加古川マラソン応援 2017.12.24 (日)
メリークリスマスでございます。

昨日は、加古川マラソンの応援に
行ってまいりました。

備忘録として、細々したことも
書き止めますが、ご容赦。

・始発でGO
・鶴橋の乗換スムーズにするためには
 前方車両に乗ること、
 加古川までの切符料金1,320円を
 予め用意すること。
・大阪駅で、快速に乗るまで
 15分、ホームで寒さに耐えたが
 結局座れず。
・サラリーマン風の人が座っている
 横に立ってみた。
 →三ノ宮で降りられたので
  座れた。ヨッシャアァ!
・加古川駅は後ろの車両のが
 階段に近い。
・乗り越し精算は、モノすごい行列。
・貸しチャリは、台数余裕。

加古川駅から、貸しチャリで会場まで。
整列前の、ランナーの皆様に
お声をかけることができました。

皆様頑張れ〜〜

スタート前に、応援隊は、
第一応援ポイントの2km過ぎに
チャリ移動。

皆様応援衣装を装着。

シャンシャン山ちゃんと
サンタK岡師匠。
ヒゲもついてるよ!

20171224kakogawa1.jpg

ピカチュウのTHさん。

20171224kakogawa2.jpg

素のやまけんさんと
パンダかぶった、わたし。
(写真なし)

ほどなくやってきたランナーを
全員みおくって、次の応援ポイントに
チャリ移動。
仮装のままで(笑)。
あーこの集団、誰か写真に
撮ってくれないかしら〜?

ちなみに、山ちゃんは
汗ダクになったそうです…
そして、
ピカチュウは、自転車が
こぎにくいらしい(笑)
→ピカチュウ談

次の応援ポイント、
19km手前位?
しばらく余裕があるので、
各自、腹ごしらえしながら談笑。
仮装のままで(笑)。

昨年は風が強く、大変でしたが
今年は無風。気温も低すぎず
良コンディションだね〜
と言い合っていましたが、
ちょっと暑くなってきた。
ランナーはどうだろう。

やがてトップ選手を皮切りに
トップ集団が通過していきました。
サンタK岡師匠の、詳細な解説をいただき、
大変勉強になりました。

予想どおり発汗が進んでいる
ランナーが多く、暑いんだな
と思っていました。ツラそう。

村人ランナーの皆様も
順調に通過して行かれましたが
多分、問題は復路。
どうか復路も元気で帰ってきて!

道の向かい側に渡って復路の応援。

復路は29km手前になるのかな。
風が出てきました。
やっぱり無風では終わらないか…
ここでは追い風ですが、
多分35km過ぎからは向かい風。
つ、辛そうだ…

何人かの村人ランナーの
撤退情報も入って来ました。
残念だけど、ここまでナイスランでした。
お疲れ様でした。

復路に入ってペースを
落としていないランナーの
フォームをよく観察していると
・肩に力が入っていない
・前傾姿勢
の人が多いようでした。
うーん、わたしももっと、
ランニングエコノミーを
考えなければ。

ゴール手前にチャリで移動。
うわーチャリでも向かい風を
感じるよ〜

ゴール30m手前位の位置で
応援開始。
すでにゴールしていて
間に合わなかった人、ゴメんなさい。

ゴール手前で、皆様の
チャレンジの結果を見届けさせて
いただきました。

届いた方も、そうでない方も
素晴らしいチャレンジだったと
思います。
良いものを見せていただき
ありがとうございました。

アフターに参加できず
ゆっくりお話もできませんでしたが
皆様お疲れ様でした。
応援場所でお伝えしてた距離が
間違っていたりして、
申し訳ありませんでした。
来年また、応援に行けましたら
もうちょい工夫してみたいと思います。

スポンサーサイト
加古川マラソン応援 2016.12.24 (土)
12/23金曜日(祝)、
クリスマスムードたけなわの祝日、
加古川マラソンの応援に行ってまいりました。

(おぐら地方では)木曜日夜中まで強雨。
お天気が心配でしたが雨も止み、
迎えた早朝。
自分は走らないのに、なぜか
「たくさん食べなきゃ!」という意気込みが
止まらない。アカンアカン。
アンタは、意気込まいでエエって。

現地までのできごとを箇条書きにて。
・最寄駅から始発
・鶴橋で乗り換え切符にモタモタしてたら
 一本乗り過ごし
・乗り過ごしたら、環状線次中々来ない
・大阪駅から快速。でも座れないぞ
・座れなければギュウギュウだ★
・それでもいつかは加古川に着く(5分延着)
・8:10着だったが、応援なら8:36着の新快速で。
↑自分のメモになっちゃいました。

さて、待ち合わせのごえもんさんと、合流。
少し後、えーかわさん、山ちゃんとも
無事合流でき、チャリンコ部隊で、会場まで~
ナビゲーターはえーかわさん。
MEMO→
・えーかわナビは、猫道も通る

ザ、河川敷の会場は、ビョービョーの強風。
え、この中を走るの・・・
すでに整列されていた、登録の部ランナーの皆様に
ご挨拶することができました。

20161224190242852.jpg

一般の部の皆様には、応援ポイントで、
ということでチャリチャリと移動開始。
2016122419025598d.jpg


3km付近で待機、ほどなく先頭ランナーが。
我らTEAM関西の先陣は、なーくん!
続いて皆様、元気に通過されます。
皆様、ペース早くない?と心配になるほど快調!
続いての応援ポイントは、19km過ぎ。
移動準備をしてたら、やべっちさん登場!

20161224190240b79.jpg

我々が自転車であることを伝えると
「皆、ランナーとして軟弱だ!」と檄が。
すいません、お先に・・・チャリチャリ・・・
河原を見ると、やべっちさん、有言実行。
黙々と走っておられました。エライ!
MEMO→
・加古川水道橋は強風の際、ヅラが飛ぶ

20161224190806a2b.jpg


到着した応援ポイント、すごい向かい風。
今日走らなくてヨカッタ・・・と罰当たりな
会話をしつつ、おにぎりやパンなど
おのおの、エネルギー補給・・・って、
エネルギー消費してませんが。
ここでごえちゃん、
かねて用意の防寒グッズ(?)を。
虎に見えるのは、きっとたまたまです。
えーかわさん、装着のお手伝い。

20161224190239900.jpg
アナタ、応援頑張ってね♡♡♡

何か、間違った新婚さんみたい・・・?

やがてやってきたランナーたち。
例外なく、向かい風に苦しんでいます。
それでも、声援に応えてくれる人もいて、
応援側としては逆にありがたく思いました。

折り返してくる道は逆に追い風。
心なしか皆さん顔が明るい。
がんばれー

ゴールに近い場所で応援するため、
再度移動。
41kmあたりにスタンバイ。
ランナーズアップデートを見る限り、
なーくん、サブ3いけるんじゃないか?
と、待ち構えていた私たち。
ぐわTが見えたとき、「キターー!」と
叫びました。

201612241902370f6.jpg

恐らく、サブ3を狙っているであろう集団に
ピタリと付いて、シビアな
攻防をしているだろう、なーくん。
いつも笑顔で応援に応えてくれる、なーくんですが、
今は、走りに超集中。
なーくん、そのまま行って・・・!
サブ3、獲って!

・・・どーなった?とジリジリしながら
結果を待っていた私たち。
やがて一本のLINEが。

「ネットタイム、サブ3」。

ヤッター!!
(((o(*゚▽゚*)o)))

今日のコンディションで、
ベストを8分以上短縮するってだけでも
スゴイ。
おめでとうございます。
本当にスゴイよ!

少したって、村人ランナーの皆様も
次々と41km地点を通過していきます。
猛烈な向かい風。楽々走ってる人は
多分一人もいませんが、
皆様応援に応えて下さいました。
苦しいところでありがとうございました!

4時間ペーサー集団にカブさんの姿が
見えたとき、再び大興奮した私たち。
「行ける行けるー」
「サブ4行けるよ~」
とか叫びましたが、通りすぎてしばらくして
ごえもんさんが
「あれ?」と。
山ちゃんも、「あっ。」と言いました。
そう、ややこしいのですが、加古川マラソンは
登録の部と一般の部に分かれており、
登録スタート9:35
一般スタート9:45。

ペーサーは、一般の部にのみ、つくので、
登録スタートのカブさんは、サブ4集団にいると
サブ4には、ちょっと届かない感じに。
カブさん、ややこしい応援して
すいませんでした。
でも、PBに迫るタイム、
素晴らしかったです。

し~やんさんは残念ながら、
痛みのためリタイヤされましたが、
全ての村人ランナーの通過を見届けました。

いやぁ、キツイレースだったと思います。
風が強いというよりは、爆風。
しかも河川敷で遮るものなし。
メンタルも強くないと走りきれないと思います。
思ったレースが出来なかった方もいらっしゃるかもしれませんが、
出走され、走りきっただけで、
私からすると、鉄人だと思います。
本当にお疲れ様でした。
ナイスランでした!
(^∇^)ノ