2016丹後ウルトラ60km 2016.09.27 (火)
ウチのTV、壊れましたーー(ToT)
あのー何ていうか、21世紀になっても、
テレビがこういう壊れ方を
するとは思っていなかったです。

だってね、その病状といったらば、
・機嫌よく働いていたかと思うと、
 唐突に映像が止まる。
 → モニター部分を軽く動かすと、
   通常の状態に戻る。
 → 数分後、また映像が止まる。
   (繰り返し)
叩いたら治るんじゃないかと
思うワタシは、昭和の女・・・

しかも、同時にPCも壊れたよ?
アハハー。ヽ(;▽;)ノ
起動時に修復プログラムかかりだしたな、
と思ってから、完全に沈黙するまですぐでした。
ああ~さが桜のエントリー合戦に暗雲が・・・
タブレットだのみ・・・




さて、丹後ウルトラの
良かった点・悪かった点を
振り返っておきたいと思います。

●良かった点●
完走できた。そして無事に帰れた。
ホンマに、これにつきます。
とはいえ、思ったよりも速いゴールタイム。
なぜだったのか?

 ・コースプロフィールが練習環境に似ていた。
  →これはすごく大きかったと思います。
   ラストの10km、脚が動いてくれたのは、
   アップダウンの繰り返しに脚が慣れていたから。
   平坦だったら、逆にダメだったかもしれない。

 ・曇り~雨の天気。
  →しつこいですが、私には本当に恵みの雨でした。
 ・序盤、飛ばさなかった。
  →多分私には、
   序盤飛ばして、後半ダダ崩れしない走力が
   備わっていません。
   今回、エイドの出入りを除くと
   10kmのラップは、ラスト10kmを除いて
   ほぼイーブン~ネガティブ。(多分)
   ラストの10kmが最速ラップでした。
   コースにもよりましょうけど、
   この展開が合ってるんでしょうかねー?

●悪かった点●
来年、丹後の100kmを走るかどうかは置いといて、
60kmより長いレースには、挑戦したいと思ってます。
そのときに、
「ここを改善しておかなくては、勝負にならないな」
と思った点が、

 ・補給
  →エイドで、うどんやパンなどがあるのに、
   結局十分に補給できなかった。
   フルーツの果糖やコーラの糖分で、ガス欠には
   ならなかったけど、60kmだからいけただけ。
   ジェル類は、14km位でパワージェル
   とっただけでした。
   走りながら、バナナやおにぎりは
   食べれるんだけど、エイドで止まると
   「食べられない・・・」となるのは改善しなければ。

 ・ペース管理
  →エイドでの休憩時間を含めて、要する時間を
   計算しておかなくてはならない。
   いしきちさんが、書かれていたように、
   エイドの入→出までを計測するのは
   とても重要だと思いました。
   ドロップバックも受けとるなら、その分も。

あとは、根本的な走力ですかね~(遠い目)。

ともあれ、出走でき完走できて、
感謝でいっぱいです。
応援下さった方、
共に走ったランナーの皆さん、
大会関係者の方々、
本当にありがとうございました。

最後に、夫・たくやんへ。
DNSと言った私に、
「走れるなら出たらええやん!」
と背中を押してくれ、
予定を変えて用事の肩代わりしてくれてありがとう。
おかげで、60kmの苦し楽しい旅を
することができました。
心から感謝です。
お土産買い忘れちゃって・・・ゴメン!
(恩を仇で返す妻。)

スポンサーサイト
2016丹後ウルトラ60km 2016.09.26 (月)
《ご案内》
 やべっちさんと、ペース走をする予定です。
 ご都合の会う方、ご一緒にいかがでしょうか。

 日時: 10月10日(祝) 未定ですが9:30位

 場所: 奈良浄化センター公園
     フラットコースです。(笑)
    〒639-1126 奈良県
     大和郡山市宮堂町310番地

 メニュー: 30km ペース走。
      5kmコースの周回。
      ペースは、自由で~
      私は、できたら4:45で
      行きたいと思っています。

 めちゃローカルな場所ですが、よろしければ
 ご一緒にいかがですか?
 ご参加希望の方は、コメントいただけましたら
 幸いです。




丹後ウルトラレポ、続きです。

●ゴール後●
ゴール後、チップをシューズから外してもらいました。
ちゃんとベンチが用意されていて、
学生さんが、靴から外してくれるの~
感激しました。雨の中ありがとう。
暖かいコーヒーがもらえるテントのところで、
ストラトさんと、だれやねんさんにお会いしました。
途中リタイヤされたとのこと。
お元気そうでしたが、ダメージないはずないよね。
お二人とも、お疲れ様でした。

完走証発行のところで、
一人の女性ランナーにお会いしました。

 ★48km過ぎで一緒になり、
  とてもよいペースで走られていた彼女に、
  私がついて行った。
 ★53km位で、ペースアップした彼女に離された。
 ★が、57km位、私が彼女をパス。
  多分、私のすぐ後に彼女がゴールした。

・・・という、抜きつ抜かれつの展開で、
苦しい10kmを共に戦ったランナーさんです。
お互いの健闘を讃えあい、がっちり握手しました。
ありがとうございました。
あなたがいなければ、
このタイムではゴールできていないと思います。
来年は100kmに出たいとおっしゃっていたランナーさん、
あなたなら、絶対に大丈夫。
快走を期待しています。(^O^)

荷物をもらって、2階の女子更衣室までヨボヨボと上がり、
あちこち攣りながら着替えました。
ようやっと着替え終え、さらにヨボヨボになり、
手すりにつかまりながら階段を降り、
さて、これからどうしたらいいのかな。
とりあえず、お風呂に行かなくちゃ。
周りに知ってる人がいないか、
しばらく会場内をウロウロしたのですが、
どなたにも会えません(>_<)
駐車場までのバスに乗りに行こうとしたとき、
みほさんがゴールしてくるのが見えました。
わぁー速い!ナイスラン!
声をかけてからバスに乗り、駐車場へ。

自分の車に乗ったとき、ドスーーンと泥のような疲労感が・・・
それでも向かった先は、夕日が浦温泉『花ゆうみ』。
20160926132240042.jpg

お風呂に入った後、レース中は出てこなかった腹痛が。
鎮痛剤を飲んで、しばらく休憩することにしました。
何か頭がものすごく回りません。
目の前のことはできるのですが、
同時に複数のことが考えられない・・・

これからゴールする人のお出迎え、という気持ちはあるのですが、

「 コース上のどこに行けばいいんだろー? 」
(ゴール会場だよ!)

「皆どうしてるんだろー?」
(LINEで聞けよ!)

と、今思えば、何で何もせずにボーッと
お風呂屋さんの休憩室で
座り込んでいたのか、わかりません・・・
気がつけば、辺りはすっかり暗くなっていました。

コーヒー牛乳を飲んで糖分補給すると、
ちょっとアタマがハッキリしてきました。
アフター会場の集合場所を地図で調べ、出発~
地図さえあれば安心だよね~
と、思っていたら、やっぱりポンコツ人力ナビ、
10回位、道を間違えた上に、
近くまで来ているはずなのに、
どうしてもたどりつけません。
いつも絶対にこんなことないのに・・・

ついに集合時間に遅れる、という失態を犯してしまいました。
泣きそうになりながら、ぐるぐる走っていると、
突然、目的地が現れて・・・???
何かキツネかタヌキにでも馬鹿されたような???
皆様、ご迷惑をおかけしました。m(__)m

20160926132320037.jpg

アフターでは、いつものように楽しく過ごし、
私はその後、帰路へ。
だいぶ眠かったのですが、
午前2時過ぎ、何とか無事に帰宅できました。
帰宅後は、荷物も車に乗せたまま、
行き倒れ状態で爆睡。
とにかく無事に終わってよかった~

次回、ラスト、一人反省会。
2016丹後ウルトラ60km 2016.09.24 (土)
●41~50km●
 《実績》 0:59:25 4:44:35

Garminが43kmラップを表示してすぐ、
42.195km表示が現れました。
ラップボタンを押し忘れたようなので
正確ではないのですが、
3:58:00台だったと記憶しています。
・・・めっちゃギリギリやん。
直近2、3kmを、必死で走った感覚があったので
崖っぷちな感じにちょっとショックを受けました。

さて、この後のペースをどうするか。
キロ6を保ちながら行けたら、
ギリギリでサブ6できる。
でもそれって、エイド休憩無しの計算だよね・・・
お手洗いにも行けないのは、ツライ。
とりあえず、行けるところまで、
5:20前後で行くことにしました。
・・・したものの、ここから先はレースでは未体験の領域。
だんだん疲労感が増して来ました。
暑い(;´д`)・・・
持参の水分で給水して、被ってたハットを脱いで、
ポーチにくくり付けます。
ちょっとした上りが、堪えはじめています。
ペースは5:25~5:30辺り。
「しんどいけど、まだ5分台でイケてる。」
無理矢理ポジティブに考えてみますが、
何か泣きたくなってきました・・・

やがて、待ちに待ったエイドが。
44.9km丹後庁舎エイドです。
20160924170721aab.jpg
(画像は借り物です)

コーラをいただきました。お水も。
つみれ汁とか、パンとか、
おいしそうなんだけど食べられない。

「ここまでかもしれない・・・」
暗い予感。

建物の中のお手洗いをお借りして、顔を少し洗って。
結構な時間、エイドでグズグズしてましたが、
前に進まなくては。
やけくそで、かぶり水を頭からかぶりました。

エイドを出ると上り坂。
手近にあった、バナナをわしづかみにして(笑)
手に持ったまま、坂を上がります。

ラップは5:15前後。

「こんなペースでずっといけるはずがない。」
「次のラップで、つぶれるに違いない。」

脚は動いていてくれているのですが、
ずっとそんなことを考えていました。

「50kmまで行ったら、キロ6に落とそう。」

そう思ったら、50kmまでは
頑張れそうな気がしてきました。
バナナを走りながら食べていたら、50km地点到達。

●51km~ゴール●
 《実績》 0:53:24 5:37:59

キロ6に落とそうと思っていた
50kmを過ぎても、
ペースは落ちませんでした。
「ペースを落としたら止まってしまうんじゃないか。」
その恐ろしさで、落とすことができなかったのです。
やがて、雨が降ってきました。
100km出走の方、エイドやコース上の
ボランティアの方々は、本当に大変だったと思うのですが、
そのときの私の心の中・・・

ヤタ━━━━(゚∀゚)━━━━ キタコレ !!


(アンタは、干しシイタケか。)

過去、雨レース3回経験してますが、
いずれもPB更新してます。
私には恵みの雨でした。
今までの弱気はどこへやら。
もうゴールまで、ガンガン行く気でいっぱいです。
雨はどんどん強くなりますが、全く気になりません。
・・・気にはならないのです。ただひとつを除いては。

シューズが水吸って、重い!
ブラックシューズかーーーー!

※説明しよう!ブラックシューズとは、
往年のスポ根ドラマ、「サインはV!」で、
主人公ユミが、禁断のトレーニングとしてはいた
鉛入りのシューズ。
・・・って古すぎて誰も知らんわ!!


55kmを過ぎて、上りがなくなったため、
ラップはどんどん上がって、ついに4分台に。
こうなったら、5:40:00を切る!!

距離表示が、「あと〇km」に変わります。
1kmの何と長いことか。
フルでも同じことですが。
うおぉーーゴールはまだかーー
と思いながらカーブを曲がると
唐突にゴールゲートが。
前後に人がいなかったので、なだれこむように
ゴーーール!

5:37:59 でしたー。

60km、無事に走り切れました。よかったー。

次回、ゴール後のことなど。
2016丹後ウルトラ60km 2016.09.22 (木)
丹後ウルトラ60km後の、身体の状態の推移。

レース直後 階段が、手すりなしで降りれず、
       ビビる。
翌日    ハムと臀筋が痛い。
      身動きは普通にできるが、猛烈な空腹感。

翌々日   筋肉痛は回復傾向だが、空腹感続く。

その翌日  ゆっくりジョグ再開。むくみ気味。

今日    20km走できた。ハムに若干張り。
      むくみの分が抜けるのか、トイレ近し。

とにかく、ものすごい飢餓感でした。
何かがとり憑いたか?(笑)


では、レースレポ続きです。

●31~40km●
 《実績》 0:58:47 3:45:10
30km過ぎ、見えてきました黄色い集団!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ブログ村エイドだーーー!
201609222031143c0.jpg

20160922203013f6e.jpg

超豪華エイドです。

貪るように、コーラをいただくわたくし。
20160922202939b1b.jpg

満面の笑みです。
100kmの部に出走している、
山ちゃんとカステランさんに
お会いしました。
故障明けの山ちゃん。
故障箇所は大丈夫だそうですが、
大事をとって、ここまでにする、とのこと。
同じく足のトラブル発生のカステランさんと、
この先の弥栄庁舎エイドで、名物のバラ寿司食べて、帰るとのこと。
100kmコースでは、弥栄は50km以上の場所。
お二人とも、痛い足でお疲れ様でした。

超豪華なエイドで、フルーツなどいただきましたが、
楽しみだった牛丼が、
どうにも入りそうにありません。(>_<)
水分のとりすぎで、胃液薄まったかな・・・

これまで、殆どの大会は、
ぼっち参加でしたので、
レース途中で仲間の応援をいただく、ということが
こんなにも嬉しく、
チカラになるとは知りませんでした。
応援隊の皆さん、
本当にありがとうございました。

エイドを後にし、少し走ると、
前にぐわぁTの男性が。
100kmの部出走の、カブトムシさんです。
カブトムシさんは、この大会100kmの完走に、
並々ならぬ思いをお持ちで、
そのために、長い時間、
大変な練習を積んで来られました。
カブトムシさんのブログを拝見するたびに、
「私もがんばろう!」と気持ちを新たにしたものです。
追い付いて、お声がけすると、
「弥栄庁舎の関門ヤバいねん・・・」と。
ええっ!!それは大変!!
ど、どのくらいヤバいのですかっ!?
聞けば、1.3kmを7分半ほどで
行かなければならないそうです。

おぐら「キロ6で行きましょう!」

余計なお世話だとは思いましたが、
あんなに努力されてたのに、
ここで終わってしまうのは、
あまりにもったいない・・・
何とか関門に間に合ってほしくて、
鬼コーチになることにしました。
( 実はキロ6では、間に合わないので、
段々ペースアップするつもりでした。)
走るカブトムシさん。
足運びは力強い。
ペースアップすらされています。
行ける・・・!と思ったのも束の間、
止まってしまいました。

おぐら「足は余裕で動いてますよ。行きましょう!」
カブさん「足は行けるけど、気分が悪くて・・・」

辛そうなカブさん。

あーーー許されるなら、
背中を押して走りたーーーい。
何ならおんぶしてでも・・・

カブさん「もういいですよ。行って下さい。」

カブさーーーん・・・・:(T-T):

後ろ髪をひかれつつ、私は進みました。
何度か振り返りましたが、
カブさんは、走ってはいませんでした。
いや、少し休んだら、
猛ダッシュで追い付いて来られるかもしれない。
そう思いながら、弥栄庁舎エイド到着。
201609222031169b6.jpg


ぐわぁTの集団がおられたので、近寄ってみると、
100kmの部出走の
ストラトさん、井出さん、
誰やねんさん、
初めましてのたーはるパパさんでした。
皆さん元気そう!
でも、井出さんは実は体調悪く、
ここでリタイヤとのこと。
カブトムシさんのことを伝えると、
カブさんと収容バスに乗りますと
おっしゃっいました。
今年もワラーチで出走の井出さん、
お疲れ様でした。

皆さんとお話して、元気でました。

エイドで、梨とぶどうをいただき、
炭水化物が不足しているので、
チビチビおにぎりをもらって
走りながら食べることにしました。
(出たっ)
エイド2箇所で、少々長居したので、
少しだけぺース上げて行きます。
Garminによると、
弥栄エイド含む、33kmラップが8:27。
それ以降、4:51~5:10位で推移しているので、
ペースアップには成功しているようです。

40km表示で、時計を見たとき、
(3:45:10)
「このまま、絶対に4時間以内に、
42.195km地点に到達する・・・!」
その時の私のモチベーションは、
それだけでした。

続きます。
2016丹後ウルトラ60km 2016.09.21 (水)
台風がまたしても、やって来ていますね。
皆様、大丈夫だったでしょうか。



丹後ウルトラレポ、続きです。
スタート直後から。
(画像は、ライングループ他からの借り物です。)

●スタート~10km●
 《実績》 0:56:00
スタート直後、お見送り下さった、
ちょーみんさんご夫妻に手を振ります。
最初の2kmは、混雑、上りもありキロ6強。

そこから恐る恐る、
キロ5:30~5:40辺りに上げていきますが、
しんどさはありません。
5kmを過ぎても身体に変調はありませんでした。

「とりあえず、10kmを60分以内で。」
と最初の目標を定めて、淡々と行きます。

久美浜湾を、ぐるっと回るようなコース。
天気がよければ海沿いのステキなジョギングコース。
あいにくの曇り空で、海は鉛色。残念!

(晴れていればこんなにステキ)
20160920223139b89.jpg


特に暑さは感じていませんでしたが、発汗量は多い。
給水所はコンプリートしよう、と心に決めました。
給水所の間も携帯しているOS-1をチビチビ飲みます。

10km手前の、私設エイドで梨をいただきました。
おいしー(^O^) 梨、大好き。
ありがとうございました。

10kmスプリットを見たとき、
「思ったよりイケている」と思いましたが、
まだまだまだ道のりは遠い・・・

●11~20km●
 《実績》 0:54:00 1:50:48
12km過ぎぐらいからかな?
結構なアップダウンが出現し出します。
「ここが七竜峠?」と思いましたが、
もう少し先のはず。

高低図を思い出しながら、気を引き締めます。
ペースは5:20前後位まで上がっていたので
落とそうと思ってましたが、
この先落ちることを考えて、馬なりで走ります。

上りを登りきったら、上がった心拍もすぐ落ちているので、ひと安心。
やっぱり調子は、思ったより悪くない?
やがて七竜峠に突入。
20160920223137af3.jpeg

意地を張るところではないけれど、
出来たらゆっくりでも走りきって上りたい・・・
でも、無理はしない!と
自分に言い聞かせて上り始めます。

大丈夫、上がれる。
練習コースと同じ位の坂だ。

周りのランナーも、
走っている人がほとんどでしたが、
距離が進むにつれて、歩く人が増えてきます。

私も歩く?
大丈夫、まだ上がれる。
先を行く、あのランナーまで走ろう。

途中、斜度が上がり、「キツイ・・・」と思う箇所もありましたが、
歩こうとは思いませんでした。
何とか6分台前半を保ちつつ、頂上へ。
「やった!」と一人言が出てしまいました。

まだ距離は半分も来ていないけど、
意味もないことかもしれないけど、
走り切れたことが本当に嬉しかった。

生意気かもしれないけど、
「練習が助けてくれた・・・」
と思いました。

頂上のエイドで給水し、
水をかぶりながら、思いました。
20160920224101648.jpg


自分の練習を信じよう。
とにかくフルの距離までは頑張ろう。
当面の目標、フルの距離をサブ4で。

峠を下り始めると、上りで抜いた男性ランナーにガンガン抜かされます。
が、ペースは4:30切ってます。
残りの距離を考えると、私には充分突っ込み過ぎ。
これ以上上げたら、遠からず必ず脚が終わりますので、
ゆるめます。
サブ4ペースの5:20~5:30を保ちつつ、進みます。

●21~30km●
 《実績》 0:55:35 2:46:23
しばらく走ると、港が見えました。
朝茂川漁港エイドです。
・・・ってことは?あれがある?
あれとは、丹後ウルトラ名物、
tenkoさん作製の、「応援横断幕」~

201609202230553a1.jpg


嬉しいo(^-^)o

ありがとうございました。
力になりました。

そして、補給計画では、ここでうどんをいただかなくては。
20160920223057c61.jpg

思ったより量が入ってます。
・・・味が薄く感じる?
汗をかきすぎて、身体から塩が抜けてるんだなあ。
梅干しもいただいて、
うどんにいっぱい入れてすすります。
ありがたい。
だけど自分のキャパでは、一杯が限界だ・・・
ガス欠にならないよう、まめに補給しなきゃ。

エイドを後にして、海岸線を黙々と走ります。
大体サブ4ペースを保ててます。
脚も大丈夫。
次の楽しみは、ブログ村エイド。
そこにたどり着くまでは、絶対元気でいたい。
わざわざ来てくれる皆さんに、
絶対しっかりお礼を言うんだ。

・・・30kmを過ぎた頃、
遠くに見えてきました、
黄色い集団が。

ヤッター O(≧∇≦)o
アレかーーー?

続きます。