街道ラン 2017.04.15 (土)
今朝、夫・たくやんが、長野マラソンに向けて
出発しました。
激沈Tで出走予定です。
激Tが、見知らぬ土地で走る夫に、少しでも応援を
増やしてくれるといいなあ。
がんばれ~夫!



第4回の1 榛原(はいばら)~石割峠
(※画像は全て借り物です)

2015/6/7。AM7:30。榛原駅付近の駐車場に車を停め、
駅から少し歩いたところにあるコンビニで、補給購入。
自販機が27km位ないとのことですので、
手持ちの350mlペットボトルに加えて
500mlペットボトル2本購入。
気温はあまり高くないので、ギリギリ大丈夫かとは
思いますが、大事に飲もう。

この回から、地図持参。
kazさんという方が、それはそれは詳細で分かりやすい
マップを公開して下さっていて、携行版は有料ですが、
画像印刷は無料で許可して下さっていましたので
必要区間分プリントし、持参しました。

コンビニを出て、いざ出発。
20170415194908bea.jpg

宇陀川にかかる朱塗りの橋の
向こう岸には墨坂神社がありますが、
失礼して進み、R369へ。
車がバンバン通ってますので注意して隅っこを走り、
5km弱ほど行くと、高井集落へ分岐。

集落から、山へと上ります。山中ですが、舗装です。
20170415195241258.jpg

しばらく行くと「旧旅籠 松本家」の立派な建物があります。
すぐ先に「千本杉」があって、ハイキングの方なども、
ちらほらおられました・・・ここまでは。
20170415195052be0.jpg

趣のある、「右 いせみち」の道標に従い進みます。
201704151950512a3.jpg

・・・従って進んでいるはずですが、
どんどん人は少なくなり、
とうとう私ひとり。
道も未舗装路というか、山道になって来ました。
本当にあっているの?何度も何度もそう思いましたが、
「おいせまいり」の白い木札がかかっているので、
合っている、はずです。
20170415195406d3a.jpg

不安に思いながら走っていくと
山道の途中に、「諸木野関所跡」の石碑が。

20170415195506b79.jpg

あーやっぱり合ってる。よかったー★
説明板によりますと、室町時代に、政府ではなくて、
荘園領主によって設けられた関所で、
通行料による経済効果を狙ってのことだったようです。

室町時代から、ここは街道だったんだーと感心しながら、
人がまったくいない山道を進み、
ようやく諸木野集落が見えてきました。
2017041519560167e.jpg

ここから、街道最高標高(695m)の石割峠へ向かいます。
とはいえ、ここまで既にダラダラ登って来ているので
ずっと急坂ではないはず。
よし、アターック★と思いながら、狭い急坂を登ります。
20170415195710db0.jpg

道は少し広がりましたが、
行けども行けども眺望は広がりません。

そして、名前の通り、岩がゴロゴロで、けっこーガレてます。
201704151956533c8.jpg

一人ぼっちなので止まるのも恐くて、
ヒーヒーで上がり続けてようやく標識登場。
20170415201043c66.jpg


やっと下りなんですが、下りの方がキツかったです。
岩が多いのに、前日までの雨のせいか、
沢下り状態になっている箇所も。

滑って転んで倒れてても、
誰にも見つけてもらえない可能性が大あり・・・
。゚(゚´Д`゚)゚。

とにかく安全第一で、慎重に降りて行き、
ようやく舗装路に合流。
無事でよかったー。

振り向くと、降りてきた出口には
「石割峠」の手書き看板が立っています。
201704151958268cd.jpg

なるほど、わかりにくいものね。親切だわ。

さて、マップによると、「分岐は右に」とのことです。
専横寺というお寺の境内が、街道の一部になっているそう。
右ね、右。
あらーまた登り。(>_<)
まあ頑張りましょう、と
元気に登り始めました。
(長くなりましたので、続きます。)


スポンサーサイト
Secret