ラン話 2017.02.27 (月)
前記事で書いたように、泉州国際で、
私、自分を罵りながら走りました。

「何でできへんの」
「自分で決めたペースでしょ?」
「かっこ悪い奴!」等々・・・

自分でやっているとはいえ、
ずーっと続けてると、ものすごくこたえます。
叱咤激励で、頑張れる人もいると思いますが
私はこの時は、ダメでした。

あるブログで、
「小出監督作戦」というのが紹介されていました。
ほめて育てる小出監督のように、

「いい走りだ!」
「お前は天才だ!」

(・∀・)イイヨイイヨー

と、褒め言葉を連発して
テンションを上げる作戦のようです。
ただし、監督と選手は一人二役。
セルフで褒め言葉。
(^^;

・・・え~何か恥ずかしいような。
でも、声に出さなければいいか。
で、土曜日の15kmペース走のとき
実践してみました。

最初の1km、4'32"。
いつもなら「早いって!」となるところですが
「調子いいね!次は少し落とそう!」
と言ってみました。
(※声には出していません。)

2km、4'44"。
いつもなら「落としすぎやん!」となるところを
「イイね!落ち着いてるね!」

3km、4'38"。
「ナイスペース!バッチリ!」

・・・セルフでも、誉められると嬉しいような。
仮想・小出監督、ジャンジャンほめてくれます。

「イイ調子!ペースキープで!」
「ペース揃ってるね!」
「よっ!ペース職人!」

・・・何か調子出てきましたよ?

10km、4'33"。
「スッゴーイ。でも、急がなくてもいいのよ?」

11km、4'38"。
「アナタ、天才だわ♥♥」

・・・あ、あれ?何か人格に変化が?
でも、不思議とオネエの口調だと、
励まされてる感が増すような・・・?

12km、4'40"。
「もう少しよ、アナタならできるわ!」

13km、4'32"。
「もうこのまま、ドンドン行っちゃって♥♥」

・・・仮想・小出監督、ポンポン持って踊り出しそうです。
で、14km4'35"、15km4'31"で走り切れました~★

あ、皆様だいぶ引いてます?
でもこれね、不思議なんですけど、
たとえセルフでも、励まされると元気でるね!
・・・というか、アタシだいぶ疲れてる(笑)?

まあ、フルの距離ではやってられないかもですが
しんどい場面では、「セルフ誉め」、
やってみるといいかもしれません。
「仮想・小出監督」作戦、ダマされたと思って(笑)
ぜひ一度お試し下さい。

私の仮想・監督は、なぜかトランスジェンダーな人に
なってしまいましたが、(笑)
ぜひさが桜にもご同行願おうと思います★
カントク、まずは今週末の30km走、お願いねっ
人(´∀`*)

スポンサーサイト
Secret