2017さが桜 2017.03.28 (火)
土曜日、TEAM奈良ご近所さんズの
山ちゃん、おっとーさん、えーかわさんと
鴨屋さんで、飲み会しました。
楽しくて楽しくて、気がついたら
4時間もたってて、めちゃくちゃビックリ。
皆様ありがとうございました。

で、その時に山ちゃんが
「完走おめでとう(*^▽^)/」と
深紅のバラの花束を
プレゼントして下さいました。
きゃーありがとうございます!
感謝感激。
美しいバラは、花瓶に生けたのですが、
どうしても一輪挿しにもさしたくて。

2017032820110308a.jpg

山ちゃん、ありがとうございました!




さて、さが桜マラソンの前日。
佐賀に移動してきた私は、昨年できなかった
市内観光を目論んでいました。
目的は2つ。

1.佐賀城下ひな祭を見学
2.佐賀城本丸歴史館を見学

何をかくそう、わたくし、時代小説と時代劇
(特に大河ドラマにはうるさい)を
こよなく愛するオンナ。
歴女を名乗るほど、若くも詳しくもないのですが、
時代劇専門チャンネル見たさに、
ケーブルテレビを契約しているほどです。

新幹線の切符が、思うように取れなかった関係もあり、
佐賀に到着したのが15:30。
大急ぎでホテルにチェックイン、荷物を置いて、
佐賀城目指して移動を始めたのは、16:00近かったでしょうか。
レースの前は、1mmたりとも走りたくないのに、
ひな祭の展示が17:00で終わりだというので
結局、結構なペースで走って移動。2km位?

おお、なんだかいい雰囲気ですよ?
201703282009474f2.jpg
河童もいるよ!
2017032820094972d.jpg


目的地の、徴古館に到着~★
201703282009502ab.jpg


早速見学開始!

●佐賀城下ひな祭●
街中の色々な場所で、華やかなお雛様が飾られているのですが、
時間の関係で、私のお目当ては、
徴古館の「鍋島家の雛祭」。
大名家の姫のお嫁入り道具には、お雛様が含まれていました。
お人形もすばらしいのですが、その雛道具は、
ものすごく精巧に作られた、 お嫁入り道具の完全なミニチュアで、
私は、それを見るのが大好き。

20170328200944dc3.jpg

一例。これは、平戸藩松浦家の姫のもの。

佐賀藩主だった鍋島家。
その雛道具は、どんなに豪華だろう・・・
胸が高鳴ります。

大会パンフレットに、無料券がついていて、
ありがたい・・・

おおーー。明治維新後、鍋島家が侯爵家になった後に、
お嫁入りされてきた、公家のお姫様たちの
お道具だとか。
『 11代直大・12代直映・13代直泰各夫人所用の雛人形・雛道具が中心となり、
(中略)いずれも由来が明らかで、幕末から明治・大正・昭和初期に至る
大名家・侯爵家にふさわしい豪華さと品格を兼ね備えたものばかりです。』
(HPより)

中は撮影禁止でしたので、
興味のある方は、以下のリンクからご覧下さい。

11代直大夫人
12代直映夫人
13代直泰夫人

いや~時代が浅いせいか、保存状態もすばらしく、
特に、12代夫人の雛道具は、超ミニの銀製!
なのに、棚の引きだしとかが、全部開くの~
もう、超コーフンしました。
あと、11代夫人の雛道具のひとつ、
有田深川製磁の、ティーセット!
カップの直径って7mm位。
その小ささなのに、底にちゃんと焼き印が
付いているのです。
直径9mm位のソーサーもついてるよ!

ああ、もう何時間でも居られるわ・・・
でも、次の予定もあるので、泣く泣く出ることに。
図録、ほしーと思いましたが、荷物になっちゃう。
・・・とかいいながら、何こんなもの買ってんだ。

20170328201104019.jpg


完全にランニングを置き去りにしたまま、
まさかの続く。

スポンサーサイト
Secret