FC2ブログ
よもやま話 2019.09.19 (木)
【メマトイ(眼纏) eye gnat】
特定の昆虫を指すのではなく,
人間の眼のまわりにまとわりつく昆虫の総称で,小型のハエが多い。
日本での代表的な種は,春先に森林の内外で
しつこく眼にまとわりつく
クロメマトイ
Cryptochaetum grandicorne
(カイガラヤドリバエ科),
同じく森林内に多い
マダラメマトイ
Amiota variegata
(ショウジョウバエ科)
の2種である。
眼に飛来するのは
涙をなめるためといわれている。

〜コトバンクより〜

以前、記事
にもしたことあるんですが、
現在のわたしのホームコース
矢田丘陵自然遊歩道(以下矢田キュー)
には、夏場、メマトイが多く発生します。
生駒ボルダーにも出ますが、
矢田キューのが、多い気がする。

この夏は、7月下旬まで梅雨だったし
気温も低めだったのでノーメマトイ。
8月入ってからは、京都トレイルに
通ってたのですが、
京都トレイルには、
メマトイはいませんでした。
というか、総じて、虫が少なかった。
植樹林だから?違うか。

合間の何日か、矢田キューを走りましたが
メマトイは安定の多さ。

20190919213716ff7.jpeg
(借り物画像)
(サイズ感参考♡)

ものすごく限られた地域の情報ですが
メマトイ@矢田キューについての
これまでの経験上の考察を。
(いったい、誰得な情報なのか…?)

●好発気温●
気温は25℃〜35℃
35℃を超えると少なくなります。
これは蚊も同じですね。

●好発条件●
無風〜微風、
晴天〜弱雨。
夕方が多いのか?と思いましたが
あまり関係なく、
多分気温が少し下がりはじめるからでしょう。
あと、これはもう経験則にのみ
基づくことで、学術的な根拠は
何もないことなのですが、
クマザサが生えているエリアに
圧倒的に数が多いと思うのです…

201909192137180f8.jpeg
(クマザサ)

低木で密集して生えるから
影ができるし気温も上がりにくいし
湿度も高そうだから
繁殖しやすいのかな…

●忌避●
虫除けスプレー、虫除けリング
一切効果なし。
ハッカ油系は効果なくはないですが
何せヤツらは顔の周囲に
集まってきます。
ハットのフチ裏、キャップのひさし裏
あるいはバグズネットに
シーブリーズにハッカ油を入れた
自家製の
メントーーーール!!な
液体を噴霧しておけば
なんとなく忌避効果はあります。
が、万一顔に触れると、
燃え盛る、パンチ抜群の刺激に
見舞われて、のたうち回る破目に。
ヤツらと
刺し違える覚悟が必要です…

走れている時は寄ってくる数が減る、
風が強いときには数が減る。
ということから、顔の周囲で
常に風圧があれば忌避できるのでは
と推察されます。
小型扇風機が
顔前にあればいいかも?
でも持って走るのも大変そう…


矢田キューの北端の入口は
うちからロードで8km。
南端は7kmちょい。
ロードを走る距離を減らすために
北端からは走らず、丁度半分あたり
うちからはロード3kmの
入口から入り、トレイル部を
ウロウロして距離を踏むように
しています。
長いクマザサエリアは、4箇所。
コース取りの関係上
同じ箇所を何回か通ります。
そこでウッカリ歩きを入れたり
ペースを落としてしまうと、

ε=ε=ε=(怒゚Д゚)ノ ゴルアァアァアァ!!!

というイキオイで、ヤツらがたかって
くるのです…
なので頑張って走るしかないのですが
うち、急坂が1箇所。
そこの上りは走れないので
唇をかみしめながら、速やかに
ネットをかぶり、
びっしりとりついた、やつらの羽音を
屈辱的な気持ちで
聞くしかないのでございます。
でもだからといって、そこを走って
上がろうとは思えないのですが。
(→そういうとこやで?)

とはいえ、夏場、矢田キューて練習するとき
なんとか、基本は走る方針で
練習できているのは、
ひとえにメマトイがうっとうしいから
に違いなく、感謝…か…?
(…できねー)

でも、桜が咲き始める頃。
湿り気味の土を踏むと、
いっせいに虫が飛び立ち
春だわね…と思ったり、
(メマトイではないようです)
(地中から虫がわいて出る)
メマトイが激増して、
ビシビシ顔とか腕にあたって
あ、晩夏なのね、と思ったり。
先日は、クマザサエリアで
数匹しか寄ってこず、
秋の訪れを感じたものです。


四季のうつろいを
メマトイの動向で知るオンナ。


、って。
それどないやねんな。

スポンサーサイト



よもやま話 2019.09.15 (日)
可読性。チカラ強さ。
難しいな、などとド素人のくせに
いっちょ前に。

百均のヘナヘナ筆に
小学生学習用のコッテリ墨汁やから、
半紙よりコピー用紙の方が「とまる」。
よし。行くぞ。
縦書きで。

「コーラ」。

うー難しい。バランス取りにくい。
20枚近く書いただろうか。
ちょっと置いた方がいいかな。

次。

201909152005197a7.jpg

次。

20190915200520525.jpg

お、ちょっといいんじゃね?
このイキオイで、次。

20190915200522cf1.jpg

次、字数多いから2行で。
1行目はちょっと軽やかに。
「ポン」、やからな。
…(集中!)
↑いっちょ前に。

20190915200727545.jpg

んーイマイチ?
だけどあんまり時間がない。
コーラも最初にいい、と思ったヤツで。

20190915200857056.jpg

メインイベンター、看板。
(ドキドキ)
…どうだ!

20190915200732194.jpg

よし、悪くない。
これを画像にしてバラかして。

20190915201124a68.jpg

バランス見ながら。

こんなことして、
2019091520112752f.jpg

こんなこともしたりして。
20190915201127709.jpg

落款、やっぱりあれ系の
イラスト、ほしいよね。
細工、細工…
…よし、でけた。

20190915201326b26.jpg

で、こうだ。

20190915201331dcd.jpg

で、今日。
海辺の街のウルトラマラソンにて。

あら?

201909152018305c5.jpg

あらら?

20190915201837c95.jpg

豪華エイドにて、採用いただきました。

夏の海。

201909152024149c6.jpg

見てる分にはキレイだけど
走る人には過酷な環境。
ランナーの皆様、
ホンマにナイスランでした。
みんな、輝いてたよ!
ラン不調の我が身には
まぶしかった。

峠の飲み屋エイド(笑)。
絶妙な場所に、豪華ラインナップ。
私設エイドの大変さは
分かっているつもり。
クルマ出せるし、運転もできる。
運べる量は限られているから、
荷物の運搬係ならお手伝いできるかな
と、お邪魔してみました。

忙しいし、暑いし。

でも、楽しいんだよなあ。
うどん県の新婚さんや、
(お幸せそう!)
味噌カツ県の子連れパパさんにも
お会いできましたし。
(きよちゃん激カワユス…!)

店主さま、

20190915204551c46.jpg

看板娘さま、
水汲み主任さま。

20190915202415876.jpg

2019091520241425d.jpg
(水汲み現場)

ご一緒させていただき、
誠に感謝でございます。

大人気エイドに参画させてもらって
とっても嬉しかったです。
お役に立てたかどうかはわからないけど
楽しく遊ばせてもらいました。
はー。
めっちゃ楽しい一日だったなあ。

20190915204550951.jpg

明日からまたがんばる。



前記事の追記と
ちょっとかぶるところもありますが、
今日現在、思い当たることを
今後の自分のために。

●気温●
予想気温は9月としては異常な
35℃超えでしたが
数字的には想定内でした。
真夏の昼間、
40℃近い気温でも練習してましたし。
(山中を走るので)
ただ、この日はなぜか、
会場への道中から、暑い!と
思ってました。
クーラーの効いた嵐電の車中でさえも。
レースがはじまった時は28℃くらい。
1時間後には30℃を越えていたと思います。

●体調●
悪いという自覚は全くありませんでした。
ただ、8月あたりから、
水分摂取増える、食事量微減、
アイスとかかき氷とか摂取増える、
下半身を温める意識なかった、
ように思います。
夜、目が覚めることが増えており、
わたしの場合、これは
・暑さまたは寒さ
・身体の痛みとか違和感
が原因のことが多いです。

エビキリを時間内完走できなかった、
ということがとても尾をひいていて、
さらに、試走してみたら
ホントにダメだし、
よくても完走ボーダースレスレ。
ただのローカルレースだけど
ホントに完走したかった。
なんとか活路を開きたかった。

書いてはいませんでしたが
エイドの出入り、どの自販機で何分、
どこからどこまでを何分で走る、と
細かいペースチャートを
何回も作り直したりしてる間に
いつもは儀式のようにやる、
5日前から
胃と背中にカイロを貼って過ごす
ことも忘れていて
身体が冷え気味になっていたようです。

吐き気の引き金は
冷たい水でしたし、点滴後も、
めっちゃ暑いのに、コンビニで
温かいお茶を買って飲んでました。
その翌日も、冷たいものがツラくて
お白湯とか温かいうどんとか(笑)。
晩ごはんを鍋にしたい、と言って
夫に、嫌がられたり(笑)。

そこで、あ、胃腸が冷えていた?
要するに、夏バテ?
と思い至りました。

●ペース●
引いたペース配分をざっくり言うと
上りのキツい個所が少ない
向山まで(23kmくらい)を
つぶれないギリギリのハイペースで
突っ込んで、貯金を作りたい
と思っていました。
ウェーブスタート、最後尾の
ブロックで15分の借金あり、も
かなりショックでした。
※実は、関門はスタート時間からの
カウントでよかった。

多分冷静さを失ったまま
スタートから体調に比較して
無理のあるペースで走り
致命傷を負ってしまった、と
いうことだと思います。

●次レースでの改善●
・一週間前から、眠剤を使ってでも
 朝まで寝るようにする。
・胃腸は温める。調子のバロメーターは
 朝、起きたときと
 終業時間あたりに
 めっちゃ空腹を感じているかどうか。
 感じていないなら、改善する。
・冷たい飲み物は
 できるだけ飲まない。
・足首も温める。
・みぞおちと背中にカイロ!
・半分までは、しんどいペースで
 走らない。

何年かに一回、夏バテ・秋バテに
なることがありますが、
夏、走るようになってからは
自覚したことなかったので
油断してました。

これからウルトラ走られる方々、
調整は万全かと思いますが、
冷えなどありませんでしょうか?

ベストの状態で
実力を発揮されますように!



2019090721172478c.jpg

朝、8:15、最後尾の組で
ウェーブスタートしました。
(女子は最後尾の組)

六丁峠の気温計は28℃を示してましたが
ウソだろう!
30℃は越えているだろうが!
と思いました。

なんていうか、「ジリジリ」という暑さを
感じていました。山かげには
入っていたのですが。
ほかは特に変わったこと、なし。

A1清滝橋到着は、0:56。

201909072117276fc.jpg

あ、ちょっと早いかも、と思いながら
エイドでお水をもらい飲みました。
…ら。
思ったことない、「ぬるい、マズい」。
もちろんエイドは
ありがたいだけで、何の落ち度も
ありません。
その先に自販機があるのは
分かっていたので、胃のムカムカを
我慢しながら少し進んで、
冷たい水を買って、飲んで、
首にもかけました。
…ら。
イッキに吐き気が押し寄せてきて、
慌てて道の端に寄りました。
全リバース。
なんだ???と思い、歩きに切り替え
また、少し先の自販機で
水を買って、アタマと首にかけて、
残りをゆっくり飲みました。
…ら。
また、リバース。
少し飲む→リバース、繰り返し。
高雄の手前でした。
まだ10km来てないのに。

ここから先、山間部に入ります。
次に交通機関があるのは
23kmくらい。
(市原駅まで2kmくらいの箇所)
体調が悪化したら
必ず周囲に迷惑をかける。
今なら自力で戻れる。
(リタイア時は、自力で戻る
 ルール)

エイドまで戻ってリタイア申請、
再度バス停まで歩いて
高雄から京都市内にバスで戻りました。
飲むと吐くので、このままだと
脱水するかもなあと思い、
市内でランウェアのまま、目についた
医院に入って点滴してもらいました。
お金と、保険証を携帯していて
よかった。
土曜日の午前中でよかったです。
おかげで
自力で運転もでき、
無事帰宅できました。

さが桜でリタイアした時の
反省が役に立ちました。



なんとか完走したいと
試走を繰り返して
暑苦しい記事を上げていましたが
あげく、9kmリタイアという、
お恥ずかしい次第となってしまいました。

たった9km地点。

ランナーとしては根性なしな、
まったくダメな結果ですが、
恥と意地を、さっさと捨てたことで、
大会関係者や他のランナー、
また、家族にも迷惑をかけずに済んだ、
それだけは救いかと思います。

あと自分の身体へのダメージも
多分、最小限で済んでいる筈なので、
発生原因については検証して
再発防止したいとは思いますが、
早々に切り替えて、
次のレースに備えたいと思います。

自分のコンディションを鑑みて
出走を慎重に判断するのは
もちろんですが
リタイアポイントを確認、
その後の交通手段の確認、
これを事前にやっておくことは
特にトレイルの場合、ホントに
重要だと思いました。

「事前に」、ココ特に重要!

エイドでリタイア申請をした方が
他にもいらしたのですが、
自力で戻るルールですが
交通手段の説明や
バス停の位置など、
エイドのスタッフは詳細を
ご存知なく、また、エイドでは
通信ができず検索もできない状態。
差し出がましいのですが、
ご案内させていただくことが
できたのでお役には立てたかも。

まあわたしの場合、
あれだけ行ってれば
わかんない方がオカシイのですが、
土地勘ないとこほど、
事前にやっておこうと
改めて思いました。
スマホで検索すればいいっても、
トレイルやるとこでは
通信できない可能性、
多々ありますものね…

と、このようにダラダラ書けるくらいには
元気ではあります。
もしもご心配いただいている
お優しい方が、いらしたら
どうぞご心配なくね。
ご親切、痛み入ります。
ありがとう存じます。

切り替えて、次行こう。
グダグダやってる時間は、ない。

9/8追記
体調に関する、コレはイカンかった?
事柄と、改善案

・職場の空調が寒いと感じていた
・前日、昼も夜もアブラモノ
・当日、行きの車で
 クーラーなし。
 途中から窓も閉めたまま。
・夜、何回か目が覚める日が
 続いていた。
・当日、頭を動かすと軽いクラクラ。
 スタート前には気にならなくなっていた
〈改善策〉
・暑い寒いに鈍感になっている
・アブラモノを負担と感じる
・夜、目が覚める
→体調不良の兆候なので、
 眠剤を使ってでも強制的に寝る、
 胃薬併用。
 消化に負担のかかるものは避ける。

・当日のアタマクラクラは
 超危険サイン
 アドレナリンでマスクされることが
 あるみたいなので見逃さない。
→ペースを落として、様子を見る。
 キツイな、というペースを
 続けない。



よしなしごと 2019.09.06 (金)
おやすみの日の夕方、
プチコリアンタウンにて。
お話できたら嬉しいなあ、
と思っている善男善女の方達と、
お会いできた。

行きたい、と思われる地点。
静かな決意と努力で粛々と
そこに向かわれているところとか。

華がある、ってゆうのかな。
対象とか場は、それぞれ違うのかもだけど
求心力をお持ちのところとか。

身に着けていたり持っているものの
選定理由の底にあるであろう
美意識であったりとか。

何より、それぞれの書かれる文章の
センスとそれぞれの庭園の景色。

うつくしく、いとしく。
また、持たぬ者からすると
ちょっぴり妬ましく。
なによりも、まぶしく。

とはいえ、ここは焼肉屋。

真剣勝負のメニュー選定の後は。

気を緩めたら、焦げる肉を
キビしい眼差しで監視しながらも、
エエ意味で、ウダウダウダウダ。
流れていく話と時間。

あーエエなあ、こういうの。
こうゆうの、ホンマ、エエな。

まこと、ココチよき時間でありました。

一滴も呑めず、お酒のチカラに
頼れない我が身なれば。
なんかピリッとしたハナシでも
できたらエエのに、と、帰り道は
いつも、ちょっと、しょんぼり。
願わくば、心地よさを少しでも
提供できればええのになあ。

わたしは
変人ではありましょうが
魔女を名乗るほど魔力もなく。

強いていえば、
化粧品の一部を自作している、
その調合のありさまは、
さながら魔女が
鍋を煮るさまに似ているかも
しれません…
(知らんがなw)


南の魔女さまへ。
お目に留まって、光栄です。

20190906203025d67.jpg

マメ類は
某スペイン人のおっちゃん作です。

北の魔女さまへ。
なんと・・・!
SUQQU、偏愛しとります。恐れ入ります。
「04漆陽」「08 光焦」

20190906203017c75.jpg

20190906203017311.png

そして、Guelain、ご慧眼かと。

魔女使いさまへ。
ご企画、ありがとうございました。
なかなか一堂に会する機会がない方々も
交えて、
ご一緒できて楽しゅうございました。
感謝でございます。



最後に。
焼肉屋の名誉のために
申し添えておきますと。
どういったテクノロジーかは
わからねど、
実際は、煙は、目にしみませんでした。
スゴいね。