2017さが桜 2017.03.23 (木)
さが桜マラソン2017レースレポ、
続きです。

35kmに到達したのは、2:43'29"。
設定内の到達です。
この「設定」は、3時間17分台でゴールするための
設定ペースでした。
この時点では、「あ、いけるかも。」と思っていました。
かなり疲れて来た感じはありましたが、
40kmまでの5kmが24分ちょっとなら
行ける計算なので、大丈夫なんじゃないか、
と思っていたんですね。ここでは、まだ。

●~40km●
《設定》 23'35" 3:07'10"
《実績》 24'46" 3:08'15"
《Garmin》 4'52" - 5'02" - 4'57" - 5'01" - 4'55"

応援隊の皆様の前を、多少カラ元気ではありましたが
感謝いっぱいで通り過ぎました。
ありがとうございます!

ところが。
応援隊の前を通りすぎてすぐ、脚が鉛のように
重くなった気がしました。
・・・ま、マズイ。
すぐ先には、短い登り坂。

「お前は、坂の街の住民やろ!」

・・・はっ!カントク、なんか男らしい・・・?
そうや、私は坂では、つぶれない。
(※速いわけではない。)
応援の人にお礼を言いながら、上がります。
上れば下るはず。
が、上りが短い分、下りも短い(;_;)。
脚が前に出ないことに焦りつつ、多布施川河畔に。

・・・向かい風やし~(ToT)

ドッとペースが落ちているのに
どうすることもできません。
必死でピッチを上げているつもりでしたが
あまり前に進んでいない。

その時の私の心の支えは、
38.7kmエイドの「男子高校生 コーラ」でした。
沢山の男子高校生が、
爽やかに手渡しで供してくれるコーラ。
昨年それを、貰わなかったことが、
もったいなくて・・・(何が?)
今年はそれをもらうために、ここまで来た!
(ちょっと嘘。)

とにかく、風が弱まったらペースを上げて。
ですが、もはや4'55"も切れない。
歩いてしまおうか、という思いが、
ちらっと頭によぎります。

「それでホンマにええんか?」

・・・はっ!カントク!
でも、もうペースが上がらないんです。

「歩いたら、絶対に間に合わん。それは間違いない。
ほんで、歩いたからっちゅーて、
心は楽にはならんぞ。むしろ苦しむぞ。」


・・・(真実パンチ・・・)

「よし、まだ走れとる。あきらめんな。
ほれ、コーラやぞ。」


・・・アレ?こ、今年は手渡しじゃないのね・・・
確かに、男子高校生諸君が、エイドでお世話下さっているのですが、
コーラのコップは机に並べられています・・・
(´;ω;`)

せっかくなので、いただきました。
一口・・・

ブフォ!
ウルトラの時は、天上界の味と思えるコーラが
薬の味しかしません。
フルで、疲労してるときは、アカンねんや・・・
本当に申し訳ないのですが、それ以上飲めそうもなく、
残りを捨てました・・・(すいませんすいません)

タイム的には、17分台はおろか、
このまま落ちつづけたら、ネットでの
200分切りも無理な感じ。

カントク、もう無理です。


「・・・ここまで、楽して来たわけ違うやろ?
それ、全部水の泡になるけど、ええんか?」


それは・・・それは、絶対にいやだ!

40km地点の時計は、3:08'50"台を示していました。
ロスタイムは、50秒台だと思っていたので、
ほんとーーーにギリギリ、
グロスで200分切れるかどうか?
あー泉州に続いて、また、この展開かあ・・・

●~ゴール●
《設定》 10'35" 3:17'45"
《実績》 11'00" 3:19'15"
《Garmin》 5'02" - 5'04" - 0'54"

41kmで、河畔は終わって、左折して市街地です。
どうして、こんなに進まないんだろう。
脚は出ないし、ピッチは回らない。
半泣きになりながら、応援には泣き笑いで応えて、
なんとか競技場の敷地へ。
昨年、ここから長かった。
もーヤバイヤバイヤバイ。

「すごいぞ、女子!」と声をかけてくれた人がいて、
「ありがとう!」と応えることができました。
泣きそうでしたが、泣いている場合では
まったく、ない。

トラックへの入口直前、
「20分切れるぞ!」という声が聞こえました。
えーホンマ?もう、それ信じて行くで~★
トラックに入って、気持ちは猛ダッシュ。
ストレートの先に、時計が見えました。
・・・行けるの?ダメなの?

3時間19分30秒台が、見えて、
・・・間に合う~(ToT)
と思いながら、必死のパッチで、ゴール!

あーまた、ギリギリの攻防になっちゃいました。
な、なんかドッと老け込んだ気がする・・・(笑)

次回、ゴール後のことを。

スポンサーサイト
Secret