泉州国際2017 2017.02.26 (日)
泉州国際マラソン後の練習記録。

2/22 23 ゆっくりジョグ 5kmずつ。
2/25 15km PR(Ave4'36")
   アップ&ダウン 4km
   レース中、あんなに出なかった
   4'38"は、すんなり維持できました。
   まあ15kmなので・・・
   この練習中、初めて試したことが。
   大したことじゃないんですけど
   また後日、書きますね。
2/26 RP+15秒走 15.5km(Ave4'50")
   +2.5km RPで。(4'37" 4'36" 4'38")
   +2kmは激坂含むので、Ave6'00"で。
   計20km。




さて、泉州国際の総括。

●ウェア&装備●
ファイントラックメリノスピン
ぐわT
アームカバー
首にbuff
c3fitタイツ
NewBalanceランパン
サンバイザー
グローブ
ハンドハイドレーション

こうやって書くと、厚着ですね。
でも暑いとは一度も思いませんでした。
むしろ日陰は寒さを感じていました。

●食事&補給●
朝食 6:30
おみそ汁、おにぎり1個 バナナ
8:30 電車でおにぎり1個
9:30 会場で赤飯おにぎり

21kmでハニースティンガー
30kmでメイタンゴールド、直後エイドでバナナ

エネルギー切れの兆候はなし。

水分補給が予想外で、
・ハンドハイドレでOS-1 150cc
・16km 20.4km 
・25.2km(2杯)31.25km(4杯)35.6km(2杯)
 40.7km(3杯)

こんなにレース中飲んだの初めてかも。
と、思ってましたが、給水所が少ないので
総量は同じ位なのかな。コップの中身も少なめだし。
でも、レース中、初めて脚攣りの兆候に
見舞われましたし、レース後の執拗な脚攣りも
困りました。
うーん、これからどうしようかな。
ボトル持参か?

●レース運び●
もう、語る資格なしって感じです。
ブログで目標タイムとか、ペースを書いたものの
全く走れる気がしませんでした。
エビデンスは、ただ一つ。
ハーフを4'23"で走りきった、ことだけ。
不安で不安でたまらず、
でも目標を下げることもできず。
その弱気がもろに出てしまった
結果となってしまいました。
もうとにかく、精神的に辛くて辛くて
たまらなく、でもリタイヤする理由は見つからず
30km手前まで、自分を責めつづけながら、
何一つ楽しみを見つけられない
レースでした。
唯一のモチベーションが、ブログ村応援隊。
モンスターブリッジ手前で皆様の姿を
見つけたとき、変な感情なんですが
「私なんかを応援してもらってイイのかな。」
と一瞬思い、でもものすごくありがたくて。
今思いだしても、泣けてきます。

感情的なことはおいといて。
目標を下方修正していったとき
「今、無理なく走れるペース」で
20kmまでを行き、それ以降は
「ちょっと頑張るペース」で行くべきでした。
200分切りを死守するなら、25km、30kmは
せめてあと、10秒ずつ上げなければ。
アクシデントが起こったならともかく
ギリギリで、心臓に悪いようなレース運び
をやらかしていたらあきません。
全然冷静ではなかった、ということでしょう。
二度とやりたくないです。

さあ、今シーズンラストの
さが桜マラソンまで三週間。
目標、レースペース、冷静に判断して
今度こそ悔いのないレースができるように。

勝負はレース前から。
がんばろう!

スポンサーサイト
泉州国際2017 2017.02.25 (土)
泉州国際の前日、シューズ神から、
福音が降りてきました。
(LINEで(笑)。)

「そなたの欲するマナ7 23.5cmは
この店にあるぞよ」

おお~ありがたや。
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

明日レースから帰ったら、買いに行こう。
・・・で、結局、疲労困憊で、行けず。
(ToT)

お店は、車で1時間ほどの場所にあるので
平日は行けず・・・
で、今日。
「もう残ってないだろうな」と思いつつ
ご託宣のお店に行ってみたら・・・

残ってたよーーー!
もちろん試し履きもして、(笑)
やっとやっと、マナ7が手に入りました!
20170225224822b9f.jpg


シューズ神、誠にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
あ、シューズ神は、
副業で壺売りもなさってるそーです(笑)。




さて、泉州国際ですが、
数値から振り返ってみたいと思います。
まず、ペースが上がらなかった点。

ペースは、ピッチ×ストライドです。
直近のレースや練習での数値は、

奈良マラソン 203spm 1.06m
大阪ハーフ 205spm 1.11m
2/4 22kmPR 204spm 1.09m

という感じで、傾向として、ピッチは203~204。
ストライドは最近やっと
平均1.05mを越えられるようになったか、
という感じです。(身長156cm)
ペースが落ち始めると、ピッチでカバーするので
205、210越えは普通。

で、今回のレースですが、

10km 200spm 1.08m
15km 201spm 1.08m
20km 201spm 1.07m
25km 200spm 1.04m
30km 200spm 1.04m

と、私にしては、あまりピッチが回っておらず、
平地なのに、200spm以下も散見されます。
特に25km以降は、ストライドが落ちてるのに、
ピッチも一緒に落ちていっており、
頑張れていない状態だったのが一目瞭然。
うーん、ピッチは生命線だったのに。

必死で走っていた感のある35km以降でも、
202spmとかなので、どうしたんだろう
という感じです。

一つには、今日整体に行ったのですが
「肩甲骨の可動域が、すごく狭くなってる」
「骨盤周りもガチガチ」
と指摘されたのですが、レース前からだったかも。

今回はレース前からものすごく緊張しており、
10kmでダメになってから、ずーーーっと
ネガティブな気持ちで走っていました。
応援隊の前位しか、笑わなかったし。
身体も縮こまっていたのかな。
肩を回すとか、深呼吸するとかすればよかったと
思います。

あまり、分析になっていないまま、
次回総括へ。


泉州国際2017 2017.02.24 (金)
ゴール後、すぐタオルをかけていただき、
動線にしたがうと、給水所が。
ここで、スポドリ2杯、水3杯いただきました。
レースコース上の給水所は、コップに少なめで
入れていただいてましたが、ここでは、ナミナミ。
ゴブゴブ飲んだりましたww

そこを通り抜けた奥にも、
また給水コップを並べていただいている
テーブルがあり、
気がついたら、手にとって飲んでいました。

しばし呆然としていると、
とりしゅんさんが、声をかけて下さいました。
ネットタイムは200分切りのこと!
Cブロックからのスタートでいらっしゃたので
コース上では、ご一緒できませんでした。
多分、これからどんどん速くなっていかれると
思いますので、最初で最後のランデブーの
機会だったかも。
とりしゅんさん、ナイスランでした。

・・・とりしゅんさんとお話してる間にも、
また水飲んでました。
・・・どれだけ飲むねん。

女子荷物受取に向かって歩いていると
ごえもんさんが見えました。
あれー?と思ったら28kmでDNFされたとのこと。
胃の調子、良くなかったもんね。
28kmまで行かれて、ナイスファイト。
「 皆どこかなー 」と探すごえもんさんを
残して、そのままフラフラと
歩いて行ってしまった私。
ごえちゃん、その節は大変失礼しました。
m(__)m

荷物を受け取って、
今日は更衣テントには寄らず、
駅近くの商業施設内にある、
「りんくうの湯」に行くことにし、
上着だけ着て、歩いて行きました。
その道中、ふと気づいて愕然としたのですが、
・・・唇が乾いて、くっついてる。
口の中も、パッサパサ。
Σ( ̄ロ ̄lll)

レポ中書かなかったのですが、
レース中の給水は、

・ハンドハイドレでOS-1 150cc
・16kmからの給水所、コンプリート。
・25.2km給水所から、複数杯を給水。
・一刻を争う状態だった40.7kmの給水所すらも
 複数杯給水。

この上、ゴール後は、
スポドリ2杯、水5杯飲んでる訳です。
すごく発汗してるという自覚もありませんでした。

なのに、この乾きっぷり。
ナニコレ、ナニコレ、とビビりながらりんくうの湯へ。
シューズのひもを解こうとしたら、指が攣りました。
おぅ。でも、レース後は良くあるので気にしません。
続いてシューズを脱ごうと座ろうとしたら、
ビッキーーーー!!
と、左右フクラハギ、右ハム、一気に攣りました。
イッターーーイ!
Σ(ω |||)

・・・風呂屋の入口で、色々なポーズで
(攣らない角度を探していた。)
逡巡するオンナ。・・・不審者すぎる。
どうにか5分位かけて靴を脱ぎ、
コレマタ時間をかけて慎重に服を脱ぎ、
今度は攣りなく、浴場へ。
身体を洗った後、湯船につかり、
は~~★と一息ついて、脚を伸ばしたら、

はうあっっっ!
ΣΣil||li(:.;゚;Д;゚;.:)イテェッッil||li|

脚が、脚がまた攣ったーー!
思わずのけぞると、鼻にお湯がドバっと。
ツーンときて、身体をねじると、
今度は肩と、脇腹も攣った。
・・・もう、なすすべなし。
ねじれたトドのようになりながら
唸っていると、だんだんおさまってきて
一命をとりとめました。←大げさ

着替えた後、OS-1を350ml位一気飲み。
会場でもらった、黒酢ドリンクも一気飲み。
・・・ホンマ、どれだけ飲むねん。

口中のパサパサは、おさまりました。
お風呂屋を出て、トボトボ歩いていると
商業施設のフードコート前で、
本当に偶然、応援隊の

えむさん、サトさん
ちゃうちゃうさん
ごろみさん
※JTT

にバッタリ会えました。しばし立ち話。
アフターには行けない私、直接お礼が言えないのが
とても心残りだったので、
全員ではないですが、
お会いできて、とてもラッキーでした。
応援隊の皆様、あらためまして
本当にありがとうございました。
m(__)m

帰りの道中も、油断すると脚攣りをくらい、
しばしば悶絶しながらも、無事帰宅。
時間経過とともに、
モーレツに情けなくなってきて、
やがてそれは、自分への腹だたしさに
変わっていきました。

レースレポは以上。
次回から、
ダメだった原因を、色々な角度から
検討していきたいと思います。

泉州国際2017 2017.02.22 (水)
続きです。

※ここ以降、<設定>は、
「30kmを2:21'00"で到達。
残り12.195kmを4'50"で行った場合のタイム」
で記述していきます。

●~35km●
《設定》 24'10" 2:45'10"
《実績》 24'28" 2:45'20"
《Garmin》 4'43" - 4'54" - 4'51" - 5'00" - 4'59"

りんくう南で左折して、31.25kmの給水所。
スポドリを2杯、水2杯。
ここではジョグペースに落として
しっかり飲み切りました。

やがてモンスターブリッジが。
応援隊がいてくれるはず・・・
右折して、橋の下をいったん逆方向に走りながら
TEAM50のノボリを探すと・・・
レインボーアフロが見えました。
サトさんが手前で待っていて下さり、
並走してくれます。

少し奥に、応援隊の皆様が!
サトさん、えむさん。
ごろみさん、ちゃうちゃうさん。
ああっ★
かおりんさんも、えーかわさんも!
Choeiさんファミリーも応援して下さってます。
皆様とハイタッチ。嬉しい!
遅れていることは、
アップデートで皆様分かっておられるのかな。
アタシ格好悪い・・・と一瞬思いましたが
全力で応援してくれているのが
すごいパワーで伝わって来ました。
ありがとう。ホントにホントにありがとう!

折り返して、モンスターブリッジひとつめ。

サトさんが「勝負だあぁーー!」と
叫んでくれたのが聞こえました。

上りはピッチ落とさず、リズム良く。
ちょーみんさん奥様の、さちさんの応援。
ありがとうございます。
下りは、脚を使わないで身体を谷に落とす。
34kmラップ、時計では4'58"でした。
大丈夫、あせらない。4分台なら上出来。
2つめの上りで、なーさまとすれ違い。
さすがの安定の走り。
( グロスサブ3、おめでとうございます! )
上り頂点で35km。
もうラップも、スプリットも見ませんでした。
結果的にはそれで正解でした。
今、到達タイムを見ると10秒遅れ。
見てたら多分、心折れていたと思います。

●~40km●
《設定》 24'10" 3:09'20"
《実績》 24'05" 3:09'25"
《Garmin》 4'46" - 4'45" - 4'46" - 5'08" - 4'40"

ここからは3kmちょい、下りとフラット。
ここで稼げなければ終わる。
腕引き注意して、ペース上げろ!
男性ランナーと競り合いになり、抜きつ抜かれつ。
折り返し200m手前で振り切られました。
そこへ、「おぐらさん!」の声が。
わぁーカブトムシさんに、良く似た人がいるー
・・・って、ご本人やん!サプライズ!
ありがとうございます。
まんまと驚きました!

折り返して、復路。
振り切られたランナーは、まだ背中が見えます。
もう一度追いついて、今度は抜きかえす。
追撃している間に、モンスターブリッジ復路上り。
・・・やっぱりキツイ。
しばし弱気になり、考えます。

もし、ネット200分切れても、
それに意味はあるのか。
・・・私には意味はある。
切りたくて切りたくて、切りたかった200分。
奈良でやっと達成できた。
このレースはうまく行ってないけれど、
可能性はゼロではないのに、あきらめたら
もうタイムを目指して走れなくなる。
私はまだ、頑張りたい。
だから、意味はある!絶対に、ある!

下りに入って、再度ペースアップ。
力強く坂を上がる、るみさんとハイタッチ。
るみさんだって頑張ってる。
私も、まだ行く!

最後の上り。
追撃していたランナーは少しペースダウン。
よし、追いつくなら今だ、と力を入れたら、
ビキッと、ふくらはぎが攣りそうに。
イヤーーーここではやめてーーー!
ちょっと力を抜いて慎重に上がります。
途中で山ちゃんとスライド。
元気に走られてます。がんばれ!
坂の途中で、40km。
3:09'25"。
もう、本当に一刻の猶予もない。
余力は全部使い切るつもりで、行きます。
お願いだから、脚、もって!

●~42.195km●
《設定》 10'37" 3:19'57"
《実績》 10'31" 3:19'56"
《Garmin》 4'39" - 4'39" - 0'52"

あとは下りとフラット。
絶対に絶対に最後まで、あきらめちゃだめだ。
とにかく前を行くランナーを見て、
追いかけよう!
もうなり振り構わず、必死で走ります。
あと1km!誰かが叫びました。
左折して、大きいS字カーブを走って・・・

見えた!次の左折で・・・
ゴールゲート!

もつれる脚で、フィニッシュラインを踏み、
時計を止めました。

どうなった!?・・・土俵際、残ったか?

3:19'57"。

本当に、ホントーーに、
首の皮1枚で、つながりました。
脚を削って、ココロを削って、
必死のパッチで守った、3秒でした。
(※ランナーズアップデートは3:19'56")

次回、ゴール後のことを。


泉州国際2017 2017.02.21 (火)
さが桜のゼッケンが届きました。
さが桜は、前日受付がないステキ大会。
よって、参加賞のTシャツも送付されてきます。

20170221221700eb1.jpg

右が今年の。薄いピンクに紫のライン。
ちょいと透け気味かな~★
左が昨年の(バックスタイル)。
気球、(吉野ヶ里遺跡の)高床式住居。
思いっきり佐賀をアッピール♡♡
ごえもんさんに、捧げます。



泉州国際マラソン2017レポ、続きです。

●~20km●
《設定》 23'10" 1:32'40"
《実績》 23'24" 1:32'57"
《Garmin》 4'41" - 4'43" - 4'35" - 4'42" - 4'43"

下方修正すると決めたものの、
どの位で行けばいいのか。
23'20"(@4'40")なら行けるだろう。
すると20km到達は、1:32'53"の予定。
少しでも楽に走るために、マイペーサーを
探しますが、中々ペースが合う人がいません。
そこへ後ろから、5~6人の集団が。
このトレインに乗っかれ~★と
ついて行くことにしました。

するとですね、最初は4'38"あたりで
推移していた集団のペースが、
お互い競い合うように
少しずつ、少しずつ上がって行き、
23kmラップは4'35"。
・・・あかん、早い。

トレインから慌てて降車。
悲しく一人旅を続けます。
結局、20km到達は、1:32'57"。
下方修正した設定にも、こぼれました。

●~25km●
《設定》 23'10" 1:55'50"
《実績》 23'47" 1:56'44"
《Garmin》 4'44" - 4'40" - 4'52" - 4'46" - 4'45"

・・・どうしよう。4'40"も無理だ。
本当に、しんどい訳でもなく、
脚が痛いわけでもないのに
見えないストッパーが付いているかのように
ペースが上がりません。
やがて貝塚の交差点を通過。
ここから細かいアップダウンが出現しだします。
短い、緩い上り。
辛いわけではないのに、23kmラップ4'52"。
とうとう、4'45"が切れなくなってきました。
1kmの何と長いことか。
ペースを確認するためではなく、
進んだ距離を確認するために、
ひんぱんに時計を見るようになりました。

●~30km●
《設定》 23'10" 2:19'00"
《実績》 24'08" 2:20'52"
《Garmin》 4'56" - 4'47" - 4'56" - 4'43" - 4'47"
※注意!ここからしばらく陰気な記述が続きます!

・・・どこまで落ちていくんだろう。
4'55"を見て、慌ててまた上げて。
そんなことを繰り返しているうちに
ペースを上げてきたランナーに
どんどん抜かれていくようになりました。
それはもう、ガッサガサと。
沿道のおじさんに、

「ねーちゃん(遠目なのでね)
何やっとんねん。
めっちゃ抜かれてるやないか~」
と言われました。

いつもなら、
「作戦、作戦!」位のことは言い返せるだろうと
思うのですが、弱ったココロには
グッサーと刺さりました。

・・・ホンマや。アタシめっちゃ格好悪い。
うつむき加減で走っていたら、
また、別のおじさんから
ヤジが飛びます。

「何やねん、脚全然上がってないやないか~
ハハハ~★」

・・・そうなのかな。もうフォームも
全然ダメになってるのかな。
3:16'00台なんて、何かの間違いやったんかな。
もうタイム目指して走らんでもいいんちゃうん?
このままキロ5で走れてたら
3.5は切れるんちゃうん。
それで十分ちゃうん。
好きなことしてるはずやのに、
何でこんなに悲しい気持ちで続けなアカンの?

今なら、

「知らんオッサンに言われたことに
いちいち傷ついとって、
オバチャン稼業ができるかー!
顔上げろー!」


と自分に檄を飛ばしたいところですが
その時は、乙女のよーに(キモww)
打ちのめされていました。

やがて、松原交差点を左折します。
もうちょっとで30kmだ、
と思っている私の横を、一人のランナーが
通りすぎました。

お顔も拝見していないので、
完全に想像なのですが、
多分60代位の男性。
力みのない、それは軽いフォームで
楽々ペースを上げて行かれます。
(ナーバスになっているので妄想気味です。)

60代(想像)で、30km近くから
ペースアップできる走力。
決して楽な練習はされていないだろう。
しんどいことも多いにちがいない。
でも、この人はやり遂げているんだなあ。

付いていかなくちゃ、ではなくて
その方の走る後姿を、もっと見ていたい。
その気持ちから、知らない間に
ペースアップできていました。

29kmラップ、4'43"。

・・・上げられた。上げられたよー!
(;_;)

結局その方には、付いていけなかったのですが、
気がついたら30kmでした。

30km到達、2:20'52"。

200分を切るためには、
残りを4'50"で行けるなら、
30kmの到達リミットは、2:21'00"。
頭に叩きこんでいる数字です。

・・・まだ間に合うかもしれない。
グロスはムリそうやけど、
ギリギリ、ネットなら。
待ち受けるは強敵モンスターブリッジ。
どうなるかわからないけど、
やってみる価値はある。

いざ、勝負!

(続きます。)