両親を持つ子供の場合
2、3歳から卓球をはじめさせるそう。
「小1くらいには、全国レベルで勝てないと
いけないんです。
そうすればスポンサーがついて、
いい練習環境で練習できるから
もっと強くなれる。」と。

2歳なんて、下手すればオムツ取れてないよね?

小1でスポンサーって・・・
卓球界すごいことになっているのには、驚いた。


●職場のお昼休み。
育休から復帰したAちゃんから問題提起。
「こどもに『くまの○○○ん』を見せているが
○○○んの、ボケぶりが問題すぎる。」と。
詳しく事例を聞けば確かに、
そ、それは・・・ちょっと・・・
という行動とか発言が浮き彫りになったが
いやいや、世界中に愛される
黄色いほっこりキャラ、
俊敏な動作とか、高い知能を持っていたら
可愛くもなんともないだろう・・・
という結論に落ち着きかけたとき。
別の同僚Bちゃんから、
「た、大変だ!」の声が。
「○○○んは、生き物の『くま』ではなく
『くまのぬいぐるみ』であるらしい。」

・・・えーーー
ハチミツ食べたりしてるじゃん?
と思ったが、おはなしの中では
そういうことになっているらしい。
したがって、ボケた行動も、
「ぬいぐるみなので・・・」という
理由ですべて片付くらしい。

kumanuime.jpg

しかも、女の子ですってよ?

みなさんご存知でしたか?
わたしも、同僚女子たちも、心底驚愕。
そんな暗黙の了解があったのには、驚いた。


以上、ほんとうに
ほんとーーーーーに
どーーーでもよすぎるハナシでした。

最後まで読んでくださった方
あなたは、本当に優しい方♥♥♥

それでは
皆さま、ごきげんよう。
明日も良い日でありますように。

練習記録 2017.11.14 (火)

元々、もうあまり月間走行距離には
こだわってはないのですが
それにしても、10月は走れませんでした。

週末ごとの雨(どころか台風)、
こんなにレース前月に走れなかったの
初めてかもしれません。
全国的にみなさん同じだったと思いますが。


10/26(木)ジョグ5km

10/28(土)土山部分試走

不安で不安でたまらず、
レース一週間前にも関わらず
土山まで試走に行きました。

あいにくの強雨と強風でしたが
それでも雨のやみ間はあり、
19km地点の激坂を往復(2km)。

車を21km地点近くの
空き地に止めさせてもらい、
22km~33km部分をペース走(Ave4'32")
雨が強くなって、ペース走終了。
レインウェアを着用していたので、
車を止めた場所までジョグで戻りました。
計16.2km

10/29(日)
地元のアップダウンコース8kmでペース走
Ave4'38"。

10/30(月)ジョグ5km

10/31(火)週末レースなので、早めの曜日に
     閾値走を実施しました。

    Tペース走
   4'14" 4'07" 4'13" 4'09" 3'59"
   193 201 199 203 205 ピッチ
   1.21 1.21 1.17 1.18 1.22 ストライド

最後の1km、心臓口から出るかと思いました・・・
レース前の閾値走って、
やらない方がいいのかな?
疲労は残ってない、と
その時は思っていたのですが・・・

翌日(水)ランオフし整体へ。
翌々日(木)は飲み会でランオフ。
日付が変わった夜中、なぜか左ふくらはぎが
激攣って、飛び起きました。

ぼ、ぼええぇぇ~

わたしは転げ回っていたのですが、
夫も、犬も、寝続けていました・・・

ひとりのたうつ、孤独な午前3時。

しばらくして収まったので睡眠続行。
でも朝起きたら、左ふくらはぎ、
めっちゃ痛い!
その日(金)はもちろんランオフ。
あわてて整体予約。

土曜日。
レース前日は絶対走らないのですが
ランオフが続いたため、恐る恐るジョグ7km。
ふくらはぎの違和感は続行中。
夕方整体に行って、切々と訴えましたが
「あんまりやったら筋肉緩むよ」
と、言われてしまいました。
「故障じゃないから、大丈夫!気のせい!」と
言われたので、それを信じることに。

11/5日曜日、土山マラソン本番。
42.195km。
平均ピッチ198、平均ストライド1.08でした。
ピッチ下がったなあ。
(大体200越えだった)

11/6~8ランオフ
11/9 ジョグ5km
11/10ランオフ
11/11 アップダウンコース14kmジョグ

11/12 閾値走
    Tペース走
   4'15" 4'12" 4'11" 4'10" 3'59"
   198 203 203 204 206 ピッチ
   1.17 1.17 1.16 1.17 1.20 ストライド

ストライド、ヒデー・・・
やっぱり、最後の1km、
心臓口から出そうでした。
ストライド戻るかな・・
1.25とか出てたのが、ウソみたいだわ(涙)。

次戦は奈良マラソン。
今週末から奈良詣で、開始します。



2017あいの土山マラソン 2017.11.12 (日)
2017土山マラソン。
備忘録的に、装備と補給とレース展開を
振り返り
来年の自分の参考にしたいと思います。

●シューズ●
 ジャパンブースト2

マナ7で出走するつもりでしたが、
数日前からふくらはぎに軽い違和感があり
薄いマナには不安がありました。
消去法で、ジャパンブースト2に。

●装備●
 ファイントラック
 アンダーアーマー半袖T
 アームカバー
 サロモンランパン
 c3-fitゲイター
 c3fitソックス
 NorthFaceキャップ
 c3fitグローブ
 サングラス
朝、道中の信楽で表示されていた
気温は3度。
その後、新名神の入り口手前では
6度でした。
天気予報では最高気温17度でしたので、
ウェアリングの変更は
考えてませんでしたが、
この時期のレースは難しいですね。
スタート10:25の時点では、とても寒く、
ハーフ過ぎ(昼過ぎ)からは、とても暑かったです。
給水所のスポンジがありがたかった。
記事にも書きましたが、
ウェストポーチの類を忘れたので
サロモンランパン(お気に入り)の
ポケットは助かりました。

●補給●
レース2時間前に
おにぎり2つ。おみそしる。
1時間前におにぎり1つ。

 塩熱サプリ
 ハニースティンガー
 メイタンゴールド
 ここでジョミ3本
補給は、15kmでジョミ1本
ハーフ過ぎに、ハニースティンガー
おそらく27kmぐらいでジョミ1本
その後33kmまでの間にメイタン。

恐ろしいことですが、
27km~35km手前の給水所までの、
自分の行動の記憶が欠落しています。
走ってはいましたし、
コース上にはいましたが、
ただ「水が飲みたい」と
強くずっと思っていて
私設エイドの方
(お仲間のために用意してたっぽい)
に「いただけませんか」って
言おうかどうしようか迷って、
結局言えなかったことだけ覚えています。
コワ。
わたしは、水がなくても
補給できるジェルしか
持って走らないので、
給水所で補給するわけではないのですが、
今回はそれがアダになりました。
甘いジェルは、
のどの渇きを加速させる・・・

給水所はコンプだったのですが、
一回の給水量(コップの中身が少な目)
が少なく
平均2杯ずつとっていたにもかかわらず
本当にのどが渇いていました。
気温かなあ。
でも、2月の泉州国際も同じような感じだったので
他に要因があるかもしれません。

補給の量自体は、この位でいいと思います。
終盤ガス欠はありませんでした。
ブドウ糖を用意していたのですが、
忘れてきちゃって、試せなかったのが残念。

●レース運び●
このコースは、出たとこ勝負では、
高い確率で後半つぶれます。
よほどスロースターターか、
無尽蔵のスタミナの持ち主は
別でしょうけど、
少なくとも、わたしは絶対無理です。
記事にも書きましたが、後半歩きだす人の
圧倒的多さも、それを
裏付けていると思います。

21kmあたりの風の強さを考えて
10~20を設定より少し早く推移しましたが、
うーん、これはどうだったのか。
1分位だったので、さほどでもないとは思うのですが
もう少し抑えてもよかったのかな。
あと、風が強い中、いろいろジタバタしましたけど
結局何もしない方がよかったのかも、とも思います。
35kmからペースダウンした原因が
脱水なのか、オーバーペースなのかが
よくわからないのですが、
実力の天井スレスレの目標で走っているので
ちょっとのオーバーペースが命取りになる
ということは間違いなく、
反省材料ではあると思います。

このレースで、毎回一定数
(2~3人くらい)
30km以降、
ガンガンペースアップしている
稀有なランナーがいるのですが、
そういう方は、ハーフまでを
すごく抑えているんだろうな
と思います。
このコースはそれで正解かも。
本当に、ペース配分が難しい・・・

スタートとゴールタイムしか
チップによる計測がないため、
(私の記事のリザルトは、
 左:GPSオン1kmオートラップ 
 右:GPSオフ5kmごとの標識で
ラップボタン
 で計測したタイムです。)
他のランナーのラップがわからないのが、
ほんとに残念・・・
近いタイムのランナーの、
リザルトが心底知りたい(笑)。

●ねぼーの弊害●
遅刻するほどの寝坊ではありませんでしが、
そのために、数々の忘れ物が(笑)

・スパイベルト
・補給用ブドウ糖
・ワセリン
・レース後着替えの靴下
・OS-1

レース前の水分補給もなしでした。
これは大失敗。
次回からは、本当に注意したいと思います。
あと、行きの道中、すっぴん(笑)。
社会悪(笑)。

大会関係者の皆さま、
ボランティアの皆さま。
今回も完璧なサポートでした。
昨年より、ごみ箱の数が増えていたり、
補給のバナナが
ちゃんとカットしてあったり、
(4年前は丸々一本でしたね・・・)
年々工夫をしていただき
ありがとうございます。

もし来年参戦するとするならば、
下2桁は、01番のゼッケンを背負うことになります。
恥ずかしくないレースができるかどうか
はなはだ自信がありませんが、
一年かけて成長できていれば、
その時は、もう一度お世話になりたいと思います。

応援いただいた方
ご一緒いただいたランナーの方
ありがとうございました。