ラン話 2017.05.09 (火)
9日ぶりに仕事を再開したら、
職場のPCのログオンパスワードを
忘れた人が大量発生。
・・・長い休み明け、あるある。(笑)

GW中の、皆様の旅ランのご様子を、
うらやましく拝見しておりました。
旅ランいいな。楽しそう。

そういえば、思い出した。
私にも旅ランの思い出がありました。

昨年の4月末、社員旅行で南の島へ行きました。
2泊3日の旅です。
1日目の夜の宴会で、久しぶりに会った
別事業所の男性。
お互い走っていることは知っていたのですが
仕事上の関わりがなくなって、話す機会が
中々ありませんでした。
「走ってるんやってねぇ」と話しかけに来てくれて
ラン話に、しばし花が咲きました。
サブ3ランナーである、サワヤカ君(仮名)。

サ「ランシュー持ってきてるでしょ?」
お「え!?持って来てるの?
 (・・・社員旅行なのに?)」

私は自由行動で、
離島にトレッキングに行く予定だったので、
ヘタレた瀕死のランシューを持って来ていました。
が、走るつもりは1mmもなかったよ・・・
でもサワヤカ青年と朝ランもいいわね。

朝5:00ロビー集合、という約束をして
携帯番号を交換して別れました。
しかし、彼だいぶ飲んでたな。
大丈夫なのか?

さて、翌日朝5:00前。
私はロビーに向かいました。
ところが、というか、やっぱり、というか

・・・こねーし。

5分たち、10分たっても彼は現れません。
・・・とりあえず電話だ、電話。

・・・でねーし。

そもそも約束そのものを覚えていない可能性も
あるので、それ以上電話はかけず、
まあせっかくなので、一人でポクポク走りました。

20170509074241cd3.jpg

南の島は日の出が遅い。
5:00台では真っ暗で景色は何も見えずww

30分ほど走ってホテルの部屋に戻り
同僚に爆笑されながら、
離島トレッキングに向かう準備をしていたら
携帯にサワヤカ君から電話が。
約束は覚えていた模様です。

サ「すすす、すいませんっ!!」

オニババに殺される!と思ったか、
平身低頭(笑)。電話だけど。

お「(苦笑)いいよー。一緒に走れなくて、ざ」
サ「明日は必ず!」
お「・・・(ま、毎日走るの?)は、はぁ。」

社員旅行に来て、毎日朝ラン。
どれだけ走るの好きなんだ!

果たして翌朝。
今度はちゃんとロビーに現れたサワヤカ君。
コースは案内しますとのことなので、
走り出しました。

サ「いやー昨日はほんとにスイマセン!」
お「(ペース速いな)いやいや気にしないで~」
サ「レースはどこ出るんっすかー?」
お「・・・(ゼエゼエ)な、奈良マラ・・ソン
・・か(ゼエゼエゼエ)」

・・・ピコーン。
1kmラップが表示されました。

Σ(゚д゚|||)

お「・・・4'30"だよ・・・」
さ「あ、速いっすか?」

あくまで爽やかなサワヤカ君。
サブ3ランナーには4'30"はジョグなのか?
ペースは落ちましたが、5分台前半。
10kmほど走って、ラスト近く。

さ「最後ペース上げていいすか?」

いいんですが、おいて行かれたら道がわからない。
あっ、待って~~~
あっという間に見えなくなるサワヤカ君を
必死で追いかけますが、追いつける訳がない。
案の定、暗い中、少し道に迷って
ようやくホテルに帰り着きました。

さ「お疲れ様っしたー」
お「・・・(ゼエゼエ)おつか・・・」息もたえだえ。

おかしい。
南の島で楽しい朝ジョグじゃなかったのか!
まあ、思い出にはなりました・・・

2017050907424283f.jpg

遠征以外での旅行は、
トンとご無沙汰ですが、
もしも機会があったなら、
次の旅ランは、絶対絶対のんびりペースで
行くからね!

o(`ω´ )o





スポンサーサイト
Secret