街道ラン 2017.04.26 (水)
第5回の2 美杉~横野

さて、「美杉 道の駅」に到着しました。

20170426214940c3c.jpg
(※画像HPより)

こじんまりしていますが、新しくて綺麗。
中に入ると、軽食コーナーもあります。
(うどん、ラーメン、カレーなど)
様子がわからなかったので、家から
おにぎりを持って来ちゃった・・・
(1.5合分ww)

片隅の椅子をお借りして、ひっそり食べました。
申し訳ないので、少しお買い物。
補給用に、小さいようかんと、
美杉村のゆるキャラ「みすぎんちゃん」
の反射板。

201704262149422da.jpg

この街道ラン中に買った、唯一のおみやげ(笑)。

少し休憩してリスタートしました。

ゆるやかな登り舗装路を2km程行くと、
「峠地区」という所に来ました。
ここは、
昭和50年に廃村になってしまった地区。

20170426215223fef.jpg
(※画像借り物)

kazさんのマップには、
『民家と人影がある。』と記述されています・・・
廃村になったのに、人影ってどーゆーこと?
{{(>_<;)}}・・・コワイやん・・

廃屋が立ち並んでいる、
荒涼とした風景を想像していましたが、
違っていて、
どのお宅も、荒れてはいませんでした。

20170426215222519.jpg
(※画像借り物)

恐らく、定期的にお家の手入れを
なさっているんじゃないかという感じでした。

廃村、ということは自治体が機能しないので
生活を続けることは難しいでしょう。
その土地に骨を埋めるつもりだったのに
泣く泣くお住まいを変わられた方も
いらっしゃるのではないか。

でも、お家が荒れていくのは忍びないから
手入れされている。
もう何十年も。

子供さん世代が、引き継がれて
されてるのかもしれません。
手間も費用も少なくないはずです。

切ないな、と思いました。

誰も住んでないお家の広いお庭に、
夏のお花が揺れていました。


峠地区を通りすぎて、
いよいよ伊勢本街道、最後の峠、
櫃坂峠(ひっさかとうげ)にさしかかります。
キツイ峠らしいけど、下りだからね。
よかった♪

20170426215508cd1.jpg
(※画像借り物)

・・・って・・・・

マジかっ!

熊鈴、持ってきてない・・・

と、とりあえず大声を出しながら
下るしかありません。
そうだ、こんなときこそ、アレ!

↓アレ
※注意!音が出ます。


「おさるのかごや」を超リピートしながら
必死の形相で、坂を小走りで下ります。
誰もいなくて、良かったよ。
頼むから上がってくる人がありませんように。

櫃坂は全長十五丁。あと四丁。

201704262158489a4.jpeg
(※画像借り物)

道の右手、谷側は、沢になっていたのですが、
そちらの方から、急に!
ガサガサッと音がしました!

♂∞&◎★★※~~~!!!
ギャ━━━━━Σヾ(;`・Д・)ノ━━━━━ !!!!


く、熊かーー!

沢のほとりから、野生の鹿が、
木立に走って行ったところでした。
よよよ、良かった、と思ったら、
すぐまた、ガサガサッ!

く、熊かーー!

・・・さっきの鹿のガサガサ音に驚いて、
木立に走って行った、別の鹿でした。
すかさず、三度目のガサガサッ!

・・・さっきの鹿のガサガ(以下略)

三匹の野生の鹿を、すぐ目の前に見て
山深い道であることを
改めて感じた次第でした。

さて、無事櫃坂を降り、舗装路に。
お昼も過ぎていることもあり、
山を下りると暑い(;´д`)!
でも下り基調なので、何とか大丈夫。
それにあと数キロで、バスも通ってる道に
合流します。
どんどん気温は上がるでしょうが、
いくらなんでも、そのうちコンビニとかが
出てくるはず。
そしたら休憩しよう。

あっついなーーと思いながら、
何とか、横野・柿野神社に到着。

出発地点から、柿野神社まで、約27km。
時刻は14:00前でした。

神社の木の下で休憩します。
ランウェアは、上下とも、汗が絞れます。
神社のお水をかぶって、ウェアの汗を絞って。

自販機はここまでたくさんあったので、
水分補給は問題ありませんでした。
今日の最高気温は、35度とか。

でも、民家もポツポツ出てきたし、
きっともうすぐ、お店が出てくるはず。
そしたら休憩できる。

覚悟の上とはいえ、真夏の昼間のラン。
じわりじわりと、
厳しさが増してきました。

(続きます。)


スポンサーサイト
Secret