2017さが桜 2017.03.25 (土)
ゴール後、フィニッシャータオルを
かけていただきました。
すぐ発行してもらった完走証で、
本当にグロス200分切りを死守できていることを確認。
よ、良かった・・・
(;д;)

トラックの真ん中は、芝生になっており、
ゴールしたランナー達が、ひと息ついたり、ストレッチしたり。
サトさんの姿を探しましたが、見つかりませんでした。
もう、着替えに行ったんだな、と思っていました。
後でLINEを確認するまで、
大変なことになっているのを知らずにいました・・・

導線に従って進むと、怒涛のおもてなしの数々が!
・さがほのか 
  待ってました!お願いして5個位いただきました。
・青汁
  意外に飲みやすかった~
・しょうが湯
  温かくて甘くて、五臓六腑に染み渡りました。
  給水しすぎで胃が冷えていた模様。
・のむヨーグルト
  タンパク質補給によさ気。
  あっさり目でおいしかった。
・おもち
  とってもおいしそうなんだけど、
  レース直後は、ちょっとキツイので
  遠慮しました。

今年も、ごちそうさまでした!

女子更衣室は、交通規制解除された道路を渡った、
対岸の文化会館。
信号待ちの間に、両ふくらはぎが激攣って、
身動きできず。
信号見送ること、5回以上。
ようやくヨボヨボと渡れ、
会館で着替えを始めましたが、
脚攣りと格闘しながらでしたので、
20分以上かかったでしょうか。
結局ゲイターは、どうしても脱ぐことが不可能で、
家まで、はいたままでした・・・

さて、何とか身支度を終え、ゴールされた皆様を探しに、
男子更衣室である、隣接の市民体育館の方へ。
その前では、出店などがあり、イートインのためのテーブルが置いてあります。
そこに、えむさんを見つけました。
そのまま隣に陣取っておしゃべり。
色々ご心配だったことと思いますが、
落ち着いておられたようでひと安心。
ブラックモンブランを買って
一緒に食べて、楽しく過ごさせていただきました。

男子更衣室への通り道なので、
見事PBのねむねむさんに、お祝いをお伝えできたり、
見事にミイのまま完走されたヨッチさんの
人気者ぶりに、あらためて感心したり。
20170325000502366.jpg

あっ!ヨッチさんと写真撮ってもらえば良かった~(>_<)
(気づくの遅杉★)

お名残はつきませんが、新幹線の時間を考えて
少し早めに、佐賀駅に向かうことにし、
えむさんとお別れ。また大阪でね!

佐賀から博多までは特急で40分。
去年もそうでしたが、座ることは難しく、
でも今年はデッキ部分に、余裕で立ち位置を確保できました。
去年はそれすら難しかった。

博多に着いた!
博多で、絶対に行こうと思っていた、
たーとんさんおすすめの「うどんの牧」へ。
メニューがものすごく沢山あって、迷いましたが
「ごぼう天&肉」。ゴ~ジャ~ス。
麺は、これもたーとんさんのおすすめ、「やわ」で。

20170325000459986.jpg

・・・運ばれてきましたよ?
ほうほう、添えられてるのが、「替えだし」ね。
麺がどんどん、だしを吸うので、
途中でつぎ足すんだそう。関西人には珍しい!
早速いただきます。
・・・メッチャ柔らかい。消化によさそう。
だしは甘辛で、飲む、というよりはつけ汁。
トッピングを選べば、病気のときとかでも
食べやすいと思う。
なるほど、麺がどんどん、だしを吸います。
つぎ足しマスト。
これはちょっと、癖になる感じです。
大阪にも出店してくれればいいのに~
おいしくたいらげました。

その後、おみやげを買ったり、お店をブラブラ見たり。
新幹線の待合室で、自分にご褒美。
高級アイス~410円なり~★
201703250004531dd.jpg

あーあ、遠足も終わりです。
数年前までは、走るために九州に来るようになるなんて
考えもしませんでした。

楽しかったな~★
レースは最後はきつかったけど、でも楽しかった。
何よりも、たくさんの皆様と一緒に
楽しめたのが、本当に嬉しかった。

TEAM九州の皆様にも、お会いできたし、
とてもとても楽しかった遠征でした。

ご一緒いただいた皆様、
大会関係者、ボランティアの皆様。
本当にありがとうございました!
\(^o^)/





スポンサーサイト
2017さが桜 2017.03.23 (木)
さが桜マラソン2017レースレポ、
続きです。

35kmに到達したのは、2:43'29"。
設定内の到達です。
この「設定」は、3時間17分台でゴールするための
設定ペースでした。
この時点では、「あ、いけるかも。」と思っていました。
かなり疲れて来た感じはありましたが、
40kmまでの5kmが24分ちょっとなら
行ける計算なので、大丈夫なんじゃないか、
と思っていたんですね。ここでは、まだ。

●~40km●
《設定》 23'35" 3:07'10"
《実績》 24'46" 3:08'15"
《Garmin》 4'52" - 5'02" - 4'57" - 5'01" - 4'55"

応援隊の皆様の前を、多少カラ元気ではありましたが
感謝いっぱいで通り過ぎました。
ありがとうございます!

ところが。
応援隊の前を通りすぎてすぐ、脚が鉛のように
重くなった気がしました。
・・・ま、マズイ。
すぐ先には、短い登り坂。

「お前は、坂の街の住民やろ!」

・・・はっ!カントク、なんか男らしい・・・?
そうや、私は坂では、つぶれない。
(※速いわけではない。)
応援の人にお礼を言いながら、上がります。
上れば下るはず。
が、上りが短い分、下りも短い(;_;)。
脚が前に出ないことに焦りつつ、多布施川河畔に。

・・・向かい風やし~(ToT)

ドッとペースが落ちているのに
どうすることもできません。
必死でピッチを上げているつもりでしたが
あまり前に進んでいない。

その時の私の心の支えは、
38.7kmエイドの「男子高校生 コーラ」でした。
沢山の男子高校生が、
爽やかに手渡しで供してくれるコーラ。
昨年それを、貰わなかったことが、
もったいなくて・・・(何が?)
今年はそれをもらうために、ここまで来た!
(ちょっと嘘。)

とにかく、風が弱まったらペースを上げて。
ですが、もはや4'55"も切れない。
歩いてしまおうか、という思いが、
ちらっと頭によぎります。

「それでホンマにええんか?」

・・・はっ!カントク!
でも、もうペースが上がらないんです。

「歩いたら、絶対に間に合わん。それは間違いない。
ほんで、歩いたからっちゅーて、
心は楽にはならんぞ。むしろ苦しむぞ。」


・・・(真実パンチ・・・)

「よし、まだ走れとる。あきらめんな。
ほれ、コーラやぞ。」


・・・アレ?こ、今年は手渡しじゃないのね・・・
確かに、男子高校生諸君が、エイドでお世話下さっているのですが、
コーラのコップは机に並べられています・・・
(´;ω;`)

せっかくなので、いただきました。
一口・・・

ブフォ!
ウルトラの時は、天上界の味と思えるコーラが
薬の味しかしません。
フルで、疲労してるときは、アカンねんや・・・
本当に申し訳ないのですが、それ以上飲めそうもなく、
残りを捨てました・・・(すいませんすいません)

タイム的には、17分台はおろか、
このまま落ちつづけたら、ネットでの
200分切りも無理な感じ。

カントク、もう無理です。


「・・・ここまで、楽して来たわけ違うやろ?
それ、全部水の泡になるけど、ええんか?」


それは・・・それは、絶対にいやだ!

40km地点の時計は、3:08'50"台を示していました。
ロスタイムは、50秒台だと思っていたので、
ほんとーーーにギリギリ、
グロスで200分切れるかどうか?
あー泉州に続いて、また、この展開かあ・・・

●~ゴール●
《設定》 10'35" 3:17'45"
《実績》 11'00" 3:19'15"
《Garmin》 5'02" - 5'04" - 0'54"

41kmで、河畔は終わって、左折して市街地です。
どうして、こんなに進まないんだろう。
脚は出ないし、ピッチは回らない。
半泣きになりながら、応援には泣き笑いで応えて、
なんとか競技場の敷地へ。
昨年、ここから長かった。
もーヤバイヤバイヤバイ。

「すごいぞ、女子!」と声をかけてくれた人がいて、
「ありがとう!」と応えることができました。
泣きそうでしたが、泣いている場合では
まったく、ない。

トラックへの入口直前、
「20分切れるぞ!」という声が聞こえました。
えーホンマ?もう、それ信じて行くで~★
トラックに入って、気持ちは猛ダッシュ。
ストレートの先に、時計が見えました。
・・・行けるの?ダメなの?

3時間19分30秒台が、見えて、
・・・間に合う~(ToT)
と思いながら、必死のパッチで、ゴール!

あーまた、ギリギリの攻防になっちゃいました。
な、なんかドッと老け込んだ気がする・・・(笑)

次回、ゴール後のことを。

2017さが桜 2017.03.21 (火)
さが桜マラソン後の、身体の状態。

レース後、激しく攣った両ふくらはぎ。
翌日から激しい筋肉痛。
2日後の今日、少しマシになったものの
力を入れるとまだ攣りそうに。

また、風邪なのか花粉症なのかは不明ですが、
くしゃみ連発。鼻水もタラーリ。
免疫力、落ちまくりの模様です。
今日もランオフしよう。そうしよう。




さて、レースレポ続きです。

●~20km●
《設定》 23'20" 1:33'00"
《実績》 23'17" 1:32'35"
《Garmin》 4'37" - 4'39" - 4'38" - 4'40" - 4'43"

普通のお家がポツポツある区間。
お家の前の道路が止められてしまっているというのに、
皆様、家族総出で、一生懸命応援して下さってます。
ああっ、おかーさん、その鳴り物は・・・
もしや、仏具なのでは・・・?(笑)
笑ってお礼を言いながら、
ありがたいなあ、走れてて幸せだーと
手を合わせたくなる位でした。

17.7kmのエイドでバナナをいただきます。
相変わらず前を走っているじぇーてぃーさんが
ジェルを摂っているのを見て、
私も慌てて、ワンセコンドを三分の一、摂取。

●~25km●
《設定》 23'30" 1:56'30"
《実績》 23'28" 1:56'03"
《Garmin》 4'43" - 4'45" - 4'48" - 4'38" - 4'35"

ここから、吉野ヶ里公園に向けてスライド区間。
ところが、今日は向かい風区間となっており、
時折、進みにくい状態に。
大丈夫、ずっと吹くわけじゃないわよ。
と、仮想小出カントクが言ってくれますが、
どうしても、ラップは落ちちゃいますねー。

スライドにサトさんがいないかなーと探しますが
サブ3ペーサーの大集団を見て、
あ、もう少し後かなーと思ったところで
スライド区間終了。吉野ヶ里公園内に。
すぐ、ハニーアクション摂取。

ここは応援の方も近くて多い。
今回は年配の方に、たくさん応援いただきました。
お顔を見て、笑顔でお礼を言うと、
またいっそう笑顔で返して下さる。
嬉しかったです。

公園内で、「あ、今追い風に変わった。」と
はっきり分かる地点があり、ここは稼ごうと
少しギアを上げて、公園を出ました。
ふるさと大橋の上で、25km。

●~30km●
《設定》 23'30" 2:20'00"
《実績》 23'26" 2:19'29"
《Garmin》 4'35" - 4'39" - 4'44" - 4'45" - 4'43"

スライド区間。
ねむねむさん、ごえもんさん、いしきちさんと
エール交換。

私の今のノルマは、30kmを2:20'00"以内で上がること。
追い風ではありますが、日差しがかなり強く、
じわじわと消耗してきています。
できるだけ稼ぎたい。でも、上げすぎたら潰れる。

落としどころを探しつつ、走っていると
じぇーてぃーさんが、前方に見えました。
一度追いつきましたが、すぐに離され、
ああ、私は落ちて来ているんだな、と自覚しました。

でも時折Garminのリアルペースが4'40"を示している
のを見て、まだ悪くないペースで走れているじゃない、
と、仮想オネエ監督が励ましてくれます。

工業団地に入って、30km。2:19'29"。
よし、ノルマは達成した。
良くやった、自分。

●~35km●
《設定》 23'35" 2:43'35"
《実績》 24'00" 2:43'29"
《Garmin》 4'49" - 4'51" - 4'46" - 4'45" - 4'49"

ところが、距離合わせの折り返しに入って、
ものすごくきつさを感じ始めました。
ここでメイタンゴールド投入。
・・・しまった。
さっきのパスした給水所で摂れば良かった。
水を取りすぎたのか、ちょっと胃が気持ち悪い感じ。
メイタン、頑張れ~★
黙々と走って、時折応援してくれる人に応えて。
ああ、キツイな。でも当たり前やな。
序盤から速いペースで入ってんねんから。

34km手前位かな?
じぇーてぃーさんに先行しました。
35kmには、応援隊がいてくれる。
それを励みに、頑張れ!

・・・とーーーくに、黄色い巨大な(笑)バナナが。
「おぐらさーーーん」とkinさんが叫んでくれています。
・・・バナナを見て、こんなに嬉しい気持ちになったこと、
人生で初めてかも(笑)。

(続きます。)

2017さが桜 2017.03.20 (月)
昨日の、そくほー記事に、
たくさんのコメントをいただきまして
ありがとうございます。
m(__)m

さて、さが桜マラソン2017。
早速レースレポを開始したいと思います。
(写真はLINEグループからお借りしています。)
※佐賀には前日に移動してきてるのですが、
 諸々のお話は、別途記事でご紹介しますね。

昨年は、ぼっち参加だったのですが、
今年はたくさんの皆様とご一緒することが
できました。

201703202014463e9.jpg

集合写真を撮った後、スタートブロックへ。
(8:10頃。前から10列目位)
私はBブロック。
同じブロックの、
りょうたさん、じぇーてぃーさん、
ハイクオリティーすぎるミイ。
(中の人=ヨッチさん)
と楽しく談笑していたら3分前。
皆様に、健闘を誓う握手をしていただきパワー充填。
9:00。
スタートの号砲とともに、ゆっくりと
前に動き始め、すぐにジョグに変わりました。
スターロス38秒。

●~5km●
《設定》 23'15" 
《実績》 23'17" 
《Garmin》 4'48" - 4'33" - 4'35" - 4'37" - 4'44"
※ 1kmのラップタイムはGarmin値ですが、
公式の5kmラップとの誤差を按分しています。
スタートロスは含んでいません。

今回のレースで決めていたのは、
時間経過と共に上昇していく気温のことも
ありますが、15kmまでは、4'38"を刻むこと。

どうしても、うまくいかなかった、4'38"。
でも、いつも15kmまでは確実に行けた。
怖がらず、そのペースで入ろう。
スタート後渋滞があるので、5秒だけ上乗せ。
周りの速いペースを、逆に利用して、
乗っかろうと思いました。

案の定、ぐいぐい周囲のペースは上がって、
1kmラップは4'48"。10秒オーバーで済みました。
ふと、前を見やると、アラ?じぇーてぃーさん?
諸々の事情で、25km位までは、キロ5でいく、
と言ってはったのに?
でも、結局じぇーてぃーさんの背中は、35km位まで
ずっと、前に見えてました。

4km過ぎで、最初の給水を取りました。
佐賀県庁をぐるっと回ったところで5km。
ほぼオンペース。

●~10km●
《設定》 23'10" 0:46'25"
《実績》 22'49" 0:46'06"
《Garmin》 4'30" - 4'36" - 4'34" - 4'37" - 4'32"
県庁の裏っかわでは少し狭くなっていた道も
5kmを過ぎて、佐賀大学を左前方に見て
再びR263の広い道に戻ります。
この頃には、すっかり渋滞も解消。
気をつけないとペースが上がります。
・・・ってことは、泉州のときとは違う。
このまま、予定通り4'38"を15kmまで刻もう。
大丈夫。大丈夫。
自分に言い聞かせながら、あまり
上がりすぎないように注意します。
給水所が多くて助かる。
水をかぶって、できるだけ冷却。

伝統芸能、浮立を演奏して下さっています。
ありがとうございます。
今年も楽しみにしてましたー★
9.2kmのブラバンが、「恋」を演奏されていたのですが
あまりにうまくてビックリ!
見ると、学生さんではなく、成人の方々。
パンフによると、佐賀市民吹奏楽団の皆様でした。
はーどうりで。素晴らしかったです。

・・・と、いったように、もう楽しくて楽しくて。
道路のすぐ脇で、「○山△夫くん、ファイト」
みたいな応援ボードを持っておられる方が多く、
交通規制でご不便をおかけしているにも
関わらず、皆さんメッチャ笑顔で応援してくださり
何度か、なぜかありがたくて泣きたくなってきたり。
ちょっと興奮してるのかな。

じぇーてぃーさんと並走になったとき、
お互い
「ちょっと速くない?」「うん、速いよねー」
といいつつ、中々、ペースが下がらない。
まあ、これ以上上がらなきゃいいかと思ってました。
やがて、10km。
うーん、やっぱりちょいと速い。
このままでは、マズイ。

●~15km●
《設定》 23'10" 1:09'35"
《実績》 23'12" 1:09'18"
《Garmin》 4'40" - 4'36" - 4'40" - 4'38" - 4'38"
11km過ぎでは、応援隊の皆様が
スタンバって下さるはず。
目印は、kinさんのバナナ(かぶりもの)。
じぇーてぃーさんと、まだかなーと言い合っていたら、
遠目にもすぐわかる、巨大な(笑)バナナが。

20170320200948bc2.jpg
20170320200951bd4.jpg

kinさん、えむさん、たーとんさん、まどかさん。
大喜びでハイタッチ。

勢い余って、その横にいた、全く見知らぬ人にも
ハイタッチを強要。すいませんでした・・・

ペースは、ちょっと意識して落とします。
比較的、すぐ落ちる。
・・・これはマズイのか?
とりあえず、前を行くじぇーてぃーさんとの
距離がどんどん開いていかないかチェック。
大丈夫そう。心肺も全く辛くないし、脚も大丈夫。
15kmまではこのペースで行ける。行く!

田園地帯に入りますが、随所に応援が。
出来るだけ笑顔で、お礼を言います。
ありがとうございます!

15km到達。設定内で走れました。
4'38"で走れるのは、悔しいけれど、今のところ、ここまで。
来シーズンは、最後まで、
これでいけるようになってやる。

今日はこのぐらいにしといたるわ!

(続きます。)
2017さが桜 2017.03.19 (日)
無事、完走しました。

グロス 3:19'53"
ネット 3:19'15"

最後の2.195km、心臓に悪かった(笑)

201703191340213e3.jpg

でも、最後まで、笑ったよー★
グッジョブ、自分!

タイム的には、
「このまま終わると思うなよ~」です。(笑)

応援いただき、本当に
ありがとうございました!