よもやま話 2017.04.05 (水)
さが桜マラソンが終わって、最初の坂練
(ってもジョグペース)の時。
久しぶりに、ご近所ランナーさんにお会いしました。
坂が嫌い、といつもおっしゃっているのに?
と伺うと、「志摩ロードパーティー」に出走されるので、
仕方なく・・・とのこと。
志摩ロードパーティー。私も出場しました。

ハーフで初めて100分切れた、思い出の大会です。

山あり、海あり。
あの金さんがコース監修されたという
チャレンジし甲斐のある、コース。

20170405210927840.png

高低図の通り、前半アップダウン、中盤フラット、
終盤のオニ登り。
19kmあたり、何人かのランナーと競り合っていて、
絶対に負けるものか、
とキッと見上げる先には壁のような坂。

その緊迫した状況にあって、
それは、急にやってきました。
全く理由はわからないのですが、
突然、脳内に鳴り響いたのです。
これが。

※注意!音が出ます。


・・・ちょっとー!
何で今、「ホイサッサ」なのさ!?

・・・・・・
払っても払っても、

ソレ ヤットコドッコイホイサッサ♪

結局、離れてくれないおさるのかごやと共に
坂を登って、無事にゴールはしたのですが、
それからというもの、練習で坂を登る度、

ソレ ヤットコドッコイホイサッサ♪
が離れません。
・・・これは困った。このまったりしたBGMでは
どうしてもピッチが落ちる。
音楽を聴きながら走る習慣がないため、
違う音楽で、上書きすることもできません。

ハイテンポの「おさるのかごや」はないものか。

・・・何となく、努力の方向性が間違っている気が
しなくもないですが、
「おさるのかごや」カバー(?)
を探し続けていたら・・

見つけました!

イタリアの、いわば「童謡音楽祭」みたいなもので
日本人少年が、清らかに歌う、
アップテンポ「おさるのかごや」。
大分違う曲調なので、最初は???となるのですが
サビにさしかかると、おおー!
イタリアの子供達も、ノリノリだー!

※注意!音が出ます。


これ以来、長い登り坂では、
私の脳内では、「おさるのかごや」が鳴るように
なっています。
ペースによって、日伊は切り替えww
多分もう、修正不可能(笑)。

レース中とか、シチュエーションとかで
自分の脳内BGMがぐるぐる巡ることがあるのですが
皆様はいかがでしょうか?

私、2016奈良マラソンで、35km過ぎから
なぜか、ビリー・ジョエルの「Piano Man」が
脳内に巡って困りました・・・
いや、とても好きなんですよ?
でも、200分切りをかけた超真剣勝負中に、
三拍子・・・走りにくすぎるwww

この曲が脳内でBGMに選ばれた理由は、
今もわかりません(笑)。


スポンサーサイト
Secret