イベント 2018.06.24 (日)
梅雨らしい天気が予想された
週末でしたが、紫陽花を愛でた
2日間でした。

6/23。
奈良大和郡山市には、
「紫陽花寺」として有名な
矢田寺があります。
電車とバスを乗り継がないと
行けない、ちょっと不便な
ところなんですが、
ウチからは、
矢田丘陵自然歩道(トレイル)を
通れば5kmほどです。
あじさいの時期は入山料(500円)が
必要ですが、手入れされている
あじさい園はその価値があります。
ご興味を持って下さいそうな方に
お声をかけ、ご一緒いただきました。

近鉄生駒線東山駅から…

20180624214601080.jpg

矢田丘陵自然歩道に入って
ポクポク楽しく歩き…

20180624214614883.jpg

矢田寺に到着〜

20180624214610885.jpg

20180624214621f9c.jpg

見頃は過ぎちゃったかと
心配してましたが、まだ大丈夫でした。

20180624214900645.jpg

2018062421492356a.jpg

は〜キレイ…

20180624214940718.jpg

20180624214922256.jpg

手入れされたあじさい廻廊は
ホントに美しい…

20180624215529273.jpg

でもランウェアは似合わんね…
20180624215533642.jpg

雨がポツポツ来ちゃったのをシオに
矢田寺を出ました。

20180624215724120.jpg

ちょっと寄り道をして展望台へ。

2018062421572423c.jpg

いつもは、ハイカーやランナーが
多い道ですが、天気が怪しいせいか
人は少な目…

矢田丘陵からロードに出たあたりで
雨がちょっと強くなって来ました。
次にご案内したのは、音の花温泉。
一応天然温泉です。
広めの露天風呂が気持ちいいです。

奈良は海なし県なのですが、
ここの食事処の名物は海鮮(笑)。
ホントか〜?と疑いながら
膨大なメニューの中から
お寿司とうどんのセットを
選んでみました。

2018062422000245e.jpg

…ホントにお寿司、おいしい!
びっくり!
仕入れルートはどうなってるんだ?(笑)

食べ終わったら外は強い雨。
いいタイミングで走り終えました。
曇りオンナのワタクシの、霊力
でしょうか(笑)?
(曇りオンナ=雨ふりそう!って状態で
 ぎりぎりふらない、または小雨が一瞬。)

ご一緒いただいた、
えむさん、ごえちゃん、ゴリちゃん
ジャイコさん、山ちゃん
ありがとうございました。

2018062421575324e.jpg

20180624215755479.jpg

6/24。
早朝は激し目に降った雨も
8:00前には上がりましたので
坂トレ兼ねて、生駒ボルダーの
あじさい園に行ってみました。
(ぬかた園地)
自宅〜暗峠奈良側。
キツイに決まってるのですが、
暗峠単独で走ってるのに
(いつもは15km位走ってから通る)
弱音をはくわけにはいかず
とにかく歩かないように
頑張りました。でもキツイ〜〜

20180624220253fad.jpg

でもいいこともあります。
あじさい園に向かう、
ぬかた園地入り口から
激のぼりなのですが、
暗峠の後に上ると、そうでもない、
ような気がする(笑)。
昨年は花つきがイマイチでしたが、
今年はどうかな…

20180624220357d21.jpg

やった、大当たり!
昨日の矢田寺と違って、人の手が
入らないあじさい園ですが
(花が終われば切りには来られてます。)
その野趣がまたステキ。

201806242204182ac.jpg

自分で歩くか走るかして来るしかない
場所ですが、その価値は
十分にあります。

20180624220353ce7.jpg

はー激坂上って来て良かった!

20180624220424ebe.jpg

もう、わたしのヘボ写真では
お伝えできない…
夢の中みたいな風景でした。

さて、いつもとは違うルートで
来たのは理由があって、
現在生駒ボルダーは、崖崩れのために、
南側は、なるかわ園地先のつつじ園
まで。以降は通行止め。
わたしの帰路は、そっち方面なので
困ります…
暗峠を降りるのも面白くないので
登山道の生駒縦走路から
千光寺方面へトレイルを降りました。
ランシューでだだ滑り〜(笑)
…で、泥だらけ。

20180624220650af3.jpg

でもこのルート、下りなら
めっちゃ楽しいので、また行こう。
距離を合わせて20kmにしました。

201806242207169a1.jpg

201806242207175a9.jpg

さよなら紫陽花。
また来年ね。


スポンサーサイト
練習記録 2018.06.22 (金)
いつから書いてないか
記憶が定かじゃないくらい
久しぶりのランネタです。
やっぱりたまには書いておかないと
ただでさえ少ない読者様が
ますます離れていく予感が・・・(笑)

それは冗談ですが、
マラソンカテ追放されるのも
今はまだ困るので
マジメにランネタも書いておこう。


萩往還を終えてから、翌週の週末に
トレイル10km上り基調で走ったら
(高度上昇361m)
走り終えてから
驚くほどヨレヨレになりました…

で、自重してゆるジョグでつないでいき
5月末の土曜日に奈良公園まで往復。
(片道約15km×2=30km)
(高度上昇460m)
で、やっぱりヨレヨレに(笑)。

140kmの後遺症なのか、衰えたのか・・・
危機感を覚えて、
翌週6/2に、マイコース登坂LSDコースを
時間の関係上、半分。
(16.5km 高度上昇502m)

思ったよりヨレヨレにはなりませんでしたが
翌日は所用のため走れず。
ずっとセット錬はできてない・・・

6/4、10kmペーランって思ってましたけど
走り始めたらめっちゃしんどくて
10kmという距離はコンプリートしましたが
キロ6切るのが精いっぱい。

ずーーっとやってないスピ錬。
めっちゃ衰えてるだろうな、という予感があり
6/7、全6kmのうち、2kmだけペースアップして
走ってみました。
4'14" 4'12"。
ストライドも1.20あたりで走れてるし、
そう衰えてないのかな?

・・・と思ったのが大間違い。

6/9~6/11の楽しい大分行きを経て
6/14、肥後橋の職場から大阪城公園までラン
その後、大阪城公園で閾値走を実施。
・・・しようとするも、3kmすぎで
右踵に激痛が走ってDNF。
うわーいたい!踵つけない位痛い・・・
(シューズ=ジャパンブースト2)

足を引きずりながら帰って
翌日、整体へ。
見立ては、踵骨炎の悪化ではなくて、
「ふくらはぎの疲労、足首ロックにより
 引っ張られてるだけ」とのことで
そこへん中心に施術してもらったら
アラ不思議。
あんなに痛かったのに、普通に歩くことは
できるようになりました。
家でもせっせとふくらはぎをほぐすようにして
6/17、恐る恐る、10km走ってみました。
(高度上昇180m)
踵を気にしつつ、
でもサブ4ペースは死守って思って
上りでも5'40"は見ないように頑張り
最後3kmは4分台にペースアップしました。
(シューズ=ジャパンブースト2)

で昨日6/21。
閾値走再度挑戦。
ただしペースは遅めの4'20"前後で。
走り切ること目標ですが、踵に痛みが出たら
やめるつもりで。

4'21" 4'20" 4'18" 4'14" 4'21"

何とかコンプリートしましたが
まーきっついきっつい。
ストライドが出ず1.16~1.18前後。
ピッチはかろうじて200切る感じで
3km手前で猛烈にきつくなってきました。
踵に強い痛みは出なかったのですが
横隔膜あたりの筋肉がきつい。
呼吸をするための筋肉が動かない。
(気がする)
あー劣化しちゃってるなー
と自覚できました。
4km手前あたりから、吐きそうになり、
必死のパッチで5km走り終えた後、
数回にわたって、カラえずき(失礼)。

これって、去年の感覚では
4分ヒトケタで走って、最後らへん3分台で
走った後になるヤツです・・・
うわーー4'20"なんて
ハーフのペースなのに5kmが
精いっぱいなのか。

スピードって、ホント落ちるの早いです。
がんばって、徐々に戻していかなければ。
シューズはジャパンブースト3でしたが
踵に強い痛みは出ませんでした。
よかった・・・

7月の下旬に、トレイル
(一部ロード)の
30kmレースに出走するのですが、
ガチるつもりでしたが
もしかしてこれって
完走できるかって状態なのかも。
あーちょっとサボりすぎたかな。
今から巻き返せるのかしら?
心配になってきました・・・

2018.06.20 (水)
下山して駐車場に戻り、
売店で、ソフトクリームなど食べながら休憩。

あ、わたしの大好物の熊本名物
「いきなり団子」があったので、

20180620west01.jpg

あとのお楽しみに
買っちゃいました。
(さつまいもとあんこがinされた
 神的なおまんじゅう)

まあ、それはどうでもいいのですが
kinさんのご案内により、
もうひとつ楽しみにしていた
アフター温泉、
国民宿舎・久住高原荘
立ち寄り湯まで車で移動しました。
立ち寄り湯は500円ですが、
9日・10日は「久住の日」で
久住高原エリアのお風呂は
半額だそうです。
ラッキー。

250円では申し訳ないような
広々とした大浴場で登山の疲れを
癒しました。

はー大満足。

・・・着替えがないことを除いては。

あ、下着類・靴下と
なぜが奇跡的に入っていたタンクトップは
着替えましたよ?
最低限の尊厳は守られた。

長袖Tと登山用キュロットはそのまま・・・
でもさすが登山用。
超乾きが早くて、カラカラに乾いてました。

それぞれ帰路につく皆さまとは
ここでお別れ・・・(;_;)

わたしは大分市内に戻らねば。

ちょっとハナシがそれますが、
竹田市・豊後竹田駅。
そこには5/20から、
ねこ駅長・ニャーさんが
駅長業務にいそしんでおられます(笑)。

そこから電車に乗る予定だった
まどかちゃんと、送っていったkinさん
による、貴重なショット。

勤務時間外のねこ駅長(笑)。
いーですね、この仏頂面。

20180620west02.jpg

日曜日だから人がたくさん来るから
(見込み)
ねこ駅長、勤務前、
強制入浴されましたね?
そして自然乾燥ですね?
(ちょいと毛がパサッてる)
そりゃー上機嫌ではいられませんな・・・

でも自由に生きておられるようで

20180620west03.jpg

ココロなごみました。
あーわたしもついてけばよかったな。

さて、1時間半強ほどで、大分市内に
戻ってきました。
ホテルで着替えて、ひとりアフターに。

2月の別大のときは全く立ち寄れなかった
別府温泉方面に再度車で向かいました。

竹瓦温泉。

20180620west04.jpg

昭和13年建設の唐破風造り。
雰囲気あります・・・
入浴だけなら、100円!安い!

中はこんなカンジ。

20180620west05.jpg

お風呂は脱衣所から、階段で
浴槽と洗い場に下ります。
お湯はワタシ好みの熱め!43度!
身体には悪いかもだけど、
やっぱり風呂は熱くなきゃね!

こころなしか筋肉痛のタネも
無くなった感じが・・・?

人は意外に少なかったです。
朝は6:00から営業してるそうです。

窓口にはひっきりなしに
外国の方が来られており、
受付のご婦人、奮闘されておられました。
「ばす、おんりー?」
「ばす、あんど、さんど?」
(砂風呂があります。)
単語でもじゅうぶん意思疎通はできてました!

付近の商店街の一角は
昭和の香り満載・・・

20180620west06.jpg

さて、風呂も堪能したし、次は晩御飯。
いろいろ悩みましたが、
長考の結果、とり天発祥のお店という
東洋軒まで車移動。(別府市内)
第3駐車場までいっぱいでしたが、なんとか
駐車でき、お店へ。

20180620west07.jpg

20180620west08.jpg

…ええ、この量、完食しましたけど
なにか?

カラシとユズポン酢でさっぱり
食べられる、とり天でした。

大分市内に戻るのに
走っているのは、別大の時通った場所。
スタート地点のうみたまご前や
別大バンク。
25km過ぎて左折して
ビル風が逆巻いてた道。
季節も時間帯も違いますが、
大会のことを思い出して
ちょっとセンチメンタルな
気分になりました。
また来られるとは思ってなかったな…

ホテルに戻って荷物を整理。
22:30には眠りにつきました。

翌朝、5:00すぎに起床。
6:30にはホテル朝食会場前で
開場待ち(笑)。
有料朝食でしたが正解でした。

20180620west09.jpg

20180620west10.jpg

どっちかってーとご飯向けのおかず
でしたが、どれもおいしかった!
とり天もあったよ。
料理うまい主婦の料理だったな。
レシピの想像しながら食べました。
大分グリーンリッチホテル都町に
宿泊の方は、ぜひ朝食もつけて!

7:15チェックアウトして
最後の目的地。
「別府地獄めぐり」をまだしてない〜

20180620211558415.jpg

大分空港近くにレンタカーを
返却するのは9:00。
せめてもの観光地「海地獄」に
着いたのは開園5分前の7:55。
大雨ですが、ベタな観光したい…!
8:00開園で空港までの移動距離を
考えると8:20には、ここを出なくては。
開園と同時に、ダッシュ!

ハイ、熱帯性睡蓮!

20180620211620690.jpg

ハイ、赤池!

20180620211609502.jpg

ハイ、温室!鬼睡蓮!

201806202116170dc.jpg

ハイハイ、海地獄〜〜!

20180620211622e3a.jpg

そしてこれだけははずせない!
おみやげの地獄蒸しプリン!
(別大のとき食べられなかった…)

20180620211644cfd.jpg

かなり異様な観光客ですが
他に人もいないし、もういーわ(笑)。

200分切りランナーの走力を生かし(違)
予定どおり8:20前には出発しました…
行った!という事実が重要なの…

さあ、強雨ですが時間があまりない。
カーナビの到着予定時刻を
じりじり詰めていきながら、
レンタ屋に着いたのは、8:57でした。
(ドヤァ٩(๑òωó๑)۶ ←バカ。)

こんな次第で
とてもとても楽しかった3日間が
終わりました。
あー九州はホントにいつ、どこに行っても
楽しいなあ〜

ご一緒いただきました皆様、
ホントにお世話になりました。
いつも押しかけちゃって
ごめんなさいね〜〜
でもまた遊んで下さいね〜〜
m(__)m
 

2018.06.19 (火)
中岳から下りて、
今度は中岳の双耳峰である
天狗ヶ城へ向かいます。

201806192302343af.jpg

先ほどの御池が
見下ろせるはずなんだけど、
うーん、よくわからない・・・
晴れているときに
もう一度来てみたいなあ・・・

天狗ヶ城の山頂へ到着~

ハイハイ、記念撮影ですよ~

20180619230454f84.jpg

天狗ヶ城を降りて
20180619230232861.jpg
20180619230239dd8.jpg

お腹すいたね~と言い合いながら
避難小屋の広場に戻ってきました。

登山ツアーなのかな?
同じお弁当を広げられてる
たくさんの方で、避難小屋の中も
広場も大にぎわい。

20180619230456079.jpg

20180619230454fc2.jpg

幸い雨はこやみになってきていましたので
外で休憩することにしました。

2018061923050281c.jpg

バーナーとコッヘル持参のヨッチさん。
いいなー。
わたしも遠征じゃなきゃ、
持ってきたかったな~
山で食べるカップラーメンって
おいしいですよね…
でも、忘れちゃったお箸が
天から降ってきてよかったね(笑)。

お湯を沸かしてコーヒーを
ふるまっていただきました。

201806192306271de.jpg

気温が高くないので、
温かいコーヒーおいしい・・・
ごちそうさまでした。

20180619230504c6f.jpg

お手製のザックカバーがステキなkinさん。

20180619230623af9.jpg

まどかちゃんの
「レッグカバー」。
う、ウォーマーじゃないのね…?

広場からゴロゴロ岩場を
上がって、
さて、ここからどうする?というハナシ
になりました。
「扇ヶ鼻」というちょっと
マイナーな頂があるとのこと。
下見に何度か来て下さったkinさんも
行ったことない、ということですが、
時間もあるし、じゃあ行ってみましょうか~
というカンジで、向かったのですが・・・

これが大正解でした。

20180619231557441.jpg

ちょっとガスってるんですが
それがかえって幻想的で、
ちょっと、あの世とこの世の
境のような…
違うか(笑)。

201806192318399d2.jpg
ミヤマキリシマとメンズ(笑)。

20180619231837054.jpg
同じくウィメンズ(笑)。

201806192318553f4.jpg

結構な急坂もありつつも…

201806192315594a5.jpg

20180619231552006.jpg

美しい風景の中だから平気。

2018061923184062f.jpg

山頂〜〜

牧ノ戸の登山口に向かって
下っていると
正午は回っているんですが
上ってくる人がたくさんいます。
皆様ハングル語でしたので
韓国からのお客様ですね。
登山ツアーがあるんですねー
カラフルなウェアが印象的でした。

駐車場に到着〜下山!
あー楽しかったー!
天気はイマイチでしたが、
皆様のおかげで、ホントに
楽しい登山でした。
わたしの登山とは思えないほどに(笑)。
はるばる奈良から来た甲斐が
ありました。
ルートや季節が変わったら
また楽しさも変わるんだろうな。
ぜひぜひまた、来たいと思います。

(も少し続きます)

2018.06.19 (火)
6/18大阪で、8:00前に発生した地震。
わたしは地下鉄で通勤中で
ちょうど森ノ宮駅で扉が開いた直後でした。
ドカンと大きい衝撃で車両が揺れて
え?発車するの?扉が開いているのに?
と思ったら一斉にスマホが鳴り響き
地震なんだと気づきました。
しばらく後、電車を降ろされ
駅構内からも出されて。
そこから肥後橋の職場まで歩きました。
(6kmくらい?)
いつもと全く変わらない風景に
地下鉄だけが止まっており人があふれて
みな、下を向いて一心にスマホをいじっている。
ちょっと異質な光景でした・・・

震源地の大阪北部では
余震が続き、ライフラインも一部止まっているとか。
お見舞い申し上げます。
どうかこれ以上被害が広がらず、
一日も早く日常が戻りますように。



-----------------------------------------------------
くじゅう登山の思ひ出、続きです。
(多くの画像をLINEグループから拝借しています)

20180619west01.jpg

牧ノ戸登山口は標高1333m。
だいぶ標高を稼いだ地点からのスタートです。
とはいえ、スタート直後から舗装路ですが
けっこうな坂。
昨日の登山のせいで脚が重い・・・
でも長くは続きません。すぐなだらかになります。
天気は曇りですので、残念ながら眺望は望めません。

20180619west02.jpg

しばらくはなだらかな道を進んで
岩場が出現。
アラ、子供さんも登ると聞いていたのに
わりと激しい・・・?

20180619west03.jpg

20180619west04.jpg

しかし昨日に比べたら天国(笑)。

岩場を乗り越えると、またなだらかになりました。
沓掛山(1503m)はいつの間にか通り過ぎた??

それにしてもなんて視界が開けた山でしょう。
左右に山々が広がっているのが
ややガスっている状態でもわかります。

20180619west05.jpg

こんな山登り、関西近辺では考えられない・・・
通信もずっと安定して入っている!
すごいな~九州だな~~
広いんだな~~

お目当てのミヤマキリシマは、
ちょっと盛りを過ぎてるかな?
でも十分にきれいです。
20180619west08.jpg

20180619west09.jpg

時折ごろついた岩場を越えていくのも
またアクセント(笑)。
下りきったところに広場になっている平地があり
お手洗いと避難小屋がありました。
「久住別れ」です。

20180619015209d76.jpg

ここでポツポツ雨が。
あーやっぱりもたなかったかぁー

遠征で山登りに行くと、小雨になる確率が
高いわたし。
雨女疑惑をかけられて
イヤイヤイヤ違うし~~
と思っていましたが
やっぱりかなり疑いが濃厚かも(笑)。

各自雨具を装着して、久住別れを出ました。

ちょっとガスってきたかな~~
周りの眺望が白くて何も見えないのが残念。

20180619west07.jpg

とてもなだらかな道ですが、
山頂に近づくとさすがに勾配が上がります。
ゆっくり上がって・・・
着きました!久住山山頂!1786.5m!

20180619west10.jpg

記念撮影をして、さあ降りましょうというとき
ヨッチさんが、「あー忘れてた!」と
叫びました。
え?なにか落とした?忘れ物?と
思いきや・・・

20180619west11.jpg

コレでした(笑)。
「てっぺんまできました」を広げて
山頂ショットTake2(笑)。

さあ今度こそ大丈夫。
いったん下って、今度は
九州最高峰1791mの中岳を目指します。
ルートはkinさんが案内してくださるので
安心ですし、これでもか!と
ペンキで印がついているので
迷いようがない気がしますが、
それでも今日のような霧が濃いときは
不安になりますね・・・

kinさんは、まどかちゃんと後ろを歩いており
ヨッチさんとお話ししながら、
ペンキマークを頼りに歩いていると・・・

あれ?こんな山の中に水が見える??

20180619west12.jpg

一瞬自分がマボロシを見ているのかと
思いましたが、そこは確かに池。
御池というそうです。
西側にある火口跡の空池よりも標高が
高い位置にあるのに
不思議なことに涸れることのない水が
たたえられているのだそうです。

霧につつまれた山中の池。
それはそれで神秘的でステキでしたけど、
晴れているとこんなにステキ!
エメラルドグリーン!

20180619west13.jpg
(画像借り物)

そして冬には全面凍結し
ソリやスケートを楽しむことが
できるときもあるとか!!

20180619west14.jpg

20180619west15.jpg
(いずれも借り物)

えーいいなあ。いつか雪のくじゅうに
来てみたいなあ。

kinさんとまどかちゃんと合流し
ゴロゴロ石を回りこみながら、
勾配を増してきた道を上って
中岳山頂を目指します。
風が強くなってきた・・・

ひときわ高くなっている岩場を上ると
着きました!中岳山頂!!

ちょっと足場が悪いうえに
風が強いのでややコワい・・・

ハイ、記念撮影。

20180619west16.jpg

わたしが邪魔しちゃってますけど
1791mですからね。

九州最高峰の上に立つ、
高身長のオトコ、kinさん。

201806190133041eb.jpg

瞬間、九州で最高身長のオトコに?(笑)

風がビュービューなので長居はできないカンジ。
いったん降りましょう。

201806190133128f9.jpg


でもまだまだいくよーー

(続きます。)