街道ラン 2017.04.29 (土)
第5回の4 相可~外宮~内宮

2015/7/26。
相可のホテルを6:30前に出発しました。
3kmほどで街道に戻り、早朝の誰もいない道を
淡々と進みます。

脚は重いけど痛いところはありません。

JR参宮線の踏切を渡って、
小さい峠の「伏拝坂峠」を通って
2017042921452798f.jpg
(画像借り物)

田丸の街を目指すのですが、
結構、街までが別れ道が多くて
わかりにくいのです。

ところが、いかなる神仏のご加護か(笑)、
ウォーキング大会用の案内板が、あちこちに
表示されており、迷わず田丸の街に
たどり着くことができました。
o(^▽^)o

田丸の街角には、伊勢本街道と熊野街道の
分岐の道標があります。

20170429214529907.jpg
(画像借り物)

実は、「伊勢本街道」はここで終わりで、
ここからは「参宮街道」と呼ぶそうです。
すごく景色の開けた、まっすぐな道。
「もうすぐだ・・・」と期待が高まります。
とはいえ、10kmぐらいは走ったでしょうか(笑)、

ついに、先に、宮川があらわれました。
渡会(わたらい)橋を走りながら、
「本当に、自分の脚で伊勢まで来たんだ。」
と、しみじみしてしまいました。
昔の旅人たちも、きっと同じ思いだったんじゃ
ないでしょうか。

伊勢の商店街を走り抜けて・・・

そしてそして、とうとう!

外宮(げくう)到着~!
9:00過ぎの到着でした。

20170429214530b3d.jpg
(到着直後、夫に送った画像)

相可交差点~外宮 約19km

ランウェアのままで申し訳ないのですが、
外宮を参拝。
さあ、次は内宮(ないくう)まで行くよ!

内宮までの道には、古市街道をチョイス。
古市は、旅人が精進落としのひと時を
過ごした歓楽街だった場所。
往時を偲べるのは、「麻吉旅館」。

20170429214532e81.jpg
(画像借り物)

時代小説でもその名を目にする、この旅館が
現存していて、大感激!
(※後日、旅館として営業していることを
 知って、さらに大感激。)
外宮から5km弱。
旅の神「猿田彦神社」に参拝し、
無事にここまで来れたことを
心から御礼申し上げました。

そして裏側から、内宮に入り、
参拝しました。
当初の予定では、おかげ横丁の赤福本店で
夏季限定の、氷赤福を食べようと
思っていましたが、何せ汗まみれ、おまけに臭い!
異臭テロになってはいけないので(笑)
あきらめます。

帰りの電車は、外宮のある伊勢市駅から
乗るつもりでしたので、
今度は県道32号線を黙々と走って
外宮方面に戻ります。
この、4.5kmほどの道のりが
この日一番辛かったかも~
11時過ぎ、すべての行程を終えました。

20170429220600e01.jpg
(大体の道のり)

20170429220942cc7.jpg
(伊勢市内の道のり)

ホテル~相可交差点 3.2km
相可交差点~外宮 19km
外宮~内宮 5.3km
内宮~伊勢市駅 4.5km
計32km

伊勢市駅に戻って、駅前ホテルのお風呂利用。
旅のホコリを落とします。
あ、ランウェアは前日洗濯してますけどねっ。

昼過ぎの近鉄特急で、帰路につきました。
2時間程で鶴橋に着いたとき、
5回に分けて走った道のりが、
まるで幻だったように思え、
とても不思議な感覚でした。

今、振り返ってみると、
なんて酔狂で、
でも贅沢な時間だったんだろう、
と思います。

ただ、目的地に進むことだけを考えた
凝縮された時間でした。
走れるようになって良かった。
ランナーで良かった。

一昨年の、何のお役にも
立たない旅の記録を
長きにわたり、お読みいただき
ありがとうございました。

自己満足のレポートに
優しいコメントまでいただけて、
本当に嬉しかったです。
心より御礼申し上げます。

あ、このブログは
まだまだ続けるつもりなので(笑)
引き続きよろしくお願いします!
(゚▽゚)/


スポンサーサイト
Secret