FC2ブログ
2018奈良マラソン 2018.12.14 (金)
11月上旬に、少しずつ走ってヨシ
の許可は出たものの
それは全て「平地で」との指令。
わたしの練習場所が
アップダウンだらけであることを
知っている整体の先生から
強く釘をさされていましたし、
わたし自身も、上りでふくらはぎに
負担がかかるのは自覚していたので
注意を守り続けていました。

とにかく再々受傷だけは避けたかった。

「アップダウンOK」の許可が出たのは、
レースの12日前でした。

焦ってなかったといえばウソになりますが

スピードは落ちても、
ずーーーっとアップダウンで
練習してきた貯金は残っているだろう。
速くは上がれなくても、
坂を走って上がれなくなることは
きっとないだろう。

そんなふうに思っていました。

でも、今。
デイリーの坂をヨレヨレで上がって5m。
脚が悲鳴をあげています。

ダメだ、やばい。歩こう。

奈良マラソン5回目にして、
初めて、上りを歩きました。

・・・こんなに衰えているのか。

坂を歩いて上がりながらショックに耐え
上がり切ってまた、
ゆっくりと走り始めながら
立て直さなければ、と必死で考えていました。

●~40km●
<設定>0:27'00" 3:36'00"
<実績>0:27'10" 3:32'21"
5'52" 5'16" 5'21" 5'41" 5'00"

とにかく、平地と下りは走れているのだから
そこは落とすまい。
前をゆく「激沈上等」Tのランナーを
マイペーサーに決めて
必死で後を追いかけます。
けれどもガス欠気味の身体では、
ペースを上げたランナーに追いつけません。

あー・・・
わたしはもうダメかもしれない。
安全第一どころか、全力で戦っているのに
この、ていたらく。

コースを熟知しているのはいいのか悪いのか。
「あと上りは3回、斜度はこの位」
とかを考えると
泣きそうになってきます。

なんでこんなに坂ばっかりなの…

次の短い上りは、
なんとか走っているていで上りましたが、
歩いてるのと変わらない。
でもここを越えたら、下り基調だ。

高畑からの下りで勢いをつけましたが
次に続く飛火野の上りは、
途中歩いてしまいました。
たくさんの応援がいる中、
みんな走ってるのに。

カッコ悪りぃ・・・

邪魔にならないよう端っこを歩いている
そんな情けないわたしにも
頑張れ!の声援を送ってくださる方々に
お礼をいいながら
トボトボ上がっていると。

小さな声で
「しかさん、がんばれー」と
4、5歳の女の子が声をかけてくれました。
おずおずと差し出してくれた小さい手に
そっとタッチして、
顔を見て、笑って
「うん、がんばるね」と言いました。

通りすぎる刹那、女の子がお母さんと
「しか、がんばるってゆったよ」
「そう、よかったねー」と
会話してるのを聞いて、
再度、走り始めました。

あなたの応援で、しかは、はしれたよ!

飛火野の坂を上がり切って
大仏殿前交差点を左折すると、
そこはランナーの花道。

観光ポイントでもあるので
ものすごい数の方が一斉に応援して
下さいます。

左右から
「おぐら!(ホントは本名の名字)」
「鹿!」
のスゴい声援とハイタッチの嵐。
おまけに下り。

ここを通るためだけに40km近くを
頑張ってきても後悔しない箇所です。

もうダメだ、と思ってましたが
下りとはいえ、リアルは4'45"くらい
でした。

まだ、いけんじゃん。

ここがゴールならどれほどいいか(笑)。

40km到達、3:32'21"。
グロスは3:33'26"。
グロスで45分切、イケるか?

●〜42.195km●
<設定>0:11'51" 3:47'51"
<実績>0:12'18" 3:44'40"
5'07" 5'58" 1'13"

気持ちはあるものの、
周りの風景が流れるスピードが遅い。
応援してくださる方に
お礼を言いながら、
41kmで応援して下さる
10kmに出走した、THさん、
えーかわさん、ストラトさん、
山ちゃんのところまでは、
とにかく必死で走ろうと思ってました。
まだか〜まだか〜と思いながら
ぐわTを発見したときの嬉しさよ。

みなさん〜
おぐら、走れてます〜〜
ご心配おかけしました〜〜

201812142123242c2.jpg
(バッキリ折れる40秒前)

通りすぎて右折。

バッキリ、折れましたよね…

とにかく最後の上り坂に入るまでは
できるだけ走ろうと、ヤケ気味で
走りました。
気がつかなかったのですが、
やべっちご夫妻が応援して下さってた
そうで、ありがとうございました!

最後の上りはほぼ全歩きしました…

もうタイムは気にしてなかったのですが、
もう少し粘る努力はするべきでした。

ガス欠でフラつくし歯はガチガチなるし。
ボロ雑巾になりながら、
自分の今の位置は、ここなんだ
と思うと、目指すところへの
道の遠さと、残り時間の短さに
気が遠くなりそうでした。

トラックに入り、必死でダッシュ。
(悪あがき…)

グロスはだめでしたが
ネットではなんとか45分切。

グロス 3:45'44
ネット 3:44'39"

とにかく、42.195km
ミートとグッドバイせずに、
走る(一部歩く)ことはできた。

なんにせよ、もう一度、
スタートラインには立てたんだ。
そのことは素直に喜ぼう。

さあ、ここからだ。





完走メダル。

201812142119576b6.jpg

奈良マラソンのメダルはいつも
凝っているのですが、
メダルに添えられた、
デザインの由来を説明した文章が
いつも素敵です。
他の大会では見ないなあ。
県民の誇りです(笑)。

201812142119586b2.jpg

「9回目の奈良マラソン
 完走おめでとうございます。

 今年の完走メダルのモチーフは、
 奈良を代表するお祭りのひとつ
『春日若宮おん祭』で使用されてきた
『鼉太鼓(だだいこ)』(国重要文化財)
です。
ー寒風にさらされながら、
 ついにフィニッシュラインを越えた
 あなたの心の中の炎ー
火炎が太鼓を包むメダルを、
まだ鼓動の連打が響く
あなたの胸に飾りましょう」




来年も、来年こそ、皆様ぜひ
奈良マラソンへ。




スポンサーサイト
2018奈良マラソン 2018.12.13 (木)
●~25km●
<設定>0:27'00" 2:15'00"
<実績>0:26'03" 2:13'05"
5'10" 5'05" 5'20" 5'14" 5'15"

20kmのマットを踏んで、白川大橋上り。
でもここは見た目ほどきつくないです。
すぐキツイ下りが始まります。
下りの途中で中間点。
ハーフ到達は1:52'43"でした。
目標はクリア。

中間点近くで、閃光のように
駆け上がるチバさんに
声をかけていただきました。
ひゃーーはっやーーい!

この下りではスピードを出しすぎると
結局大腿部でブレーキを
かけちゃうことになって
脚に負担大になります。
ガンガン抜かれますが気にせず、温存します。
下りきって平地、に見えますが
実は下ってます。
身体が楽に思うのはそのせい。
だまされちゃいけない。

天理の街中に入ると、また応援が増えます。
手を差し出してくれる幼稚園児とハイタッチ。

山野辺幼稚園交差点で左折すると、
今度はビミョウ上り。
身体がきつく思うのはそのせい。
付きあたりまでのまっすぐな道、
真ん中あたりで
上りが少しきつくなるので、そこあたりは
どうしてもペースが落ちます。
高低図には出ないアップダウンが
疲れの出てきた身体にこたえ始めます。

天理大橋北詰めでターンして
わりとすぐ25kmに到達します。

例年距離感を勘違いして、24kmくらいから
ペースを上げてしまうことが多かったのですが
5回目にしてやっと(笑)
イーブンペースを守れました。

25km到達は、2:23'05"。

復路開始。
さあ、奈良マラソンはここから。

タイムを狙って走るなら、
復路は試練の道です。
自分の練習と、ペース配分のウデ。
そしてゴールまで
容赦なく繰り返すアップダウンを
あきらめず耐え抜くメンタル。
それら全てが問われるコースだと思います。

ちょっとハナシは、それるのですが
夫も毎年奈良マラソンに出走しています。
ここ数年仮装で出走しており、
タイムは狙わず、余力をたんまり残して
めっちゃ楽しんで走り切っていることが
多いのですが、
(練習量の圧倒的少なさを凌駕)
たまにすごくキツいときがあるそうで
今年はそうだったみたいです。
(でも4時間半すぎくらい。)

(なんか、軽くムカつくわ?)
(ほんっとに練習してないのにっ!)

レース後、しみじみと

「奈良の復路はキツいよなあ・・・
慣れてるつもりだけどなあ・・・
練習できてれば、
あんなに達成感のある
気持ちいいコースもないけど、
練習できてないと、
アップダウンが多くて飽きない
とか言ってる部分が、
全部裏目に出るよなあ・・・」

と申しておりました。

このレース、
わたしも全く同じ感想を持つことに
なってしまいました・・・

●~30km●
<設定>0:27'00" 2:42'00"
<実績>0:26'39" 2:39'44"
5'19" 5'16" 5'06" 5'34" 5'26"

25km地点をすぎて、しばらくはゆるい上り。
途中でハニースティンガーを摂取しました。
ぜんざいは今年はパス。
だんだん、スイッチを「必死で走る」方向へ。

途中のスライドで夫を発見し声をかけましたが
なにか仮装のヅラの調子(ナンジャソラ)
が悪かったらしく
調整中(笑)で聞こえなかったそうです。

後半の難所、「白川の上り」開始。

20181213212349008.jpg
(練習時撮影)

わたし的「白川の上り」の構成は
1.斜度キツっ!の場所。30mくらい。
2.いったんゆるむ。
 給水所あるが、ここで止まらない。
3.給水所すぎると上りがまた始まる。
4.一旦終わったかに見えるが騙されるな。
5.トドメのイッパツでガツンとくる。

ってカンジです。
とにかく脚を止めずひたすら上る。
もう我慢するしかありません。
熟知してるからって速く走れる訳じゃなく
手加減なしで上がって
5'34"、5'26"は、今までより
30秒〜32秒落ち位。
それは仕方ないんだけど、脚が。
脚が…脚が売り切れたかも…

下りにはいりますが、ペースはあまり
上がりません。
軽く絶望しますがここでクサる訳に
いかない。

30km到達は、2:39'44"。

これは、3:50'00"切り、できる。
いや、も少しいけるかも?
ってか、やれよ、自分。
甘えんな。
故障上がりを言い訳に使うな。

●~35km●
<設定>0:27'00" 3:09'00"
<実績>0:25'27" 3:05'11"
5'23" 5'06" 4'45" 5'18" 4'51"

30kmを越えました。
天理グラウンドにいてくれる
応援隊を目指します。
ところで25kmすぎから、ヤバイ兆候が
あります。
…胃がムカムカ。
フルではめったにないのに。
ジェルをとったら吐く確信があります。
給水もマズい感じ。
意識を他に向けなければと思いつつ
天理グラウンドへ。
復路の走路に移動してくれてた
応援隊の前を、どうにか元気に通過。

2018121321235293e.jpg

有田のみかん王子・ストラトさん指導の
「有田むき」でむいてくれたみかんを
すすめてくれたんですが
胃がダメでパス。
ごめんね、ごめんね。めっちゃ残念。

2018121321235068f.jpg
(おいしそうなのに…)

とにかく行ける間に行けるところまで。
応援ボラの男子学生と
「うえぇーーい!」とオッサンのように
ハイタッチをかわし、下り区間へ。

…うう、キモチ悪い。胃が揺れる。
下りが終わって給水所で
スポドリ補給しましたが全部飲めない。
アカン、やっぱり補給ムリ。

平地〜上りへ。
全然上がられへんけど上りを我慢したら
下り!もうかなり必死です。
平地の県道に入って応援がまた増えました。
ハイタッチを繰り返して
テンションを上げて行きます。

前方にぐわTが見えました。

あ!し〜やん!

「ナイスランナイスラン!無理しなや!」
…うわあーん、し〜やん優しい!
ありがとう!ありがとう!
ありがたくて、丹後も考えようかしら、
と思ってしまいましたが、10秒で
「…やっぱナイな。」と考え直しました。

35km到達は、3:05'11"。
40分切りは…ムリか…
それよりなにより、ガス欠の兆候。
でもムカムカは止まらない。

そして。

目の前に。

デイリーの激坂。

20181213212354da6.jpg
(練習時撮影)

アカン、ゲームセットやわ。
走って上がれる気がしない…

(続きます。)

2018奈良マラソン 2018.12.12 (水)
●~10km●
<設定>0:27'00" 0:54'00"
<実績>0:26'48" 0:53'36"
5'13" 5'19" 5'17" 5'29" 5'30"

また中央分離帯側に寄り、村ランナーを
探します。

通りすぎる瞬間に、ごえちゃん発見。
声だけは掛け合うことができました。
朝、ちょっと具合悪そうに見えたんだけど
やっぱり体調悪かったみたいです・・・
(大変だったね・・・)

夫も仮装で出走してるんですけど
見つけられず。

視認性低い(笑)タイガースルックの
カブさんとは、無事ハイタッチできました。

ちょーみんさん、ごろみちゃん、
トントン子さん、さくらさん、
はとぼうさんは
残念ながらわからず。

陽が照ってきました。
サングラスを忘れて山ちゃんに
お借りしてよかった。
山ちゃんありがとう!

さて、ペースについて考えました。
7.5kmから油阪が始まり、9kmすぎあたりまで
上りです。
上りは、無理しない程度にがんばり
ペースをあまり落とさないようにしますが
8km~9kmは10kmの部ランナーと合流するので
渋滞します。これはもう仕方ない。
そこへんのペースダウンを考えると
油阪までは、少しだけペースを
上げた方がいい。
そう判断しました。
でも、歩道側に走路をとり、
応援して下さる方々とハイタッチ。
仮装ランナーなら、これがなくちゃね。

後ろから、「しっぽ、かわいいですね。」と
男性ランナーが声をかけて下さいました。
えー♡ホントですかあ♡(←単純バカ)
そういうアナタも、
シカのかぶり物がよくお似合い。
と思ったら、「トナカイです!」とのこと。
そういえば、ハナは赤いのね。

ちょうどペースが合うので、
お話しながら走ります。

高天の交差点を過ぎて、県庁の前を通って。
2車線を、10kmとフルのランナーが1車線ずつ
使って走るのでいつも混雑する道に入りました。
例年、フル側にはみ出す人が多くてカオスなのですが
今年は全くおられませんでした。
フルの人は多いので、それなりに混雑してますが
カオスではありませんでした。

このあたりで、おっとーさんが応援して下さる
はずなのですが
残念ながら見つけられず・・・

10km通過は、53'36"。
奇しくも5km・10kmは
1秒単位まで同じラップでした。
(26'48")


●~15km●
<設定>0:27'00" 1:21'00"
<実績>0:26'11" 1:19'47"
5'18" 5'14" 5'08" 5'12" 5'19"

さあ、ここから下り基調。
タイムを狙っている場合は、稼ぎどころですが
本日の命題は「脚を残す」なので
ペースはあまり上げず、楽に走ることを
心がけます。

R169を走るのですが、
年々応援の方が増えていると思います。
そしてどんどんノリノリになって下さっているような。
応援慣れしてこられたのかな、
道路わきに並んで、チビっ子もご年輩の方も
積極的に手を出して下さるので、
ずっとハイタッチ。

わたしは、奈良マラソンでは、
ニックネームゼッケンをつけていて
本名の名字をひらがなで表示しているのですが、
「おぐらさん!(ホントは本名の名字)」
「おぐら!ガンバレ!」とか
お声掛けいただくの、ホントうれしい。
500円かかりますが、価値はプライスレス。
ニックネームゼッケンのある大会で応援するときは
できるだけ、そのニックネームで応援します。

だからさ、
ニックネームゼッケンのランナーさん?
呼んでもらって応援してもらったら、
ちょっと手をあげるとか、
反応してあげたらどうかな?
仏頂面で無反応なんなら、
つけなきゃいいんじゃん?
まあ、なんかハラ立つことあったのかもしれないけど。


すいません、横道にそれました。

もちろん鹿仮装なので、
「しか!」とか呼んでいただいても
満面のキモい笑顔で手をふっていました。
あー楽しいったらありゃしない。

そんなことやってたら、期せずしてペースが落ちて
上げ過ぎず済みました。
1:19'47"。
1分以上の早い到達。
これから山越えが始まりますが、
さてこれが吉と出るか、凶と出るか。

下り基調区間とはいえ、
15km地点の少し前はアップ&ダウンですし、
15km地点を越えると、少しだけ上ります。
このわずかな上りを、
「上り」と感じるようなら
疲れ始めている、といつも
判断しているのですが
今日は・・・
うーんどっちなんだろう?
よく、わからない・・・
でも、ラクチンとは感じなかったような?
ヤバイのか?

●~20km●
<設定>0:27'00" 1:48'00"
<実績>0:27'15" 1:47'02"
5'21" 5'38" 5'32" 5'34" 5'10"

左折して、一本道に。
いったん離れたトナカイさんとも
再度合流して、また一緒に走っていました。
「楽しくてジェル摂るの忘れた」
とおっしゃるのを聞いて、わたしも
忘れてたのを思い出しました(笑)。
シカとトナカイで仲良くジェル摂取(笑)。

天理の山越えが始まる区間ですが、
ずっと上りという訳ではなくてですね、


第一難所「高樋町の急坂」を含む5km。

~16km ほぼ平坦からのビミョー上り
~17km ゆるい上り~後半勾配上がる
~18km 4分の1坂、4分の1平坦、残り坂
~19km 勾配きつい坂
~20km ちょい上り後下る

(自分の記事から引用)

となります。
だからタイムを狙っているときは、
16.6kmからの400mと
17.5kmからの500m、
18km~19kmの1km以外は
できるだけがんばる感じで
走らなければならないのですが、
今年は、そこまでは頑張らない。

さぼらない感じで走っていると
前方にぐわTが見えました。

あーーサチさーん!
(ちょーみんさん奥様)

嬉しそうにハイタッチしにいくわたし。

20181212215215af4.jpg

こんな便利の悪いところに
今年もありがとうございます。
ステキな写真をいつもありがとう!

20181212215218dc4.jpg
(シカとトナカイ)

18kmを過ぎると、キョーシローさんポイントの
爆音が聞こえてくるはずなんですが、
あら?今年は静か・・・?

トナカイさんと、「どうしたのかな」
「まさか、今年はお休み?」とか言い合って
不安になっていましたが
しばらくするとおられました、
キョーシローさん!

「よ、よかったああ!あー泣きそう!」
と、トナカイさん。
うん、よかったね!
わざわざ愛知からご参加のトナカイさん。
(4回目とおっしゃってました。)
奈良マラソンを愛して下さってありがとう。
奈良県民としてお礼を申し上げます。

その少し先にアコーディオンおじさまが
今年もおられましたが、
おひとり少ないような??
たまたまだったのでしょうか?

そこでもって上りは終わり。
やや遅めかもしれませんが、
まあまあのペース。
心肺は無傷ですが、脚が疲れてきた・・・

天理グラウンドに入りました。
応援ボラの学生さんたちが元気いっぱい
応援してくれます。
女子学生率高しなので、男性諸氏は
特にうれしそう(笑)

そしてそしてグラウンド出口近く。
イター!応援隊!

201812122152120aa.jpg

2018121221521051f.jpg

えむさん、かおりんさん、
ちゃうちゃうさん、
まくりくままさん、
まるさきさん
やまけんさん、
寒いのに、遠いのに、不便な場所なのに
みんなホンマにホンマにホンマに
ありがとうー!
このとおり、元気に走れてるよー!

20181212215213e84.jpg


感謝をこめてハイタッチし、
白川大橋のぼり始めの20km地点へ。

1:47'02"。

さあ、ここからは久しぶりの距離。

ココロのハチマキを締め直さなければ。
走力貯金の残高は
残っているんだろうか・・・

(続きます)


2018奈良マラソン 2018.12.11 (火)
復帰レースにのぞむにあたって
現状の走力を把握する作業は
正直、ツラいものがありました。
スピードも、スピード持久力も
距離耐性も、何もかもガタ落ち。
(あんなに苦労して苦労して
積み上げたのに、失うのは早い…)
突貫工事で20km走をやりましたが
アップダウンのコースで実施したので
上りを登れる脚も弱っていることが
自覚できました。
リザルトを考えるに
5'12"〜5'15"ではハーフまでなら
確実に走れるだろうと思いました。

けれど、5'12"で確実に走れるのはハーフまで。

例年、9月に入ったら
フルの練習を始めますが
今年は10月アタマに
ウルトラを走る予定だったので
9月に入ってもまだ、
ウルトラ対策の練習をしていました。
激アップダウンのコースを設定して
27kmとか30kmとか距離は
そこそこいってましたけど
Mペースでまとまった距離を
走る練習はまったくしてなかった・・・

やっとMペース走ができたのは、
10/13のハニワぐるぐるでしたが
20kmでやめました。
(すでにして故障の兆候があった)

その翌日の故障から
ランオフすること、ほぼ21日。

結局、恐ろしいことに
3/18にフルマラソン(さが桜)を走って以降
ペーランはできていないのです。

ハーフ以降の脚のモチを考えると
5'12"でいってしまうと、後半激キツになる
奈良マラソンでは、残りのハーフを
全て歩くしかなくなるかもしれない。
今までの走力の貯金なんて
自分が思うほど残ってないし
フルはそんなに甘くない。

でも、最初から、「完走目標」で、
キロ7とかで走ってしまって
本当にいいのか・・・?
それは違うな、と思いました。

押したり引いたり考えたあげく、
わたしが出した結論は、

5km=27'00"、
ハーフを1:54'00"~55'00"で上がる。

アップダウンはあるけれど、
差し引きの仕方はわかっている。
何回このコースを走っていることか。
走力は休んだら落ちるけど
経験は減らないからね。
前半のコースは、5km単位でなら、
ほぼイーブンペースでいけるはず。

ハーフ以降は、「できるだけがんばる。」
(ざっくり計画(笑))
もちろんちゃんとレースメイクする。
コースはわかっているんだから
残量と相談して、きっちりペース管理する。
うまくいけば、3:50'00"切りが
できるかもしれない。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、
そんな思いがあったレース、
レポに戻ります。

●〜5km●
〈設定〉27'00"
〈実績〉26'48"
5'52" 5'18" 5'18" 5'15" 5'05"
(スタートロスは含まず)

スタートロスは1'05"。
下りから始まるので、横も後ろも
風圧がかかるくらいかっ飛んでいきます。
後ろを確認しながら、
少しずつ走路を左側によせ
1kmすぎくらい?
やべっち奥様のみほさんの応援を受けます。
みほさん、ありがとう!
また少しずつ走路を真ん中に寄せながら
高天(たかま)の交差点を右折して
大宮通りに入ります。
片側3車線の道路なので走路が広がり
走りやすくなりました。

「がんばれー」
「いってらっしゃーい」
という大声援を受けながら走っていると
「ああ、マラソン大会を走ってるんだなあ」
と実感しました。
・・・と、急に泣けてきそうになって
アブない、アブない。
こんなところで泣いてたら
呼吸困難になってしまう(笑)。

自分の不注意の故障で
多分、生涯、最初で最後だっただろう
招待レースをDNSせざるをえなくなったこと。
やっぱりかなりツラかったんだな、自分。
と急に自覚してしまいました。

でも、だけども。

今自分はレースに出ている。
自分の望んでるペースじゃないけど、
そんなこと大した問題じゃなくない?

あー、間に合ったなあ。
奈良マラソンに間に合って、よかったなあ。

ただ、ありがたい、と思えました。

最初の5kmは下り基調なので
周りはどんどんペースが上がってきますが
リアルペースを監視しながら
5'15"よりは絶対上げないように。
ただし、次の5kmは上り基調になるし
最初は混雑でペースが落ちているので
きもーち、上げ気味でもおっけー。
ペース管理は5km単位でいい。

ここはスライド区間です。
早くもトップランナーとすれ違いました。
すると、ゆうたろうさんや
千葉県民さん(チバさん)は
もうすぐかしら?
走路を中央車線寄りに変え、
対面をガン見します。

残念ながら、ゆうたろうさんは
わかりませんでしたが
赤い彗星・シャア少佐コスのチバさんは
すぐわかりました。
だって、そんなタイム域で仮装の人は
他にいないから(笑)。
「チバさーーーん」と声をかけるとこちらを
見て手を挙げていただけましたが、
果たしてわたし、と気づいて下さったか?
「おぐらでーーす」と叫ぶべきだったか(笑)?
だって、今、わたしは鹿だし(笑)。

次は、じぇーてぃーさん、ぺんすけさん、
fukkiさん、kenさんあたりか?

目を皿のようにして探しましたが
じぇーてぃーさん、ぺんすけさん、
fukkiさんは分からず。

Kenさんには、ギリギリで声をかけることが
できました。
おひさしぶりーー!

折り返し少し手前に給水所がありますが
人が多いのでパス。
折り返し後の方が、私設も含めて
給水所の数が増えるのです。

そうこうしている間にわたしも
二条交差点で折り返し。
すぐ、5km到達です。
26'48"。
よっしゃ、ナイスペース!
次の5kmが上り基調になることを考えると
我ながら絶妙なペースです。
(絶賛自画自賛(笑))

次は54'00"で10km地点に到達するように
コントロールしていく。
呼吸も脚もビクともしていない。
このまま行ってよし。

(続きます)

2018奈良マラソン 2018.12.11 (火)
レース前日。
受付を無事に済ませました。

201812110428222fb.jpg

ショップは盛況ですが激混みすぎでパス。

20181211042828c09.jpg

あ、現地で偶然お会いした、
山ちゃんとごろみちゃんの情報により
(なぜか売っている)野菜を100円でゲット。
それを合わせても、現地滞在時間は
6分ほどでした…

奈良駅近くの、
この日だけ立ち寄る店でランチ。
これで連続5年目。

20181211042832402.jpg

帰り道。
ダ○ソーで仮装用の小道具を入手。

2018121104304754b.jpg

帰宅後レースの準備。
夜は早めにおやすみなさい。

レース当日、5:00起床。
準備して6:00すぎ出発。
今年は諸々の事情でクルマでGo。
6:30には近鉄奈良駅付近の駐車場に到着。
車中でごちゃごちゃ準備の続きを少し。
その後、徒歩で会場に向かいました。
ピークタイムには進まなくなる
狭い歩道も、まだ空いています。
7:00すぎ、会場に到着。

三々五々、村人たちが集結。
8:00前、記念撮影。

20181211043050cc7.jpg

わたしのシューズは、ズームフライ。

201812110430506dc.jpg

撮影後、健闘を誓い合って解散、
荷物預けの後、ランナーエリアの
トラックに入りました。

ウェア。

ノースリランシャツ。
201812110430500ca.jpg

アームカバー。
201812110430577b9.jpg

ランパン。
20181211043050676.jpg

ランパンバックスタイル(笑)
201812110430577b6.jpg

キャップ。
ヘンな耳ついててもキャップです(笑)。
20181211043057ca1.jpg

あとショートタイツとゲイター。
左ふくらはぎにはテーピング済。

以上、構成は、ごくフツーのランウェア
ですが、なにか…?
(←開き直りやがった…)

レース当日の気温は
9時 約4℃
12時 7.3℃
15時 7.5℃
でした。低気温。
低気温ではありますが、
ウェア(笑)はフリース生地。
前部分は2重になってます。
(バンビ柄フリース+白フリース)
走れている間は暑いに決まってる…
わたしは暑さに弱く寒さには強い。
7.5℃あるなら、防寒仕様は要らない。
ので、ウェアの下は
ファイントラック一枚。
(ブラ付)

待機中は、古着のロングシャツに
フリース上着を羽織って
(古着は後で回収)
トラックでアップ開始。
(ヘンだ…)
ウォークからジョグ、ゆっくり動くように。

今日の目標は
梅・とにかく、完走。
竹・サブ4。
松・3:50'00"切り。

持ちタイムの恩恵で、Bブロックでしたが
ブロック最後尾に並ぶつもりでしたので
ブロック閉鎖(8:45)ギリギリまで
グラウンドで身体を動かし続け、
閉鎖寸前に滑り込みました。

初めて見るブロック最後尾。
意外にスペースが広いため、
そこでアップを続ける人、多数でした。

やがて5分前のコール。

今日は早いなあ。
GPSの補足開始。

3分前のコール。

2時間後の自分は、走れているだろう。
3時間後の自分も、多分まだ大丈夫。
3時間半後の自分は?
いつもなら、もうゴールして完走証を
もらっている時間だろうけど
今の自分にはムリ。
でもこの位置から、また、進むしかない。
3時間半後の自分が
どうか走れていますように。
走れていなくても、コース上にいますように。
諦めず、ゴールを目指していますように。

スタートのピストルが鳴って。

列が少しずつ、動きはじめて。

わたしの、5回目の奈良マラソンが
始まりました。

(続きます。)