ラン話 2017.06.27 (火)
来たる7月2日(日)、
やべっちさん(&サトさん?)主催による
第三回暗峠王選手権が、開催されます。
パチパチ~

暗峠は、大阪から峠山頂を挟んで
奈良に抜ける道で、国道308号線です。
選手権は、大阪側→山頂
奈良側→山頂のタイムアタックで
雌雄を決する訳ですが、
直前企画と致しまして、
わたくし及ばずながら、
「暗峠コース分析」を行いたく存じます。
まず本日は、大阪側(約2.3km)。

kuramap-oosaka-ogu.jpg

先日、mizoreさんをお迎えしてアタックした際の
Garminデータから、
200mごとの高低差と勾配を算出してみました。

kuraspred-oosaka-ogu.jpg

グラフを見ると、等分に登ってるように
見えますが、表を見ると、1km手前までに
段々勾配がきつくなっているのがわかります。

13.5%→18.5%→19.5%→22%

また、1kmまで、直線ですので、
キッツい坂が見通せて、
精神的にもキツイですね。

暗峠は、どちらかというと、
ランナーよりも、自転車のヒルクライマーの
挑戦者が多く記事も豊富です。
「大阪側を足つき無しで登れたら、一人前」
だそうなんですが、
「足つき無しで登るには、運も必要」。
と、いいますのは、ここは国道で車も通る。
このような待避スペースがあるんですけど、

kuraoosaka-taihijyo-ogu.jpg
(※画像借り物)

漕ぎながら待てる程の広さがない。
車が来ちゃうと、足つき必至なんですねー。

ランナーの皆様も、十分ご注意の上、
走って下さい。
でも、お覚悟召されよ。
一度止まると、リスタートはキッツいよー。
そのキツさは1.5km位まで、ずーっと続きます。

1.2km手前位かな?
暗峠名物、勾配35%カーブ坂があります。

kuraoosaka-35-ogu.jpg
(※画像借り物)
内側は41%ですってよ、皆様。

表では、1.2kmから勾配ゆるんでるように
見えますが、実際は、そんな風に思えないと
思います。
1.5km位からかな。
勾配がゆるんで、ちょっと幸せに。
攻める人はここから勝負どころ。
でも、ラスト200m位から、
もう一度勾配キツクなります。
ペース配分気をつけて下さいね。
でもラストは走れる勾配だと思います。

エラそーに語ってますが、私は大阪側、
歩きなしで登れたことありません・・・
すいません・・・
m(__)m

ちなみに、ロードバイクでのタイムアタック、
時間平均は、25分少々ですって。
昨年、第二回暗峠王選手権時の
大阪側トップ3のタイムは、

 第1位 ラックさん 18'42"
 第2位 なーさま 19'10"
 第3位 kenさん 19'40"

スゴイなー。ホンマに感心。
さあ、今年はコースレコードが出るのか!?
そして、大阪側王の栄冠は、
どなたの頭上に輝くのでしょーかっ!?
楽しみですね!



スポンサーサイト
Secret