鯖街道ウルトラ 2017.05.29 (月)
「ヒドく弱っちゃってる」宣告にビビって
再度整体に行きました。

脈診をしていた先生、急にブハっと笑い出し、
「回復してるなぁ~★
いやぁ、アナタやっぱり、しぶと・・・
イヤ、タフだねぇ~」

・・・(-_-)

・・・わーほめられちゃったようれしいなー(棒読)

ということで、昨日ジョグしてみました。
10km、キロ6:30あたりで。
心肺は全く平常通りなのに、
脚だけが走り始めたばかりの頃のように
重だるい状態でしたが、とにかく走れた!
よし!
一夜明けて本日、筋肉痛もなし。
脚も昨日よりスッキリ。
今週末にはスピ練再開できるといいな。




さて、鯖街道ウルトラ77km、
振り返りと、ひとり反省会。

●シューズ●
ジャパンブースト2

ある程度ガチランの本鯖ランナーの場合、
シューズの選択は本当に悩ましいと思います。
ロードシューズでも、走り切れますが
ガレ場、砂場の多いトレイルでは苦しむ、
という感じでしょうか。
歩いて上るにしても、ガレ場は上りにくかった。
杉峠以降の下り基調を、ガチるために
重いバハダ、薄いマナ7は避けての消去法
でしたが、うーん・・・
何履いたって、最後はキツイよね。

周りの本鯖ランナーは、トレランシューズが
多かったです。「ロードシューズですやん!」と
驚かれた場面も何回かあったので、ミスチョイス?

●装備●
モンベルクロスランナー7リットル
ノースフェイスランT
パタゴニアストライダープロショーツ
 2XUゲイター
 サンバイザー
 c3fitソックス
アームカバー
CW-Xスポブラ
ランナー腹巻
手ぬぐい

高気温の予報でしたのでファイントラックはなし。
ただ、暑さに苦しんだのは、70km以降でしたので
あってもよかったかも。
とにかくバックパックの擦れ問題を解決したい~
レース後、一番長く苦しんだ点でした。
(現在進行形)

●食事●
3:30起床。4:00過ぎにミニどん兵衛とおにぎり一個。
5:00過ぎ会場で、おにぎり一個。
起床~5:30位までにOS-1一本空けた。

●補給●
エイドが10kmごとということで
水分補給は必須と考えて、
350mlペットボトルを2本、前ポケットに
挿しました。
更に500mlペットボトル1本
350ml1本をバックパックに。

計1550ml。

結論から言うとちょっと持ち過ぎでした。
エイドで、前ポケの350mlには補充していけたので
バックアップ用は最大500ml、
エイド間隔が短くなる、杉峠以降は、
バックアップ無しでも良かったです。
百里小屋エイド以降は前ポケ350mlの一本は
かぶり水用にしていましたが、私には正解でした。

一方、食べ物の方。
ランパンにジェル3つ。
(ハニーアクション、ハニースティンガー、
 じゃむ屋のジェル)
バックパックにおにぎり一個。

手持ちの消費は、ジェル2つ。
あとはエイドで賄えました。
炭水化物は、下根来エイドでパンとバナナ。
百里小屋エイドで、そうめん。
久多エイドでもらったおにぎりを、
歩きながらちびちび食べました。
フルーツのあるエイドではフルーツコンプリート。
コーラもたくさんいただきました。
ガス欠の兆候はなし。
丸腰の本鯖ランナーが結構おられましたが
皆様、補給少なくていいのねぇ・・・うらやましいな。

●レース運び●
まず、距離自体が未経験の距離なので
プランの立てようがありませんでした。
根来坂峠までのロードは5'20"前後で行くこと。
半鯖のボリュームゾーンを避けたいので
久多エイドに10:30迄に到着できたらいいな
と思っていたこと位でしょうか。

ただ、私のストロングポイントは、
アップダウン後の下りで、ペースを上げられることなので、
55km以降が下り基調になる、このコースは
決して不利なコースではないと考えていました。
しかしそれも、脚が残っていればこそ。
どうなるか、全く不透明でした。

で、どうだったかというと

「前半は、ほぼ予定通り」
「下りは思ったよりペースを上げられなかったが
 脚は、まあ残っていた方ではないか。」
「上り全然ダメ。顔洗って出直してこい。」

ですかねー。

8位入賞できたとはいえ、5,6,7位の方は
皆様、8:30'00"カット。
お話にならないタイム差です。
表彰式遅くなってすいませんでしたーって感じでした。
では、私があと30分縮めるためにはどうするか
といえば、「上りを走れるようになれ。」ってことだと
思います。できる気が全くしませんが(笑)。

本当にタフなコースでした。
キツイ、と数え切れない位思いましたが
出なければ良かったとは、一度も思いませんでした。

笑われるかもしれませんが、
鯖運び人であることも、私には支えでした。
77km、必死で遊んで来ましたよ!

一週間経って、全部楽しいことになってるので
「苦しいのを楽しんだ」、かな。
それが来年であるかは分かりませんが、
出るなら、ぜひまた、本鯖で。
そう思っています。

長くなりましたが、わたしの本鯖レポ、
これにて終了!
お読みいただきありがとうございました。


★おまけ情報。★
「リアル鯖運び人」。
運んだ鯖も、鯖袋もいただけます。
(リタイアしても、もらえます。)
申し込みは無料ですー★
先着38名。

スポンサーサイト
鯖街道ウルトラ 2017.05.28 (日)
本日から、りょうたさんプレゼンツの
エア柴又が開催されていますね!
次々とあげられる、皆様の力走速報を
拝見するたびに、胸を熱くしております。
皆様、どうぞご安全に、頑張って下さいませ!

鯖街道ウルトラが、あと一週遅い開催なら
それでエア柴又60kmにエントリーできたのに~
(>_<)
いまだにジョグすらロクにできないポンコツぶりで
あらためて60km走ることなどできそうにもなく、
エアエア柴又参戦も難しそうだ・・・
草葉の陰から(←違)見守っております・・・

さて、本鯖レポ。本日ゴールします。

●70km~71km鴨走エイド~ゴール●
6'42" 5'45" 5'51" 5'40" 7'38"
75km 8:48'50"

6'03" 4'27"(0.6km)
Goal 8:59'21"

71km地点で、地元京都の鴨川走友会がご提供下さる
豪華エイド「鴨走エイド」。
ミストシャワーでお出迎え下さいました。

201705272351201f2.jpg
(画像はLINEグループからお借りしてます。)

ほえー天国・・・
ドリンクをいただく前に・・・

20170527235118b35.jpg
(画像はLINEグループからお借りしてます。)

イター!ゆるりんさん!
超速女子のゆるりんさん。
今回、本鯖にエントリーされていて
ご一緒できるのを楽しみにしていたのですが、
無念のDNS。(ToT)
でも、エイドでお会いできてよかったー★
ありがとうございました!

鴨走エイド名物、かき氷もしっかりいただき、
リスタート。
半鯖ペアには、
「お先に出発します。抜かして行って下さいね。」
とお声かけしました。
あと6km。

・・・が・・・猛烈に暑い(;´д`)・・・・

鴨川の河川敷に降りる前、信号ストップでつかまりましたが、
止まっていてもクラクラします。
・・・これは、大丈夫なのか・・・?

鴨川の河川敷に降りました。
大の苦手の河川敷。

20170527235118b1e.jpg
(画像はLINEグループからお借りしてます。)

平地なのですが、ペースが上がらず
5'40"を切れなくなってきました。
時折、応援して下さる方もあるのですが、
お礼を言うのが精一杯。
半鯖ペアが 「ゴールで!」と言いながら
追い越して行きました。

・・・あーもう着いていけないペースだ・・・

でもまだ、キロ6は切れている。
「ウルトラは気持ち」という言葉を
繰り返しつぶやきながら、
延々と続くかに見える酷暑の河川敷を走ります。

74km過ぎ。突然、息が入らなくなりました。

・・・ちょっと!何でここまで来て、急に!?

多分、暑さで脳がストップをかけているだけ。
手持ちの水で、かぶり水をし、
ぬるいスポドリを飲んだら、吐き気が(泣)。

・・・どうする?止まる・・・?

この時点でタイムは、8:41'00"過ぎでした。
8'45'00"まで、歩こう。
そう決めて歩きに切替え。
大きく深呼吸しようとしますが吸えない。

腹立たしい位、いい天気の空を見上げながら
少し泣きたい気持ちでした。

やがて8:45'00"を十数秒超えた時。

「ウルトラは気持ち」。
もう一度繰り返して、走り始めました。

すこしずつペースをあげて、
リアルペースは6'10"位。

・・・まだ走れているのだから。

多分ヨボヨボでみっともない姿ですが、
とにかく走れてはいます。

橋を渡って、対岸にいたスタッフの方が
「あと1km!」と言ってくれました。
実感のないまま、ヨボヨボで進み、
一体ゴールはどこなのか、1kmってガセじゃないのか、
と思った頃。

唐突に、デジタル時計とゴールテープが見えました。
時計は8:59'00"を回ったところ。

9時間切れるやーん!と慌ててダッシュ。

・・・走れますやんか・・・

やったああ!自分最長距離、ゴールできたよ!
タイムは8:59'21"。
ギリギリすぎる、サブ9でした。

完走証をもらってキョロキョロしてたら
半鯖ペアを見つけたので近寄って
心からお礼をお伝えしました。
本当にありがとう。
あなた方がいなければ、9時間切りは無理でした。
女性ランナーさんは、
丹後ウルトラ100kmに出走されるそう。
私は60kmなので、コース上のどこかで
お会いできたらいいなあ。

本当に、出走前からレース後に至るまで
色々な人に力付けてもらい、助けていただきました。

特に私設エイドを出していた方々。
ものすごい山の中なのに、
応援に立って下さっていた方々。
あなた方のおかげで、無事ゴールすることが
できました。ありがとう!

もちろん運営の方、一緒にレースを走った方々にも。
本当にありがとうございました。

完走賞。焼き鯖つき。
20170527235117fb4.jpg
(画像はLINEグループからお借りしてます。)

おまけ。小浜から運んだ鯖。
20170527235121591.jpg

酷暑で、気の毒な事態に・・・(;_;)

鯖街道ウルトラ 2017.05.27 (土)
筋肉痛もほぼ癒えたので、整体に行きました。
(ひどく痛いときに行ったら地獄を見る。)

77km走ったことは申告していたのですが、
脈診していた先生、ひどくビックリした様子で

「おぐらさん、ど、どーしちゃったのー!
ヒドく弱っちゃって~~!」
とおっしゃいました・・・
イメージ的には「命の灯」が小さくなっている???
感じだとか??

Σ( ̄ロ ̄lll)

ま、まさか死期が近いわけじゃなかろーねっ!?
今週はもう、走りません・・・恐すぎる。

(画像はすべてLINEグループからお借りしています。)
●60km~65km鞍馬エイド●
4'58" 5'05" 5'47" 5'29" 5'55"
65km 7:50'48"

勾配が少し緩んだこと、脚が下りに慣れてきたことで
ペースは少し上がってきました。

そしてここに来てアドレナリンがドバドバ出てきて
走れていることが楽しくて仕方ない。
あー60km走ってなかったらな。
もっとガンガン下るのに。

201705270005069a6.jpg

杉木立の中に響き渡る、応援のカウベル。
ウィンタースポーツや自転車競技みたいで
めっちゃテンション上がります。
何度も場所を変えて応援してくれた男性2人組。
どうもありがとう!

20170527000508dcc.jpg

楽しかった下りも終わって、鞍馬エイド。

20170527000509a7b.jpg

コーラやフルーツをいただきました。

●65km~67.5km市原エイド~70km●
4'59" 5'12" 6'10" 4'53" 5'11"
70km 8:17'14"

鞍馬エイドで、「あ、鯖のおねーさん★」と
女性ランナーが声をかけてくれました。
見ればさっきの下りでも声をかけてくれた、
半鯖選手の男女ペアでした。

何となく一緒にエイドを出るタイミングが
同じになり、走り始めましたら、
ペースがちょうどいい感じ。

男性が女性のペーサーをされてるっぽく、
男性もピッチ速めで、走りやすいので
「後ろ、着かせていただいてもいいですか。」
とお願いしてみました。

もし、カップルでいらっしゃるなら、お邪魔かな~
と思ったのですが、快く了解いただけました。

で、走りはじめたら、どんどんペースが上がり
リアルペースでは4分台に( ̄□ ̄;)。

でも65km以上走って思考能力もすっかり衰え
色々マヒってきているため
「行けるところまでこれで行こか~」
と、ぼえーっと着いて行きます。

人気の観光地、鞍馬。
201705270005114fe.jpg


少し奥に入った貴船は、とてもステキな場所で
私のイメージでは「大人のデートスポット」って感じなのですが。
そんなステキな場所を、汗ダクで走ってる。
ご丁寧に鯖までしょって(笑)。
色気がないにもほどがある(涙)。

さて、そんなことを考えているうちに
あっという間に市原エイドに。

水かぶり2回で、リスタートしました。
市原エイドを出ると緩やかですが上り坂です。
でも、色々マヒってることもあって
歩いて上がることは全く選択肢にはありませんでした。

先にエイドを出た私に、半鯖ペアが追いついてきて
前に出て下さいました。

やった、走って上がり切れた~(;_;)
ペースもそう悪くない。

とにかく何があっても70kmまでは
絶対にこの人たちに着いていこうと決めて
とうとう70kmまできました。

よし、よくやった、私。
せめてあと2km着いていく。
何も考えず、脚を動かせ!

(続きます。次回ゴール。)

鯖街道ウルトラ 2017.05.25 (木)
レースから4日。
まだ走れそうにはないですが、
脚はだるい・・・って感じではあるものの
下り階段は普通に降りられるようになりました。
\(@▽@)/

・・・が、地味なダメージに苦しんでいます。
バックパックの擦れによる、傷。
テーピング貼ったり、タオルはさんだり
色々やったのですが、右首筋にひどい擦れ傷が
出来てしまい、服にすれるため治りが遅い!
ずっと地味に痛くて痛くて・・・(;_;)

20170525233807391.jpg

玉のお肌が~~~(←嘘)

(以降、画像はLINEグループからお借りしてます。)
●50km~55km杉エイド●
6'15" 5'50" 7'43" 12'40" 9'15"

55km6:54'17"

ロードの上りを走ったり歩いたりした後は下り。
ペースを確認しながら、不思議と
焦りはありませんでした。
50kmを過ぎて、まだキロ6を切れている。
止まりたいとは思ったが、
やめたいとは思っていない。上出来だ、と。

ヨッチさんが萩往還250kmを完踏されたときの記事で、
「エイド間の距離を目標に走る」という記述が
すごく印象に残っていました。
途方もない距離だけど、
そうやって積み重ねていくのか・・・。

私が走る距離は、その三分の一にも満たないけれど、
私には最長距離。
残り距離をカウントはしないで
エイドからエイドの距離をがんばろう。
まずは最後の峠、杉峠を越えて 56kmの杉エイドまで 。

杉峠、斜度はすごくキツイわけではないのですが
石がゴロゴロで、ガレてて走り(歩き)にくい。

201705252338158f4.jpg

でも道幅は広いので後ろからのプレッシャーは
ありません。
やや早歩きっていう感じで上がって行きます。
周りのランナーのメンツは、結構固定されつつあって
そこを半鯖選手が抜いていくっていう構図でした。

・・・ところでさっきから、私の前を行く、
ボーダーシャツにハーフパンツの男性。
(スポーツウェアではない。)
両手にビニール袋を下げて、差し入れを持って、
コースの途中まで応援に行くのね。大変だわねぇ・・・

ところが、彼はずーーーっと上っています。
???どこが応援ポイント?
もしかして、杉エイドに何かを届ける人?
うわああー気の毒やなあ~

ボーダーシャツの彼のことが気になっているうちに
杉エイド到着。
やった。
20170525233821c82.jpg

・・・で、ボーダーシャツの彼を見ると、

Σ( ̄ロ ̄lll)

本鯖のゼッケンつけてはりました・・・
ランナーやったんですね。
ビニール袋下げて、小浜から走ってきはったんですね。
・・・何か色々とスゴイ。

杉エイドでは、フルーツ、コーラ、サイダーなどを
いただき、かぶり水3回。
氷をもらって手ぬぐいにくるみ、首筋を冷やしました。

さあ、ここからは鞍馬までダダ下り。
次の目標は64km鞍馬エイド。

●55km~60km●
8'45" 7'31" 9'49" 6'06" 5'47"

60km 7:23'33"

急勾配の激下り。
下り始めたら、ものすごい前腿への負担です。
イッターーイ。
痛くない接地位置を探しながら、
思ったより上がらないペースは気にしないことにします。
とにかく前に進まなければ。

そう、「前向いて走ったらゴールに着くで」
「前向いて走ったらゴールに着くで」
「前向いて・・・」

・・・エ??
((((;゚Д゚)))))))

20170525233823333.jpg

まさかのご本人登場。

サプライズ応援で、エイドまで。
ご挨拶して、コーラとスイカをいただきました。
いしきちさん、ありがとうございました!

いしきちさんとお別れして、すぐに杉木立にはためく、ぐわぁT。
キターTEAMハマッキー応援隊!
ハマーさんは、本鯖にエントリーされていたものの
春先の怪我で無念のDNS。
今回は、女子部員マッキーちゃん、
ドッグ部員こじろうさんも参加の
フルメンバーで応援して下さってます。
遠いところまでありがとう!

20170525233841a2a.jpg

相変わらず、半鯖の選手にはガンガン抜かれていきます。
追い抜きざま、

「本鯖、お疲れ様~」
「頑張りましょうね」
と声をかけてくださる方もあり
嬉しかったです。

「あっ、本物の鯖!」と声をかけてくれた半鯖選手の男女。
「小浜から背負ってきました~」と言ったら
爆笑してはりました。
よし★o(^▽^)o
背負ってきた甲斐があった。

勾配が少し緩んだこともあり、ペースは少し上がりました。
やがて60kmに到達。

レース前、60kmを過ぎたとき
自分がどんな気持ちで走っているだろうか、
と思っていました。

私は何を考えていたか。

・・・タイムとペースの暗算をしていました。

残り17kmをキロ6で行き切れたら
9:06'00"をちょっと切れる位。
行ききれるだろうか。行きたいな。
・・・よし、行こう!

(続きます)

鯖街道ウルトラ 2017.05.24 (水)
筋肉痛は、すこしずつ回復しているのですが
今日、下り坂で走ろうとしたら、
内転筋が、攣りました・・・
もしかしたら、週末まで走れないかも。

鯖レポ、続きです。

●40km~45kmオグロ坂峠●
8'11" 10'49" 14'24" 19'11"06'06"

45km 5:23'46"

久多エイドを出て、しばらくは走れていましたが
林道に入って、ちょっとキツイ感じに。
ここは無理せず歩きます。
周りもほとんどが歩いているのですが、
そんな中、ものすごいペースで走って上がって来る
ランナー達が。
半鯖のトップ選手達が追いついてきました。
(半鯖は、この地点で7km位?)
ひゃー!ペースはっやー!

ゴロゴロ大きい石が多くて、中々進みにくい。
20170524212845ead.jpg
(画像lineグループから借り物)

この先シングルトラックになるので
後ろから抜いていく半鯖選手が、多くなってきました。
やがて、道は、九十九折れの険しい
シングルトラックに。

20170524212847429.jpg
(画像lineグループから借り物)

もう走れるようなところではありませんが、
後ろから急いで来るランナーには、寄れる所では
端によって、道を譲りました。

2017052421284844c.jpg
(画像lineグループから借り物)

本鯖と半鯖はゼッケンの色が違いますので
ゼッケンを見れば、どちらの選手かすぐわかるのですが、
段々、ゼッケンを見なくても、後ろ姿で
わかってきました。

生気のない後ろ姿が本鯖。(笑)。
もちろん私も。

前との距離が開くと、「詰めろよ」といわれているようで
小走りで距離を詰める。
詰められた方はあせって、ちょっとペースをあげて
差を開けようとする。
(以下ループ)

そこへ半鯖の選手が、ガンガン追い抜きをかける。
40km以上走っている私たちが、疲れているのは
当たり前なのですが、こうも抜かれていくと
「自分は相当ダメになっているんじゃないか」
という気になってきます。

おまけに、先の見えない 九十九折れの急坂。
上がる息、上がらない脚。
前の本鯖選手が、ちょっと小走りすると
「ええ!走るの!?」と軽い憎しみすら覚えます(笑)。

いや、もう笑ってる場合ではなくて。

止まりたい。止まって休憩したい。
私は段々、それしか考えられなくなりました。
でも一旦止まったら、もう進む自信がない・・・

速くは上がれないけど、坂ではつぶれない。
・・・いや、キッチリつぶれてるから、アンタ。

もしかしたらここは酸素が薄いのでは
と思う位、ゆっくりしか進めません。
バックパックの前ポッケに350mlペットボトルを
さしていたのですが、空になってしまいました。
バックパックから、補充しなくては
と思うのですが、止まりたいけど止まるのがコワイ。
そうこうしてる間に、頭痛がしてきました。

・・・ああ、もう水分補給しなくてはマズイ。
ちょうどやや広くなっている場所があったので、
止まって、バックパックから水分を補充しました。
ついでに、グビグビ。
はーっとため息をついて、前を向くと。
・・・唐突に上りが終わっていました。
44km手前。
オグロ坂峠頂上までの高低差472mを上がるのに
52分以上かかりました。
・・・長かった。本当に長かった。

201705242128486ab.jpg
※42kmから44kmが九十九折れになっているのが
お分かりでしょうか。

一転、下り坂の走り易そうな道に転じていますが
なぜかゆっくりしか走れません。

●45km~47km尾越エイド~50km●
8'03" 8'08" 8'35" 5'55" 9'22"

47km 5:39'58"
50km 6:03'47"

糸が切れた感じになって、かろうじて走っているものの
8分台が精一杯。
ようやっと、尾越エイドに到着し、名物冷やしあめ、
コーラをいただきました。

201705242130107e8.jpg
(画像lineグループから借り物)

48kmすぎてロードに出ました。
49km過ぎで、応援されていた男性に
「ここからながーーい上り!」とハッパをかけられ
内心暗いキモチに(笑)。
なるほど、上り坂だね。
歩いたり走ったりで上がります。
絶対に走って上がる!という気力が
かなり削られているのがわかりました。

だけど、行かねば。

(続きます。)