2016さが桜 2016.09.17 (土)
2016さが桜マラソン レース編、
やっとゴールします。
(画像は借り物です)

●21km~25km●
《設定》 0:23:50 1:59:10
《実績》 0:24:11 2:00:43
《Garmin》 4:51―4:43―4:44―4:55―4:50
周りのペースが落ちはじめているのに気づいたのは、
21km過ぎでした。
ハニーアクションを摂取した後、
満開の桜並木を右手に眺めながら、
思いきって集団から抜けました。
少し道が狭くなり、吉野ヶ里公園に入ります。
広い芝生。たくさんの方が応援して下さいます。
20160917091458cef.jpg

気持ち、登りなのと、道が狭く蛇行しているため、
ランナーが多いと走りにくいかもしれません。
「お父さーん」と家族に応援されているランナーや、
「〇男くん、頑張れ!」とお舅さんに
応援されているお婿さんランナーなど、
とってもアットホーム。
さがほのか、小城ようかん、そうめんなど、豪華エイドも。
私は楽しみにしていた、
さがほのかをいただきました。
20160917091500dd4.jpg

公園を出て、短い橋を越えます。久々に登りです。
このあたりスライド区間。

●26km~30km●
《設定》 0:23:50 2:23:00
《実績》 0:24:07 2:24:50
《Garmin》 4:45― 4:49― 4:50― 4:49― 4:49
だんだん暑くなってきました。
雨が降るどころか、日がさしてます。
さが桜マラソンの給水所は、どの給水所も、
ものすごくテーブルが長くて、
とりそびれる心配がありません。
かぶり水コーナーもあります。
これはとても心強かったポイントでした。

・・・ですが、この区間、田園地帯を走る上、
応援が減ります。
心なしか、皆様うつむきかげんで走ってます。
フラットコースで、同じ筋肉を使いつづけるせいか、
脚が張ってきます。
うーー経験のない痛さだ。( ノД`)
大会パンフには「向かい風」の印がついてましたが、
この時は、大丈夫でした。

●31km~35km●
《設定》 0:23:50 2:46:50
《実績》 0:24:27 2:49:17
《Garmin》 4:44― 4:47― 4:51― 4:59― 5:00
アップダウンのコースに慣れている私には、
平坦を一定のペースで走り続けるのは
難しく感じます。
どうしても、誰かについて走ってしまって、
その人がペースダウンすると
引っ張られてしまいます。
31kmから距離合わせの、折り返し区間に入るのですが、
ちょっと精神的にキツイ。
必死でペースを上げますが、
いよいよきつくなってきました。
33kmすぎ、メイタンゴールド投入。
効いてくるまで、じっと我慢。
ついにキロ5を見てしまいました。

●36km~40km●
《設定》 0:23:50 3:10:40
《実績》 0:24:17 3:13:34
《Garmin》 4:57― 4:47― 4:46― 4:50― 4:49
やっとメイタンが効いてきました。
36km手前は、多分コース最大の坂ですが、
距離にして50m位。
「これ以上、コースがきつくならない」
というのは、
終盤やっぱり気分的に、楽です。
カラダはしんどいですが。

さて、38km位から、多布施川の堤防を走ります。
満開の桜並木!
行けども行けども、応援が途切れません。
2016091709150162a.jpg

39km過ぎ、周りのランナーが少なくなった瞬間があって、
その時、両側から、ものすごい数の応援の声が。
「えっ?えっ?あたしにじゃないよね?」
と思いましたが、私にでした。
多分これまでの人生の中で、
最大の「瞬間応援され指数」だったと思います。
ピンク色の満開の桜を背景に、
ピンクの応援スティックを鳴らして、
「頑張らんね!」と声がかかります。
嬉しかった。
走っていて良かったと思いました。

40kmで、アイスとコーラのエイドがあります。
余裕無しだったので、パスしたのですが、
通り過ぎてから、考えました。
コーラエイドでは、男子高校生諸君が
差し出してくれるのですが、
「複数の男子高校生が、争って(←違ww)
ワタシにコーラを差し出してくれる」状況。
・・・これからの人生で、再び有り得るか?
・・・ナイわなぁ。
「・・・もらっておけば良かった。」
このレース最大の後悔です(笑)

●41km~ゴール●
《設定》 0:10:28 3:21:08
《実績》 0:10:32 3:24:34
《Garmin》 4:57― 4:36― 1:55
40kmで、多布施川の堤防は終わり、再度街中へ。
気持ち、下り基調なのでペースアップしたつもりでしたが、
41kmラップを見ると、不発の模様(笑)。
ゴールの競技場が見えてきました。
が、競技場に入ってから結構あります。
引き回しの刑(涙)。
ものすごい勢いで走った来た、若い女子に抜かれました。
ここへ来てこのスピードはスゴイ!
おばちゃん、追いかけます。
・・・で、ゴール!
2016091709150351a.jpg


グロス 3:24:06
ネット 3:23:13 

残念、目標タイム21分台に届かずでした~

ゴール後、導線にしたがって進むと、
いちご、お餅、飲むヨーグルト、青汁、おみそ汁・・・etc
まーー出てくる出てくる。
ここはデパ地下かしら?と思うほど。
ごちそうさまでした~

レース的には、大崩れはなかったものの、
少しずつの遅れが積み重なってしまった感じ。
あと、朝食足りずで15kmで空腹になってしまったのも、
原因の一つではあると思います。
ただ、35km手前でタレたとき、
「これ以上コースはキツくならない」
ということは、心強い要素でした。
我慢していれば、巻き返せると思ってました。
ちょっと不発でしたが(笑)。

来年、再び走って、スパっと気持ちいいレースをしてみたいです。
そして、今度こそ、「男子高校生コーラ」を!!
(そこなの?)
ありがとうございました。

●練習記録●
2016/9/10 登坂LSD30km
2016/9/11 10km Eペース走 Ave5:24
2016/9/12 スロージョグ 3km
2016/9/15 ジョグ10km
スポンサーサイト
2016さが桜 2016.09.16 (金)
少し、間が空いてしまいました。
2016さが桜マラソン、レース編。
スタートしたところからの、続き。

私、遠征などで、
試走のできないレースを走るとき、
完走者のリザルトが
公開されていれば、
自分の目標タイムと、
ゴールタイムが近い方の
5kmラップを参考にさせていただいて、
ペースチャートを作ります。
で、今回もそうしようと、
リザルトを見ていったら・・・
あれ?イーブンとか
ネガティブペースの人が、
ほとんどいないよ?

だって、高低図、こんななのに?
201609160030014b8.jpeg


30km以降、顕著に落ちてる人がすごく多い・・・
何か要素があるのかな、
向かい風だったのかもしれないな、
と疑いながらも、算出したペースは、
5km 23:50。以上。
フラットコースって素晴らしい。

●スタート~5km●
《設定》 0:23:50
《実績》 0:24:45
《Garmin》 6:15―4:32―4:37―4:41―4:40
 スタートロス53秒。
スタートから10km位までは佐賀の街中を走ります。
道路が広くて走りやすい。
スタート直後は、やや混雑しますが、
1km行かない間に解消しました。
周りはハイペースですが、引っ張られないように。
佐賀県庁あたりが5km。

●6km~10km●
《設定》 0:23:50 0:47:40
《実績》 0:23:47 0:48:32
《Garmin》 4:45―4:44―4:45―4:49―4:46
 佐賀県庁をぐるっと回って、
スタートの県陸上競技場まで、いったん戻ります。

ちょっと話がそれますが、
道中、鉦・笛・太鼓とお囃子の、
民族芸能で応援下さっている箇所がありまして、
その不思議なリズムが印象に残りました。
笛・太鼓の応援といえば、
泉州国際マラソンを走られた方は
「だんじり囃子」を思い出されると思うのですが、
ああいうビート系のリズムではなくて、
邦楽というか、雅楽的な拍子だったのです。
走るリズムではないのですが、
何か心地よかったです。
調べますと、「浮立」という伝統芸能、
特に神野地区の皆様が奏でるところの、
「 玄蕃一流浮立」というものだそうです。
201609160027075b0.jpg

もう一度、聞いてみたいな~

●11km~15km●
《設定》 0:23:50 1:11:30
《実績》 0:24:01 1:12:33
《Garmin》 4:50―4:41―4:47―4:45―4:50
陸上競技場を過ぎ、右折して、
吉野ヶ里公園方面に向かいます。
このあたりから、周囲のメンツが
固定されてきました。
ペースが一定の女性ランナーお二人。
お一人はペーサーとおぼしき男性と走られてます。
現在、スタートロスを除けば
ほぼオンタイム。
周りに合わせると、オーバーペース気味になるので
慎重に走ります。

●16km~20km●
《設定》 0:23:50 1:36:00
《実績》 0:23:59 1:36:32
《Garmin》 4:46―4:47―4:48―4:47―4:50
イーブンペースで走っていたところ、困った事態が。
・・・お腹減った・・・(*_*)
まだ15km過ぎなのに、どうしよう。
ジェルではダメな気がする・・・
、とそこに私設エイドが!!
おうちの前で、バナナやチョコを
出して下さってます。
ありがたく、バナナをいただきます。
何と絶妙の場所に、ゴミ箱まで。
本当にありがとうございます。
とりあえず一難は去りましたが、
20kmラップを見たときに、
あれ?と思いました。
前のランナーには離されてないのに、
微妙にラップが落ちてる?

ここから、フラットコースの罠に
悩まされることになります。

続きます。
2016さが桜 2016.09.12 (月)
2016さが桜マラソンレポ レース編。
いつも通り(笑)長くなりそうですので、
3回に分けてお届け致します。m(__)m

●スタート前夜●
宿泊した鳥栖は、
フットボールスタジアムがあるせいか、
居酒屋がとっても多かった。
駅周辺にはコンビニも数軒あります。
到着は21:00過ぎだったでしょうか、
とりあえず翌朝の朝食を調達しに、コンビニへ。
私のレース当日の朝食は、お味噌汁とご飯。
パンや甘いものだと、色々ダメみたいです。
なのに、何としたこと。
おにぎりが売り切れて、
ナーーイ!!
他のコンビニをはしごしても、
やっと1個買えただけ・・・
仕方なく、どん兵衛(小)と、
レンチンするつもりで、
サ〇ウのパックご飯とふりかけを購入。
ホテルへ向かいます。
チェックインのとき、「レンジはありますか?」と聞くと、
「ありません」とのこと。ピーーーンチ!
不安を抱えながら就寝。

●スタートまで●
午前5時起床。全く足りない朝食を食べ、準備。
チェックアウトして、鳥栖の駅前の
やっぱり品薄な コンビニで、
かろうじて、おにぎりとスポドリを買いました。
6:40位の列車で、佐賀に向かいます。

さが桜マラソンでは、荷物預かりがありません。
(貴重品預かりはあり)
遠征の重い荷物を持って、
佐賀駅から会場までの道のりを
歩くのが嫌だったので、
佐賀駅のコインロッカーに、
使わない荷物は預けました。
15個あるかな~というロッカーなので、
預ける人は、お早めに。
特に大きいロッカーは数少ないです。

会場までは徒歩15分ほどかかりました。
案内のボランティアの方もいらっしゃいますし、
ほぼまっすぐなので、迷うことはないです。
ゼッケン、大会Tシャツ、
シューズにつけるチップは
事前に送付されているので、
受付はありません。
会場に着くと、早々に更衣室へ。
女子更衣室は、佐賀市文化会館。
20160912234044ff7.jpg
大ホールが丸々更衣室で、椅子の上に荷物を置いておくようです。

男性は総合体育館。( 画像は借り物 )
20160912234046cfc.jpg

お手洗いもたくさんあり、ノンストレスでした。

ぼっち参加ですので、
早々にスタートブロックに並ぶことにしました。
私は3:20:00の申請でBブロック。
スタート整列は8:00~8:45。
この時点で8:10頃でしたので、
「まだ早いかな」と思ってましたが、
とんでもなくて、既に並んでいる人がいっぱい。
40列目くらいでした。
その後、列が動いたりして、
最終的には25列目くらいになりましたが、
横入りの人が結構いて残念でした。

スタート前のセレモニーでは、
「やっと大会名の通り、
満開の桜の中を走っていただけます~」
といったようなことをスピーチされており、
この時期(4/3)の開催は最後なので、
「最初で最後の桜か~」ってなことを考えていました。
気温は、この時点で20度ちょいくらい。
曇り空でした。
お願いだから、このままの気温で・・・と祈りながら、
スタート!
ロスタイムは、53秒でした。
(続きます・・・)



2016さが桜 2016.09.10 (土)
今日、登坂LSDのリベンジをしてきました。
玉砕覚悟で、正午からスタートしましたが、
湿度の低さに助けられたのかな?
無事リベンジできました(^O^)
良かった~。
これで、心おきなく60kmに挑戦できます。



2016年4月3日に開催された、「さが桜マラソン2016」。
「日本屈指のフラットコース」とはどんなものか?
遠く、奈良から山岳民族(笑)が参加しました。
20160910191419a09.jpg

開催以来、初めてという(笑)満開の桜。
途切れない暖かい応援。
ゆきとどいた運営。

とても良い大会に参加したと思いました。
備忘録もかねて、その時のお話を
書いておきたいと思います。
まずは、エントリーと交通などの実務情報から。

●エントリー●
2015年10月20日 20:00開始でした。
「数時間で満員」「なかなかつながらなかった」などの
コメントを読んで、19:50にはランネットにも接続し、
PCの前でスタンバイ。
いつも通り、20:00数秒前に、F5キー押下!
エントリーボタンクリック!
・・・接続待機画面からエントリー画面に変わるまで
5分弱かかりました。人気大会なのね。

●宿泊●
無事エントリーできて、返す刀でホテル確保~
・・・できませんでした。
大会会場最寄の、佐賀駅周辺の
ホテルは既にいっぱい。
とりあえず、新幹線最寄駅、
新鳥栖駅近くのホテルを確保。
結局、前々日まで粘って探し続けましたが、
ダメでした。
そのまま予約していた鳥栖に宿泊しました。

●交通●
レース会場は佐賀駅から徒歩15分くらいです。

新大阪~博多 新幹線
博多~佐賀は、在来線で1時間強。
特急に乗れば30分少々です。
私は、鳥栖に宿泊していたので、
往路:新大阪~博多 新幹線 
   2時間くらい。
   博多~鳥栖 在来線 
   30分くらい。
新幹線は、JR「おとなび」で安く
予約したのですが、
新鳥栖までの列車がありませんでしたので、
この行き方になりました。
ゼッケンは事前に送付して
下さるため受付なし。
夕方に出発できたので、
家事都合的にはとても助かりました。
レース当日、鳥栖から佐賀までは、
特急を使わなくても大丈夫でした。
40分弱。
復路:佐賀~博多 特急
   博多~新大阪 新幹線
13:40位の特急で佐賀を出て、
15:00過ぎの新幹線で博多を出発。
まだほの明るい時間に帰宅できました。

ただ、佐賀~博多間の特急は本数が、
多くないせいか、とても混みます。
できれば指定席を予約できれば良いのですが。
私はダダ混みのデッキ部分で立ってました。
でも30分位ですけどね。
博多~会場間のランナーバスも、出ていました。
(要予約)
帰りのバス出発が、16:00~しかなかったので
諦めました。
あと、博多~佐賀の往復おとく切符として、
「さが2」「さが4」というのがあり、
特急を使うならお得です。
「さが2」=2枚つづり¥2,260 @1,130
     博多~佐賀 特急自由席 ¥1,930
JR九州でしか販売していないので、
こちらから買っては行けませんが、
博多駅のみどりの窓口に専用の自販機がありました。

以上、とりとめなく書いてみましたが、
関西から参戦する方の、
何かの参考になれば幸いです。

次回、レース編。