FC2ブログ
2018.07.30 (月)
7/28、長居公園で開催された
「長居ぐるぐる」Final。
所用で参加できない予定だったのですが、
台風のおかげ(笑)で予定が変わり、
参加することができました。

2018073023080058c.jpg

といっても、周回の苦手なわたしは、
あまり走らず、エイドのお手伝いを
するつもりだったのですが。

2周走ってはエイドで休憩、を
繰り返して、6周、計16.8kmでした。

かおりんさん、5年間本当にありがとう。
すばらしい練習会でした!

20180730230814491.jpg
(よくがんばったニャ
 by長居のネコ)





さて、霧島・えびのエクストリームの翌日。

AM2:30すぎ、スマホのアラームが
枕元で鳴りました。

その日7/23の13:30に、宮崎空港で
レンタカーを返却しなくてはいけないのに
前日すべてを放棄して寝ちゃったので
荷物はとっちらかったまま。

でもよく寝たおかげで、アタマは
すっきりしました。
24時間入れる大浴場でひとっ風呂あびて
行動開始。

まず荷物を片づけて、チェックアウトの用意。
そして、予定していた登山の用意をしました。

エントリー時は
えびの高原まで行くなら
ぜひ韓国(からくに)岳に登りたいと
思っていたのですが、
4月に、登山口のある硫黄山が噴火し、
入山制限がかかってしまいました・・・

自然相手のことなので、仕方ないのですが
じゃあ後泊しなくてもよかったよね、
とか思ってしまってたのですが、
(レース後の疲労を考えると
 後泊でヨカッタです・・・)
6/28に、入山制限緩和され、
大浪池登山口からは、登山可能になりました!

もうこれは行かねば、と
大浪池登山口から韓国岳登山を
計画しました。

AM5:00過ぎ、チェックアウトし、
車で45分位の
大浪池登山口目指して出発。
少し小雨が降ったりしていましたが
雨雲レーダーを見る限りでは
天気は回復傾向でしたので
補給を調達するために立ち寄った
コンビニで朝食を食べながら
空待ち。

少しずつ明るくなってきた中
えびの高原に向かいます。
(3回目(笑))

20180730230037c4f.jpg

レースのスタート&ゴールだった
えびの高原キャンプ場。
静かな日常に戻っています。

途中、野生のシカ達が道路を横切りました。
あわててスマホで撮影しましたが
ブレブレ~(笑)
残念。
(奈良県民ですが野生のシカは別腹(笑))
(↑食べる訳ではない)

大浪池登山口は、
レースで、
最初に入ったトレイルの入り口の
丁度向かい側。
10台くらい止められる駐車場があります。
平日ですが、既に2台くらい停まってました。

道路の向かい側のお手洗いに行き
7:00過ぎ、登山開始。

20180730230116d51.jpg

34kmとはいえ、ガチで走ったレース翌日。
カラダ、痛い・・・

今まででレース後、
一番カラダが痛くなったのは
2017年の全鯖でした。
その痛みを10とするならば、
今は6くらい。
(フルの後は2か3くらい)
サクサクは動けない。

事前におとしているルートによると、
ルート長 8.4km
標準コースタイム 4時間ちょい
とのこと。

昼前には宮崎空港に向かって
いないといけないので
お風呂に入ったりとかのことを考えると
遅くとも10:30には下山していないと。

ちょっとがんばらないとだけど
ピークまで行けるかな・・・
登りは意外に行けるんですけど、
下りがつらい。
(宿の階段下りるの決心が必要でした(笑)。)
一抹の不安を抱えながら
石畳の登山道を登りました。

2018073023011192c.jpg

1.2kmほど上がったところで
景色が開けました。
…おお、まさしく火山帯。
荒涼とした風景は近畿圏では
絶対に見ることができません。

2018073023011471b.jpg

20180730231713000.jpg

大浪池を周回するルートは
東西に分かれておりどちらからでも
行けます。
わたしは東ルートに進みました。
整備されてるものの
岩が乱積されてる上りを上ります。
大きな岩をのぼったら…

20180730230354cee.jpg

大浪池が見えました!
霧がかかってますが、とても静かで神秘的。

20180730230401514.jpg

振り返ると、広がる絶景!

20180730230403f2a.jpg

うう…(;_;)来てよかった…

そこからは少し勾配が緩みました。
「走れるところだから走らなきゃ」
って思ってしまって苦笑(笑)。
もう〜〜〜
レースは終わったよ!

下り基調に入って、やっぱり苦戦…
下り、つらい。

そうこうしている間に
韓国岳ピークに向かう分岐につきました。
ここまで3.4km、1:12'00"ほど経過。
山頂まで1.2km。往復2.4kmか。
1時間かからずに行けるだろうか。
登り始めましたが、500mほど行って
ペースが全く上がらないことを
自覚しました。

いつもの1.3倍くらいかかってる。
今日はダメだわ。

ムリに登って下りで更に辛くなるのが
イヤでした。
ピークに上がらなくても、ここまでで
十分美しい景色を見せてもらった。
楽しい、と思える範囲にしておこう。

引き返して、大浪池周回西ルートに入りました。
西ルートは、比較的フラット。
そこから見る大浪池は
霧も晴れて、美しいブルーグリーンでした。

20180730230405ee2.jpg

いつもよりゆっくりペースで下山。
結局、7km、2:22'00"の登山でした。

戻ってきたら車が増えていて、
これから登る方々が準備中。
ご挨拶すると、
気さくに話しかけて下さり、
奈良から来たことを言うと、
お仲間がドッと集まって来られました(笑)。

このルートは本当にキレイなのに
しばらく入れず残念だったこと。

規制が解除されても天候が悪くて
なかなか来られなかったこと。

今日来られて、とても嬉しいこと。

などを、口々にお話しして下さいました。
うんうん、皆様、遠足前の小学生の
表情ですものね(笑)。

また、

遠い所から来たアナタに
この自慢のルートを登ってもらえて
とても嬉しい。

とも。

ありがとうございます!
そんな風に言っていただけて
わたしこそとても嬉しい!

皆様の記念撮影に
なぜかわたしも、入れていただき(笑)
とても温かい気持ちになりました。

お見送りして、わたしも出発。
朝9:00から営業している、
関平(せきひら)温泉へ。

20180730230448568.jpg

20180730230031287.jpg

ぬるめのいいお湯でした。
ここでも、お風呂でご一緒した
地元のご婦人の皆様に、
温泉の効能やら、地元情報やら
家族事情やら(笑)
色々お話しいただいて
おもしろかったです。
この温泉、単純アルカリ泉で、
皆様、ほぼ、毎日通われてるとの
ことですが、
特に神経痛系や、膝関節痛には
とても効くとのこと。
それよりも、なによりも
皆様、とても美肌でした!
(推定70代以上のご婦人方)
温泉の効能?
うーん、通いたい…(笑)

温泉でのんびりした後、
霧島神宮に参拝し、宮崎空港へ
向かいました。

201807302304571ad.jpg


あー。
こんなことが、あるから
ツラいレースが、楽しかったことに
すぐ上書きされちゃうんですよね。

お世話になった皆様、
誠にありがとうございました!


スポンサーサイト



2018.07.05 (木)
わたしは近鉄電鉄の株を、
ささやかながら所有しているので
年2回、一日乗り放題切符が、
送られてきます。
7月末に使用期限が迫っていたのですが
やや、乗りテツの夫が、
しまかぜ に乗りたい」と
言い出しましたので、
目的地は伊勢、賢島方面となります。

協議の結果、

10:40ごろ
奈良線西大寺駅から、しまかぜに乗車

12:00過ぎ
伊勢市駅で下車

伊勢神宮 外宮(げくう)参拝

内宮(ないくう)まで
約3km走っていき参拝

また3km走って伊勢市駅まで戻る

16:30過ぎ、伊勢市から
普通の特急に乗車して帰る。

という、ダンガンな
スケジュールとなりましたが、
7/1実施致しました。
しまかぜのダイヤと、老犬のお世話を
考えると
(どちらかが19:30位までには帰宅要)
どうしても
このスケジュールになってしまいます…
特急料金は別途必要なので
ぜいたくっちゃーぜいたくな伊勢詣り。
まあ、仕方ない。

さてさて、当日。
西大寺駅から、しまかぜに乗車しました。

20180705200848c43.jpg

20180705200846bb2.jpg

まあ、豪華な座席!
ランシュ、ランウェアで申し訳ない…
リクライニング、フットレストは
全て電動。
おまけに腰部分には
何とマッサージャーまで付いている!

20180705200847fae.jpg

なんか、この座席だけで、
軽自動車一台分くらいの値段だとか。

観光列車ですので、
サロン型の座席も充実〜

201807052008501db.jpg

カフェ車両もありまして、
お茶や食事もできるよ〜
安い訳じゃないけど法外に高くもない。

201807052008510be.jpg

2階と1階に別れていて、
2階はいっぱいでした。
1階で、赤福を注文してみました。

20180705200943fb8.jpg

20180705200945457.jpg

240円なのに、ちゃんと席まで
運んできて下さり、申し訳ない…

停車駅が少ないせいか車掌さんも
とても親切で、
「写真お撮りしましょうか?」
と何回も聞いて下さいました。

201807052009473dc.jpg
(最後尾車両から)

快適に伊勢市に到着。
コインロッカーに荷物を入れて
外宮参拝。
20180705210335103.jpg

いつ来ても、贅沢な空間だな〜と
思います。大好きだ。

2018070521083063d.jpg

うーん、ヘボ写真では伝わらない・・・

お参りを終えて、次は内宮へ。
約3km。
バスに乗る人が多いのですが、
ランナーなら走ってもいいと思いますよ(笑)

いくつかルートがあるのですが、
往時の歓楽街だった、古市街道を通ります。

江戸時代、江戸の吉原、京の島原と並んで
「三大遊郭」と言われた伊勢の「古市」。
戦争の空襲により壊滅的な被害を受け、
消滅してしまいましたが、
唯一当時の面影を
そのまま残し営業をしているのが
創業200年、麻吉旅館です。

20180705211034dfb.jpg

急斜面に沿って作られた建築様式は
5層6階 木造の懸崖造りで、
国の登録有形文化財にも指定されています。

201807052110478ac.jpg

20180705211053d5f.jpg

多分、同じ様式での建て直しは
消防法にひっかかっちゃうかも。
末永く頑張っていただきたいものです・・・

201807052113096f6.jpg

ここだけ時空が違うみたい。
旅館としても営業現役なので
ぜひ、一回泊ってみたいなあ。

201807052114489db.jpg

いつ来ても人が多い内宮。
広い駐車場は満車で、待ち時間45分と
なっていました・・・

20180705211459391.jpg

いつも人は多いのですが、
わたしが行ったことのあるどの場所よりも
清々しさを感じる場所です。
なんでなんでしょうかね?
全ての調和がとれているように
感じるというか・・・

20180705211516456.jpg

御手洗場の五十鈴川。

201807052115307eb.jpg

どーです、対岸の石積みの、
この直線ぶり!スゴイよ。
川には入っちゃダメよ。
手を洗うだけね。

201807052119110ba.jpg

20180705211918830.jpg

お参りを終えて、
おかげ横丁をぶらぶら。
スゴイ人・・・

20180705211932538.jpg

201807052119385b7.jpg

赤福本店も大盛況。
氷赤福の季節ですね。
人が多すぎて、ワタシたちはパス。
(伊勢市駅前にも店舗あり。
 そちらはゆっくりできます。)

伊勢市駅まで走って戻ります。
今度は御木本道路を通って。
3kmだけなので、それぞれのペースで
走ろう、ってことで、
灼熱でしたが、4'45"でムダに頑張りました。

外宮前で、Garminをストップしました。
ランとお参りウォーク、
合わせて11.5km強でした。

20180705212422d16.jpg

201807052124238d5.jpg

夫が追いつくのを待って、
駅前のホテルのお風呂だけ利用。
伊勢市駅前も再開発で
オシャレになったわね・・・

20180705212750fdb.jpg
(借り物画像)

予定どおり、4時半過ぎには伊勢市駅に向かい
今度はフツーの特急で帰路につきました。
現地滞在時間、4時間強(笑)。

さて、いらねぇ情報ですが、
今回食べたもの。

お昼ごはんは伊勢市駅前のお店で
海鮮丼&伊勢うどんのセット。

わたしは伊勢うどんが好き。

うどんにはうるさい関西人ですが、
ペヤングがペヤングという独立した
食べ物であるように(笑)
(※ちなみにペヤング食べたことない。)
伊勢うどんも、伊勢うどんという
独立した食べ物です。

あ、牧のうどん(やわ)も
独立した食べ物だわ。

・・・なのですが、今回は失敗~~
申し訳ないのですが、
伊勢うどんではなく、
「ゆですぎたうどん」でしたね・・・
こんなことなら、しまかぜの中で
お昼ごはんを食べてみたらよかった、
というのが
夫との一致した意見でした。
あ、海鮮丼はおいしかったですが。

201807052128041e8.jpg


あと、オシャレになった駅前に
「参道terrace」っちゅーオシャレカフェが。
20180705212746aac.jpg
(借り物画像)

ステキなスイーツが色々あったのですが

20180705212817cfa.jpg
(借り物画像)

「伊勢神泉謹製カステラ」が
おいしそうだったので
頼んでみました。

20180705212801ad3.jpg
(借り物画像)

おお!おいしい!
福砂屋のカステラを
もすこしあっさりさせたみたいな。
底のザラメの粒が大きくてかみごたえあり(笑)

行きの電車で赤福食べたし、
10kmしか行動してないのに、食べ過ぎだ。

でも、ダンガンでも
何回行ってもお伊勢詣りはいいなあ。
今度はもう少し広範囲で
マラニックしてみてもいいかもね。


2018.06.20 (水)
下山して駐車場に戻り、
売店で、ソフトクリームなど食べながら休憩。

あ、わたしの大好物の熊本名物
「いきなり団子」があったので、

20180620west01.jpg

あとのお楽しみに
買っちゃいました。
(さつまいもとあんこがinされた
 神的なおまんじゅう)

まあ、それはどうでもいいのですが
kinさんのご案内により、
もうひとつ楽しみにしていた
アフター温泉、
国民宿舎・久住高原荘
立ち寄り湯まで車で移動しました。
立ち寄り湯は500円ですが、
9日・10日は「久住の日」で
久住高原エリアのお風呂は
半額だそうです。
ラッキー。

250円では申し訳ないような
広々とした大浴場で登山の疲れを
癒しました。

はー大満足。

・・・着替えがないことを除いては。

あ、下着類・靴下と
なぜが奇跡的に入っていたタンクトップは
着替えましたよ?
最低限の尊厳は守られた。

長袖Tと登山用キュロットはそのまま・・・
でもさすが登山用。
超乾きが早くて、カラカラに乾いてました。

それぞれ帰路につく皆さまとは
ここでお別れ・・・(;_;)

わたしは大分市内に戻らねば。

ちょっとハナシがそれますが、
竹田市・豊後竹田駅。
そこには5/20から、
ねこ駅長・ニャーさんが
駅長業務にいそしんでおられます(笑)。

そこから電車に乗る予定だった
まどかちゃんと、送っていったkinさん
による、貴重なショット。

勤務時間外のねこ駅長(笑)。
いーですね、この仏頂面。

20180620west02.jpg

日曜日だから人がたくさん来るから
(見込み)
ねこ駅長、勤務前、
強制入浴されましたね?
そして自然乾燥ですね?
(ちょいと毛がパサッてる)
そりゃー上機嫌ではいられませんな・・・

でも自由に生きておられるようで

20180620west03.jpg

ココロなごみました。
あーわたしもついてけばよかったな。

さて、1時間半強ほどで、大分市内に
戻ってきました。
ホテルで着替えて、ひとりアフターに。

2月の別大のときは全く立ち寄れなかった
別府温泉方面に再度車で向かいました。

竹瓦温泉。

20180620west04.jpg

昭和13年建設の唐破風造り。
雰囲気あります・・・
入浴だけなら、100円!安い!

中はこんなカンジ。

20180620west05.jpg

お風呂は脱衣所から、階段で
浴槽と洗い場に下ります。
お湯はワタシ好みの熱め!43度!
身体には悪いかもだけど、
やっぱり風呂は熱くなきゃね!

こころなしか筋肉痛のタネも
無くなった感じが・・・?

人は意外に少なかったです。
朝は6:00から営業してるそうです。

窓口にはひっきりなしに
外国の方が来られており、
受付のご婦人、奮闘されておられました。
「ばす、おんりー?」
「ばす、あんど、さんど?」
(砂風呂があります。)
単語でもじゅうぶん意思疎通はできてました!

付近の商店街の一角は
昭和の香り満載・・・

20180620west06.jpg

さて、風呂も堪能したし、次は晩御飯。
いろいろ悩みましたが、
長考の結果、とり天発祥のお店という
東洋軒まで車移動。(別府市内)
第3駐車場までいっぱいでしたが、なんとか
駐車でき、お店へ。

20180620west07.jpg

20180620west08.jpg

…ええ、この量、完食しましたけど
なにか?

カラシとユズポン酢でさっぱり
食べられる、とり天でした。

大分市内に戻るのに
走っているのは、別大の時通った場所。
スタート地点のうみたまご前や
別大バンク。
25km過ぎて左折して
ビル風が逆巻いてた道。
季節も時間帯も違いますが、
大会のことを思い出して
ちょっとセンチメンタルな
気分になりました。
また来られるとは思ってなかったな…

ホテルに戻って荷物を整理。
22:30には眠りにつきました。

翌朝、5:00すぎに起床。
6:30にはホテル朝食会場前で
開場待ち(笑)。
有料朝食でしたが正解でした。

20180620west09.jpg

20180620west10.jpg

どっちかってーとご飯向けのおかず
でしたが、どれもおいしかった!
とり天もあったよ。
料理うまい主婦の料理だったな。
レシピの想像しながら食べました。
大分グリーンリッチホテル都町に
宿泊の方は、ぜひ朝食もつけて!

7:15チェックアウトして
最後の目的地。
「別府地獄めぐり」をまだしてない〜

20180620211558415.jpg

大分空港近くにレンタカーを
返却するのは9:00。
せめてもの観光地「海地獄」に
着いたのは開園5分前の7:55。
大雨ですが、ベタな観光したい…!
8:00開園で空港までの移動距離を
考えると8:20には、ここを出なくては。
開園と同時に、ダッシュ!

ハイ、熱帯性睡蓮!

20180620211620690.jpg

ハイ、赤池!

20180620211609502.jpg

ハイ、温室!鬼睡蓮!

201806202116170dc.jpg

ハイハイ、海地獄〜〜!

20180620211622e3a.jpg

そしてこれだけははずせない!
おみやげの地獄蒸しプリン!
(別大のとき食べられなかった…)

20180620211644cfd.jpg

かなり異様な観光客ですが
他に人もいないし、もういーわ(笑)。

200分切りランナーの走力を生かし(違)
予定どおり8:20前には出発しました…
行った!という事実が重要なの…

さあ、強雨ですが時間があまりない。
カーナビの到着予定時刻を
じりじり詰めていきながら、
レンタ屋に着いたのは、8:57でした。
(ドヤァ٩(๑òωó๑)۶ ←バカ。)

こんな次第で
とてもとても楽しかった3日間が
終わりました。
あー九州はホントにいつ、どこに行っても
楽しいなあ〜

ご一緒いただきました皆様、
ホントにお世話になりました。
いつも押しかけちゃって
ごめんなさいね〜〜
でもまた遊んで下さいね〜〜
m(__)m
 

2018.06.19 (火)
中岳から下りて、
今度は中岳の双耳峰である
天狗ヶ城へ向かいます。

201806192302343af.jpg

先ほどの御池が
見下ろせるはずなんだけど、
うーん、よくわからない・・・
晴れているときに
もう一度来てみたいなあ・・・

天狗ヶ城の山頂へ到着~

ハイハイ、記念撮影ですよ~

20180619230454f84.jpg

天狗ヶ城を降りて
20180619230232861.jpg
20180619230239dd8.jpg

お腹すいたね~と言い合いながら
避難小屋の広場に戻ってきました。

登山ツアーなのかな?
同じお弁当を広げられてる
たくさんの方で、避難小屋の中も
広場も大にぎわい。

20180619230456079.jpg

20180619230454fc2.jpg

幸い雨はこやみになってきていましたので
外で休憩することにしました。

2018061923050281c.jpg

バーナーとコッヘル持参のヨッチさん。
いいなー。
わたしも遠征じゃなきゃ、
持ってきたかったな~
山で食べるカップラーメンって
おいしいですよね…
でも、忘れちゃったお箸が
天から降ってきてよかったね(笑)。

お湯を沸かしてコーヒーを
ふるまっていただきました。

201806192306271de.jpg

気温が高くないので、
温かいコーヒーおいしい・・・
ごちそうさまでした。

20180619230504c6f.jpg

お手製のザックカバーがステキなkinさん。

20180619230623af9.jpg

まどかちゃんの
「レッグカバー」。
う、ウォーマーじゃないのね…?

広場からゴロゴロ岩場を
上がって、
さて、ここからどうする?というハナシ
になりました。
「扇ヶ鼻」というちょっと
マイナーな頂があるとのこと。
下見に何度か来て下さったkinさんも
行ったことない、ということですが、
時間もあるし、じゃあ行ってみましょうか~
というカンジで、向かったのですが・・・

これが大正解でした。

20180619231557441.jpg

ちょっとガスってるんですが
それがかえって幻想的で、
ちょっと、あの世とこの世の
境のような…
違うか(笑)。

201806192318399d2.jpg
ミヤマキリシマとメンズ(笑)。

20180619231837054.jpg
同じくウィメンズ(笑)。

201806192318553f4.jpg

結構な急坂もありつつも…

201806192315594a5.jpg

20180619231552006.jpg

美しい風景の中だから平気。

2018061923184062f.jpg

山頂〜〜

牧ノ戸の登山口に向かって
下っていると
正午は回っているんですが
上ってくる人がたくさんいます。
皆様ハングル語でしたので
韓国からのお客様ですね。
登山ツアーがあるんですねー
カラフルなウェアが印象的でした。

駐車場に到着〜下山!
あー楽しかったー!
天気はイマイチでしたが、
皆様のおかげで、ホントに
楽しい登山でした。
わたしの登山とは思えないほどに(笑)。
はるばる奈良から来た甲斐が
ありました。
ルートや季節が変わったら
また楽しさも変わるんだろうな。
ぜひぜひまた、来たいと思います。

(も少し続きます)

2018.06.19 (火)
6/18大阪で、8:00前に発生した地震。
わたしは地下鉄で通勤中で
ちょうど森ノ宮駅で扉が開いた直後でした。
ドカンと大きい衝撃で車両が揺れて
え?発車するの?扉が開いているのに?
と思ったら一斉にスマホが鳴り響き
地震なんだと気づきました。
しばらく後、電車を降ろされ
駅構内からも出されて。
そこから肥後橋の職場まで歩きました。
(6kmくらい?)
いつもと全く変わらない風景に
地下鉄だけが止まっており人があふれて
みな、下を向いて一心にスマホをいじっている。
ちょっと異質な光景でした・・・

震源地の大阪北部では
余震が続き、ライフラインも一部止まっているとか。
お見舞い申し上げます。
どうかこれ以上被害が広がらず、
一日も早く日常が戻りますように。



-----------------------------------------------------
くじゅう登山の思ひ出、続きです。
(多くの画像をLINEグループから拝借しています)

20180619west01.jpg

牧ノ戸登山口は標高1333m。
だいぶ標高を稼いだ地点からのスタートです。
とはいえ、スタート直後から舗装路ですが
けっこうな坂。
昨日の登山のせいで脚が重い・・・
でも長くは続きません。すぐなだらかになります。
天気は曇りですので、残念ながら眺望は望めません。

20180619west02.jpg

しばらくはなだらかな道を進んで
岩場が出現。
アラ、子供さんも登ると聞いていたのに
わりと激しい・・・?

20180619west03.jpg

20180619west04.jpg

しかし昨日に比べたら天国(笑)。

岩場を乗り越えると、またなだらかになりました。
沓掛山(1503m)はいつの間にか通り過ぎた??

それにしてもなんて視界が開けた山でしょう。
左右に山々が広がっているのが
ややガスっている状態でもわかります。

20180619west05.jpg

こんな山登り、関西近辺では考えられない・・・
通信もずっと安定して入っている!
すごいな~九州だな~~
広いんだな~~

お目当てのミヤマキリシマは、
ちょっと盛りを過ぎてるかな?
でも十分にきれいです。
20180619west08.jpg

20180619west09.jpg

時折ごろついた岩場を越えていくのも
またアクセント(笑)。
下りきったところに広場になっている平地があり
お手洗いと避難小屋がありました。
「久住別れ」です。

20180619015209d76.jpg

ここでポツポツ雨が。
あーやっぱりもたなかったかぁー

遠征で山登りに行くと、小雨になる確率が
高いわたし。
雨女疑惑をかけられて
イヤイヤイヤ違うし~~
と思っていましたが
やっぱりかなり疑いが濃厚かも(笑)。

各自雨具を装着して、久住別れを出ました。

ちょっとガスってきたかな~~
周りの眺望が白くて何も見えないのが残念。

20180619west07.jpg

とてもなだらかな道ですが、
山頂に近づくとさすがに勾配が上がります。
ゆっくり上がって・・・
着きました!久住山山頂!1786.5m!

20180619west10.jpg

記念撮影をして、さあ降りましょうというとき
ヨッチさんが、「あー忘れてた!」と
叫びました。
え?なにか落とした?忘れ物?と
思いきや・・・

20180619west11.jpg

コレでした(笑)。
「てっぺんまできました」を広げて
山頂ショットTake2(笑)。

さあ今度こそ大丈夫。
いったん下って、今度は
九州最高峰1791mの中岳を目指します。
ルートはkinさんが案内してくださるので
安心ですし、これでもか!と
ペンキで印がついているので
迷いようがない気がしますが、
それでも今日のような霧が濃いときは
不安になりますね・・・

kinさんは、まどかちゃんと後ろを歩いており
ヨッチさんとお話ししながら、
ペンキマークを頼りに歩いていると・・・

あれ?こんな山の中に水が見える??

20180619west12.jpg

一瞬自分がマボロシを見ているのかと
思いましたが、そこは確かに池。
御池というそうです。
西側にある火口跡の空池よりも標高が
高い位置にあるのに
不思議なことに涸れることのない水が
たたえられているのだそうです。

霧につつまれた山中の池。
それはそれで神秘的でステキでしたけど、
晴れているとこんなにステキ!
エメラルドグリーン!

20180619west13.jpg
(画像借り物)

そして冬には全面凍結し
ソリやスケートを楽しむことが
できるときもあるとか!!

20180619west14.jpg

20180619west15.jpg
(いずれも借り物)

えーいいなあ。いつか雪のくじゅうに
来てみたいなあ。

kinさんとまどかちゃんと合流し
ゴロゴロ石を回りこみながら、
勾配を増してきた道を上って
中岳山頂を目指します。
風が強くなってきた・・・

ひときわ高くなっている岩場を上ると
着きました!中岳山頂!!

ちょっと足場が悪いうえに
風が強いのでややコワい・・・

ハイ、記念撮影。

20180619west16.jpg

わたしが邪魔しちゃってますけど
1791mですからね。

九州最高峰の上に立つ、
高身長のオトコ、kinさん。

201806190133041eb.jpg

瞬間、九州で最高身長のオトコに?(笑)

風がビュービューなので長居はできないカンジ。
いったん降りましょう。

201806190133128f9.jpg


でもまだまだいくよーー

(続きます。)