街道ラン 2017.04.22 (土)
第5回の1 神末(こうずえ)~美杉

2015/7/25(土)。
朝6:30頃最寄駅から電車に乗り、近鉄榛原駅へ。
一番早い出発の8:09発の奈良交通バスに乗り
終点の掛西口まで 約50分揺られます。

掛西口で、御杖村ふれあいバスに乗り換え。
御杖村ふれあいバスは、村営のマイクロバスで、
なんと無料!
行きたい地名を運転手さんに告げて、
一番近い停留所で止めてもらうシステムです。
村の方が数人と、登山に行かれるらしい男性と
わたしで、計5人位乗っていました。

20170422003418c66.jpg

前回ゴールに近い、神末(こうずえ)辻本で
降ろしてもらったのは、9:40過ぎでした。
パッキングを整えたり、マップをセットしたり
準備を整えて、走りはじめたのは
10:00前になっていたと思います。
メッチャいいお天気。暑くなりそう・・・

田園地帯をポクポク走って、丸山公園へ。
丸山公園内の岩坂峠を下ります。

2017042200355927f.jpg

苔むした岩がゴロゴロで、滑りやすいので
気をつけて・・・
途中、姫石明神。
岩がご神体で、婦人病にご利益があるとか。

20170422003600a89.jpg

岩坂峠を下りきったら・・・・

201704220037037a6.jpg

ヤター!三重県突入!
R369と合流したり離れたりしながら、
伊勢奥津(いせおきつ)を目指します。
伊勢奥津は、JR名松線の終点の駅。
ですが、2009年の台風で、途中の家城から
電車は通っておらず、
駅は観光案内所になっています。

20170422003820312.jpg

20170422003819483.jpg

(※2016年3月に全線再開)
ここまで、7.7km。

奥津の町は、かつては宿場街。
今は旅館などはありませんが、街道筋の雰囲気はありますね~★

2017042200391524b.jpg

奥津を抜けると登り基調になって来ました。
登りながら、持参のおにぎりをモグモグ。
再び、薄暗い杉木立の道を、一人で走ります。
そんなシチュエーションなのに、
「腰切り地蔵」という恐ろしい名前のお地蔵様が・・・
き、きっと山賊とかが出没して、旅人の胴を
真っ二つに・・・きゃあーー

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ペースを上げて走り抜けます。

一旦R369に出ますが、またいで、山道へ。
20170422004141098.jpg

201704220041436a0.jpg

飼坂峠です。

20170422004143b6a.jpg

さあ、登るぞと思っていると、なんとGarminが
電池切れ!充電がうまく行ってなかったのかなー。
肝心なときに~(ToT)

まあ仕方ありません。
パワーウォークで、ガシガシ上がります。
ここには、「首切り地蔵」があるとか・・・
モウエエ、モウエエ★

1km位上がったでしょうか。

20170422004145b90.jpg

頂上には「展望台」への道があったので
上ってみました。
伊勢本街道の峠で、初めて眺望が広がる頂上でした。

201704220041465bc.jpg

ここを下れば、美杉道の駅は、もうすぐ。
道の駅は、ルートからは外れるのですが、
補給と休憩の都合上、必要です。
美杉道の駅までで、14km。
暑いですが、まだまだ元気です。


スポンサーサイト
街道ラン 2017.04.21 (金)
第5回の0 出立の前に

お伊勢ラン話、続きです。

前回、奈良県で最も東にある
御杖村に到達しました。
さあ、いよいよ、
お伊勢のある、三重県は目前。

2017042023554593e.jpg


けれども、問題も出てきました・・・

●残り距離は70km強ですが、
 私には一日で走れる距離ではない。
●前回終了地点の御杖村からリスタート。
 家から御杖村までの移動時間を考えると、
 早朝からのスタートは難しく、
 仮に9:00から走れたとしても、
 9時間位。
(※一応、安全面を考えて、走るのは
  日没1時間前までとしていました。)
 ルートを探しつつ山間部も走りつつの
 街道ラン。
 順調に走れたとしても、45km~50km
 行けるかどうか・・・?
●次の終了地点からリスタートするとき、
 大変になる・・・

以上の理由で、一泊二日で最後まで
行き切るのがよいと考えられました。

一応、兼業主婦である身なので、
二日丸々、家を空けるためには
諸々の準備と根回しが必要です。
(我が家の場合)
いつできるんだろう、シーズンインしたら
もう無理だし・・・と思っていたら、
意外に早く好機が巡って来ました。

7月の末、有休取得奨励日で、月曜が休み。
夫の都合を聞くと、
週末私が出かけても大丈夫そう。
真夏だけど、もう、ここでやるしかない。

急いで計画を練りました。

宿泊できそうなホテルは、
相可に1軒、その先の多気に1軒。
あるいは多気から、松阪まで行けば、ホテルは多い。
でもその場合、翌朝のスタートは松阪から。

20170420235546fd9.jpg

201704202355473df.jpg


御杖村に行くには、榛原または名張からバス。
一番早く着く手段をとっても、
御杖村到着は10:00前になります。
走れる時間は、8時間位か。

結局、相可(おうか)のホテルに
予約を取りました。

次に装備。
最優先は、水分補給です。
調べると、御杖村から約5kmで観光案内所、
約10kmほどで道の駅あり。
約20kmほどで、国道に合流し、
バスが通っている。
500mlペットボトルを常に3本持つように
補給できそう・・・?

食べ物も、もちろん持参しなければいけません。

エスケープルートは、20kmまではなし。
国道に合流したら、相可行きのバスがある。
何があっても、20kmだけは行ききらなければ。
前回のようにロストを何回もすると
体力も気力も消耗するし、
炎天下を走らなければならないので
下手すると命にかかわる。

kazさんのマップをプリントアウトさせいただき、
番号をふりました。

ビニールの小さいファイルに、
常に2枚マップを入れ、
手にもって確認しながら走る。
マップのエリアを通過する直前、
必ず止まって確認し、
次の番号のマップと入れ替える。

というマイルールを決めました。

荷物を背負って走ることを考えると
着替えは最小限。
真夏なので、夜洗っても、翌日乾くと期待して
ランウェアの着替えはなし。
●下着と帰りのTシャツとハーフパンツ
●レインウェア
とにかく補給を最優先にパッキング。

あ、そうそう。
絶対持っていかないといけないものが、一つ。
「走り切るココロ」。
これがなきゃね。

前日の天気予報では、予想最高気温35度。
さすがに心配する夫に、
当日の予定表を渡しました。
20170420235543b5b.jpg


これは道楽。
必死でやる、わたしの道楽です。
道楽の最中に、何かあっちゃ、粋じゃない。
肝に銘じて、いざ出陣!
(続きます。)

街道ラン 2017.04.18 (火)
まずはご報告から。

夫・たくやん、無事に長野マラソンを
完走いたしました!
一日後泊して、長野観光を楽しみ、
昨晩無事に帰宅しました。

最高気温23度にもなろうかという酷暑の中、
サブ4を死守する健闘を見せました!
パチパチ(・∀・)

20170418221522fcc.jpg

Σ( ̄ロ ̄lll)
マシンや・・・うちには5'30"マシンが住んでる・・・

いやー身内びいきでお恥ずかしいですが、
見事なイーブンペースですねー★

最後が上がっているのは
「キツくて早く終わりたかった。」(本人談)

激沈Tを着ていたことで、
周りを走っていたランナーさんにも
たくさん声をかけてもらえたとのこと。
喜んでおりました。ありがたや。


さて、わたくしのお伊勢参りランで、
前回出てきました、御杖村。
その御杖村プレゼンツの、楽しいレースが
5月14日に開催されます~★
ドドン。
伊勢本街道観光マラソンinみつえ

20170418221524109.jpg

御杖道の駅をスタートし、
方向としては、伊勢→大阪 ということに
なりますが、伊勢本街道を走る11kmレース!

20170418221521e62.jpg


でも計測は自己計測。
「森林浴ゾーン」として、歩くべしのゾーンあり。
参加賞には、お米4合!

興味のおありの方は、エントリーいかがですか?
私はもちろん、エントリーしましたよ!
鯖街道の一週間前だけど!

前記事の通り、御杖道の駅まで、
街道を走らなかったので、
このレースのルートはまさに
空白のルートだったのです。
参加したくて、中々できなかったので
今年こそ行くぞ!
おー!

エントリーは24日まで!
皆様、お急ぎ遊ばせ★

街道ラン 2017.04.17 (月)
第4回の2 石割峠~御杖(みつえ)

(※地図以外の画像は全て借り物です。)
さて、坂を登ったり下ったりして、しばらくすると
集落に入り、そこにお寺が見えました。
あ、ここが専横寺かな。
境内に入るも、抜けていく道がありません。
・・・?。まだ先にお寺があるのかな。
お寺を出て、もう少し先まで進むことにしました。
下っていたこともあり、どんどこ走って、
とうとう集落の外れに来てしまいました。
そこに、標識が。
「室生寺方面」。
・・・しまった。ロストした・・・
どう考えても見当違いの方向に来てます。
201704171823241be.jpg

戻らなければ。
・・・でもちょっと待って?
ここまで3km近く、気持ちよーく下って来たよね?
・・・と、いうことは同じ距離を・・・
の、登るのかぁ・・・
_| ̄|○ ガクッ


のろのろと引き返し、しぶしぶ坂を上がって
再び集落の中へ。
どのお家も、見事な大和棟
でも、3軒に2軒は、雨戸も閉まって
人が住んでいないよう。
ここは便利な場所とは言えない地域。
少し車で走れば、榛原や名張といったプチ街に
出れますが、車が運転できる前提です。
ご高齢の方が、ずっと生まれ育った土地で
暮らしていかれるのは
難しいのかもしれません・・・

多くの地方が抱えているであろう問題を
目の前で見て、少ししんみりしてしまいました。

・・・だけど、坂はきついよね!
(ええ、自業自得です。)

ヒーコラ言いながら、先ほどのお寺に
戻ってきましたがやっぱり、
見落としている道はありません。
仕方なく石割峠の分岐へ戻り、再度マップを確認。

・・・ここで、バカすぎることに気づきました。
マップは、右に行けと書いている。
それは進行方向に向かってだよね?
アタシ、石割峠の看板の方向、つまり逆方向を向いて
右に行ったやん・・・
しかも6kmもロストしてもーた・・・
結局、専横寺は見つけられず、
県道に出てきて、見えたのは
「血原橋」というちょっと恐ろしげな名前のバス停。
動揺していたのか、ここでも逆方向へ行ってしまい
2.5km程のロス。
ちょっと嫌になってきました・・・

とにかく先へ進もうと、マップを頼りに、
道路を行くと、「黒岩口」のバス停がありました。
注意して分岐を探し、
道標を見つけたので脇道へ入りました。
20170417182815d20.jpg

次に目指すは山粕峠(やまがすとうげ)。
里山ののどかな道をトコトコ走って、山粕峠の分岐へ。

2017041718295283e.jpg

20170417182955232.jpg

20170417182958429.jpg

ここも杉林に遮られて、眺望は望めず。
ほどなく頂上へ着きました。
標識があります。
20170417182959688.jpg

下りは、2箇所位、小川を横切る場面があり、
怖々渡りました。
20170417183349221.jpg

やがて、車の音がしてきて・・・
R369に合流しました。
はー。明るいところは、ホッとするわ~★
20170417183651cfc.jpg

ここから、鞍取峠(くらとりとうげ)の入口までは、
延々R369を行きます。
時折、「名張行き」のバス停があり、
「やめるなら、ここだな・・・」とチラッと頭をよぎりますが、
まだ行けそうなので頑張ります。

マップによると、進行方向の反対車線にあるバス停に
自販機とお手洗いがあり、
その裏側から峠へ上がる道があるとか。
・・・見えました。赤い屋根の建物と自販機。
20170417183520b8c.jpg

榛原を出てから、ロストも含めて、29km弱。
初めて見る生きてる自販機です。
ここでお手洗いと補給。
その後、鞍取峠に向かい、
九十九折の峠ではありますが、20分程で下りてこられました。
下りて来たところは県道。ほどなくR369に再合流。
桃俣という所です。

そこで、またやっちゃいましたー(>_<)
一旦反対方向に走って行ってしまい、2kmロスト。
20170417183730f72.jpg


ここで、御杖村からの帰りのバスのことを考えました。
ここまでの時間経過は、

石割峠頂上(10km)1:16:30
大ロスト引き返し前(14km)1:46:52
山粕峠頂上(26km)3:21:34
鞍取峠頂上(29km)4:00:00
桃俣ロスト後(32km)4:25:00

御杖村のバス停まで、残り11.5km程。
バス出発まで、1時間ほど。
キロ5で走れれば間に合う・・・ってムリムリ。
次のバスは、その2時間後。
もうユックリ行こう・・・
Garminの電池も切れたので、ここからは計測なしです。

本来の街道は、時折集落の中に入りますが、
もうロストしたくなかったので、R369を
延々と走り&時折歩き、ようやくゴールの
道の駅伊勢本街道 御杖」 に到着~★
(※本来のルートからは外れています。)
201704171840299d6.jpg


ここには、お風呂「姫石の湯」もあって、
ホコリまみれの身体をきれいにできました。
風呂上がりには、
親子丼とうどんのダブル炭水化物摂取!
その後、すぐ側のバス停から、名張行きのバスに乗り
1時間弱ほどバスに揺られて、名張まで。
バス代が1,000円位かかったので、
遠いんだなあ・・・と実感しました。

色々ありましたが、とりあえず無事に到着できて
よかったー。
ちょっとしたアドベンチャーランでした。

お伊勢さんまで、あと71km。



街道ラン 2017.04.15 (土)
今朝、夫・たくやんが、長野マラソンに向けて
出発しました。
激沈Tで出走予定です。
激Tが、見知らぬ土地で走る夫に、少しでも応援を
増やしてくれるといいなあ。
がんばれ~夫!



第4回の1 榛原(はいばら)~石割峠
(※画像は全て借り物です)

2015/6/7。AM7:30。榛原駅付近の駐車場に車を停め、
駅から少し歩いたところにあるコンビニで、補給購入。
自販機が27km位ないとのことですので、
手持ちの350mlペットボトルに加えて
500mlペットボトル2本購入。
気温はあまり高くないので、ギリギリ大丈夫かとは
思いますが、大事に飲もう。

この回から、地図持参。
kazさんという方が、それはそれは詳細で分かりやすい
マップを公開して下さっていて、携行版は有料ですが、
画像印刷は無料で許可して下さっていましたので
必要区間分プリントし、持参しました。

コンビニを出て、いざ出発。
20170415194908bea.jpg

宇陀川にかかる朱塗りの橋の
向こう岸には墨坂神社がありますが、
失礼して進み、R369へ。
車がバンバン通ってますので注意して隅っこを走り、
5km弱ほど行くと、高井集落へ分岐。

集落から、山へと上ります。山中ですが、舗装です。
20170415195241258.jpg

しばらく行くと「旧旅籠 松本家」の立派な建物があります。
すぐ先に「千本杉」があって、ハイキングの方なども、
ちらほらおられました・・・ここまでは。
20170415195052be0.jpg

趣のある、「右 いせみち」の道標に従い進みます。
201704151950512a3.jpg

・・・従って進んでいるはずですが、
どんどん人は少なくなり、
とうとう私ひとり。
道も未舗装路というか、山道になって来ました。
本当にあっているの?何度も何度もそう思いましたが、
「おいせまいり」の白い木札がかかっているので、
合っている、はずです。
20170415195406d3a.jpg

不安に思いながら走っていくと
山道の途中に、「諸木野関所跡」の石碑が。

20170415195506b79.jpg

あーやっぱり合ってる。よかったー★
説明板によりますと、室町時代に、政府ではなくて、
荘園領主によって設けられた関所で、
通行料による経済効果を狙ってのことだったようです。

室町時代から、ここは街道だったんだーと感心しながら、
人がまったくいない山道を進み、
ようやく諸木野集落が見えてきました。
2017041519560167e.jpg

ここから、街道最高標高(695m)の石割峠へ向かいます。
とはいえ、ここまで既にダラダラ登って来ているので
ずっと急坂ではないはず。
よし、アターック★と思いながら、狭い急坂を登ります。
20170415195710db0.jpg

道は少し広がりましたが、
行けども行けども眺望は広がりません。

そして、名前の通り、岩がゴロゴロで、けっこーガレてます。
201704151956533c8.jpg

一人ぼっちなので止まるのも恐くて、
ヒーヒーで上がり続けてようやく標識登場。
20170415201043c66.jpg


やっと下りなんですが、下りの方がキツかったです。
岩が多いのに、前日までの雨のせいか、
沢下り状態になっている箇所も。

滑って転んで倒れてても、
誰にも見つけてもらえない可能性が大あり・・・
。゚(゚´Д`゚)゚。

とにかく安全第一で、慎重に降りて行き、
ようやく舗装路に合流。
無事でよかったー。

振り向くと、降りてきた出口には
「石割峠」の手書き看板が立っています。
201704151958268cd.jpg

なるほど、わかりにくいものね。親切だわ。

さて、マップによると、「分岐は右に」とのことです。
専横寺というお寺の境内が、街道の一部になっているそう。
右ね、右。
あらーまた登り。(>_<)
まあ頑張りましょう、と
元気に登り始めました。
(長くなりましたので、続きます。)