鯖街道ウルトラ 2017.05.29 (月)
「ヒドく弱っちゃってる」宣告にビビって
再度整体に行きました。

脈診をしていた先生、急にブハっと笑い出し、
「回復してるなぁ~★
いやぁ、アナタやっぱり、しぶと・・・
イヤ、タフだねぇ~」

・・・(-_-)

・・・わーほめられちゃったようれしいなー(棒読)

ということで、昨日ジョグしてみました。
10km、キロ6:30あたりで。
心肺は全く平常通りなのに、
脚だけが走り始めたばかりの頃のように
重だるい状態でしたが、とにかく走れた!
よし!
一夜明けて本日、筋肉痛もなし。
脚も昨日よりスッキリ。
今週末にはスピ練再開できるといいな。




さて、鯖街道ウルトラ77km、
振り返りと、ひとり反省会。

●シューズ●
ジャパンブースト2

ある程度ガチランの本鯖ランナーの場合、
シューズの選択は本当に悩ましいと思います。
ロードシューズでも、走り切れますが
ガレ場、砂場の多いトレイルでは苦しむ、
という感じでしょうか。
歩いて上るにしても、ガレ場は上りにくかった。
杉峠以降の下り基調を、ガチるために
重いバハダ、薄いマナ7は避けての消去法
でしたが、うーん・・・
何履いたって、最後はキツイよね。

周りの本鯖ランナーは、トレランシューズが
多かったです。「ロードシューズですやん!」と
驚かれた場面も何回かあったので、ミスチョイス?

●装備●
モンベルクロスランナー7リットル
ノースフェイスランT
パタゴニアストライダープロショーツ
 2XUゲイター
 サンバイザー
 c3fitソックス
アームカバー
CW-Xスポブラ
ランナー腹巻
手ぬぐい

高気温の予報でしたのでファイントラックはなし。
ただ、暑さに苦しんだのは、70km以降でしたので
あってもよかったかも。
とにかくバックパックの擦れ問題を解決したい~
レース後、一番長く苦しんだ点でした。
(現在進行形)

●食事●
3:30起床。4:00過ぎにミニどん兵衛とおにぎり一個。
5:00過ぎ会場で、おにぎり一個。
起床~5:30位までにOS-1一本空けた。

●補給●
エイドが10kmごとということで
水分補給は必須と考えて、
350mlペットボトルを2本、前ポケットに
挿しました。
更に500mlペットボトル1本
350ml1本をバックパックに。

計1550ml。

結論から言うとちょっと持ち過ぎでした。
エイドで、前ポケの350mlには補充していけたので
バックアップ用は最大500ml、
エイド間隔が短くなる、杉峠以降は、
バックアップ無しでも良かったです。
百里小屋エイド以降は前ポケ350mlの一本は
かぶり水用にしていましたが、私には正解でした。

一方、食べ物の方。
ランパンにジェル3つ。
(ハニーアクション、ハニースティンガー、
 じゃむ屋のジェル)
バックパックにおにぎり一個。

手持ちの消費は、ジェル2つ。
あとはエイドで賄えました。
炭水化物は、下根来エイドでパンとバナナ。
百里小屋エイドで、そうめん。
久多エイドでもらったおにぎりを、
歩きながらちびちび食べました。
フルーツのあるエイドではフルーツコンプリート。
コーラもたくさんいただきました。
ガス欠の兆候はなし。
丸腰の本鯖ランナーが結構おられましたが
皆様、補給少なくていいのねぇ・・・うらやましいな。

●レース運び●
まず、距離自体が未経験の距離なので
プランの立てようがありませんでした。
根来坂峠までのロードは5'20"前後で行くこと。
半鯖のボリュームゾーンを避けたいので
久多エイドに10:30迄に到着できたらいいな
と思っていたこと位でしょうか。

ただ、私のストロングポイントは、
アップダウン後の下りで、ペースを上げられることなので、
55km以降が下り基調になる、このコースは
決して不利なコースではないと考えていました。
しかしそれも、脚が残っていればこそ。
どうなるか、全く不透明でした。

で、どうだったかというと

「前半は、ほぼ予定通り」
「下りは思ったよりペースを上げられなかったが
 脚は、まあ残っていた方ではないか。」
「上り全然ダメ。顔洗って出直してこい。」

ですかねー。

8位入賞できたとはいえ、5,6,7位の方は
皆様、8:30'00"カット。
お話にならないタイム差です。
表彰式遅くなってすいませんでしたーって感じでした。
では、私があと30分縮めるためにはどうするか
といえば、「上りを走れるようになれ。」ってことだと
思います。できる気が全くしませんが(笑)。

本当にタフなコースでした。
キツイ、と数え切れない位思いましたが
出なければ良かったとは、一度も思いませんでした。

笑われるかもしれませんが、
鯖運び人であることも、私には支えでした。
77km、必死で遊んで来ましたよ!

一週間経って、全部楽しいことになってるので
「苦しいのを楽しんだ」、かな。
それが来年であるかは分かりませんが、
出るなら、ぜひまた、本鯖で。
そう思っています。

長くなりましたが、わたしの本鯖レポ、
これにて終了!
お読みいただきありがとうございました。


★おまけ情報。★
「リアル鯖運び人」。
運んだ鯖も、鯖袋もいただけます。
(リタイアしても、もらえます。)
申し込みは無料ですー★
先着38名。

スポンサーサイト
Secret