2017さが桜 2017.03.30 (木)
私にとっては、夢の館だった徴古館でしたが、
現地滞在時間は20分ほど。(涙)
なぜなら、次の目的地、佐賀城本丸歴史館に
移動する必要があるからです。
正直、私は、
「どうせ、外見だけはそれっぽいけど、
中は現代風の展示室にちがいない。
チョロッと見るだけでいいだろう」
と思っていました。

・・・佐賀の皆様、すいません。
私が悪うございました。
佐賀城本丸歴史館、素晴らしかったです。

20170330174717ba0.jpg
佐賀城入口、鯱(しゃち)の門。

門をくぐると、開けた場所に、本丸御殿が。
20170330174718598.jpg

もともと本丸御殿は、それ以前の藩政の中心として使われていた
二の丸御殿が1835年(天保6年)に焼失したため、
10代藩主の鍋島直正によって再建されたものです。
明治以降、佐賀藩庁、佐賀裁判所、佐賀中学校、
佐賀県尋常模範学校と活用された後、
一部の建物を残し解体されましたが、
2004年(平成16年)に木造復元されました。

えっと、入場券はどこで買うのかしら?
入口にいらしたスタッフの方に伺うと、
なんと!無料!えーびっくりだ!
立派な建物なのに!太っ腹★

入口すぐの、御式台。
20170330174722916.jpg


長い廊下。なんと畳敷き。
201703301747231fa.jpg

左の障子を開けると、大広間。
20170330174719ac6.jpg

ぶち抜くと、なんと320畳!ほえ~

奥まで行くと、様々な展示物が。

スゴイ!と唸ったのは、2004年に復元した際、
天井裏の木組み、土壁も当時の工法のまま
きっちり再現しているところ(展示の説明によると)。
表からは見えませんのにね。
極めつけは、 江戸時代の本物の礎石の上に
コンクリートの地盤があって、
その上に 復元された建物の礎石が載っている
=当時と全く同じ位置に建物を復元している。
うーーん。すごすぎる。
郷土愛と、誇りを感じます。

と、ゆっくり見学しているようですが、
そんなことはなくて、まるで何かの競技のような
猛スピードで進む私(笑)。

20170330175517f75.jpg

鍋島直正侯の居室、御座の間の縁側。
手入れされているお庭ですが
桜が咲くともっと美しいそう。

あら・・・?あ、あなた様はもしや・・・?
鍋島直正侯・・・!!
201703301759204a8.jpg
・・・の書き割りが。(笑)。

お隣りに座布団があるのは記念撮影用。
とっても撮りたかったのですが
よそ様に、頼む勇気がありませんでした・・・

私がとても感動したのは、
この手の復元施設って、「ただ、静かに見学」
ってスタンスの所が圧倒的大多数だし、
保全の面からも致し方ないとは思うのですが、
ここは、違っていて、
何て言うか、おおらかなのです。

例えば、先述のながーい畳敷きの廊下。
『赤ちゃんのハイハイの練習にもどうぞ』
って、なんてステキ・・・!
私が訪問したときは、何もなかったのですが、
320畳の大広間で、小学生が作ったお雛様が
ドーンと展示されたり、
『赤ちゃんハイハイレース』が
開催されたりすることがあるそう。
20170330175017bfe.jpg
(画像は佐賀新聞からの借り物)

また、有料でしょうけれど、
コンサートや結婚式の写真撮影、など
様々なイベントの開催にも使用できるよう。

飾って、眺めるだけじゃなくって、
人々が気軽に立ち寄れる歴史館。
見学するだけなら、無料!!
佐賀県って本当に懐が深いなあ。

ってなことを思いながら、歴史館を後にしました。
そのあと、さすがにタクシーで佐賀駅に戻り、
前夜祭の会場へ。
・・・のつもりが、またしても、おぐらナビ誤作動。
(よー壊れるな。)
絶対に迷わんやろ、という場所だったにも
関わらず、遅刻をかましてしまい
幹事のえむさんに、ご心配をかけてしまいました。
m(__)m

結局、私の佐賀観光は、計1時間の、超弾丸。
でも、とっても心に残った観光でした。
とはいえ、心残りは、ありありなので、
もし、再訪できて、かつ私が、『ねかちも』なら・・・
という妄想で、観光プランを立ててみます。
題して、
おぐら的佐賀観光 
『金に糸目はつけへんで』バージョン!

前々日 伊丹空港近くのホテル泊。
前日 朝8:00の便で福岡へ。福岡駅で牧のうどん。
   レンタカー借りて、佐賀へ。
   佐賀城跡天守閣跡、掘なども含めネチネチ見学。
   本丸歴史館もネチネチ見学。
   佐賀城下ひな祭も、今度は全部見て回る。
   もちろん徴古館は、ネチネチ見学する。
   夕方早めに、ホテルへ。
当日 サクッとレースをやっつけて、車で嬉野温泉へ。
   高級旅館に宿泊し、美人の湯でビボーに磨き。
   豪華夕食で、酒池肉林。
   ※酒=コーラとかリアルゴールド
    肉=佐賀牛
翌日 朝風呂で、更にビボーに磨き。
   豪華朝食の後、
   車で、ヨッチさんおすすめの大川内山へ。
   前は関所、後ろは断崖絶壁の秘窯の里の
   佇まいを楽しむ。
   その後、車で唐津城へ移動し、見学。
   福岡に移動して、レンタカー返却。
   ごまさば丼を食して、新幹線で帰路へ。

どーです。飲食代を除いても、10万超えコース(笑)。
まあ、妄想なのでね。
宝くじが当たれば、実現します。(笑)
   

スポンサーサイト
Secret