ラン話 2017.07.01 (土)
少し間が空いてしまいましたが、
第三回暗峠選手権、直前企画。
「暗峠コース分析」、奈良側(約3.7km)です。

手元Garminデータから、500mごとの
高度と勾配を算出してみました。

kura-nara-ogu.jpg


わたし、奈良側は、走る機会がとても多いので
僭越ながら、所感をば。

最初の1kmまでは、
緩い上り~ちょっと、登るかな?程度です。

ここで頑張っちゃうのは、
後を考えると、どーかな~・・・

1km過ぎたら、集落の中に入り、
道は狭く、勾配もキツくなります。
300m位にわたって急勾配。
集落を抜けて、ちょっと道は広くなり
一瞬勾配がゆるみますが、
左手集会所の手前で、勾配めちゃキツク
なります。
一瞬ですが、ここで無理をすると
必ず後に響きます。

1.7km手前位まで、フラット~緩い上りですが、
そんな幸せは長く続きません・・・

「ぎりぎり走れそうだ」という勾配が続くため、
走ってしまうのですが、
ここからジワジワとキツくなって行きます。

2.5km手前位。右手に手打ちうどん屋さんが
あるのですが、ダメな時はここあたりで
「もうダメだ・・・」と思い、
実際、そういう時は、
そこから立て直せたこと、ありません。

うどん屋の、のぼりが見えた辺りで
「キツイ」と思った方は、無理しないで。
ここから、メッチャキツくなります。
大阪側みたいに、
壁!みたいな坂はありませんけど、キツい。
また、暑い季節は、遮るものがないので、
直射日光がガンガン照り付けます。

左手に「いこまのたまご」の看板が見えたら
(養鶏場。産みたてたまご売ってるよ!)
お覚悟召されよ。
最高斜度の坂が始まります。
でも、そこを上りきったら、もうゴール近し。

もう一発、キツイ上りが見えますが、
さっきよりは緩いです。
信貴スカイラインの下の短いトンネルを
上って・・・ゴール!

お疲れ様でした~★

この所感は、

「10数km、アップダウンを走ってきて」

「暗峠奈良側を含めて、
10数km走らないと家へ帰れない」

という前提によるものなので、
かなり慎重です。
峠王を目指す方々は、
ガンガン行っちゃって下さいね。

さて、第三回暗峠王選手権。
わたしは、山頂で給水所を開設します。
昨年は奈良側のみ、参戦しましたが、
今年は参戦しません。
山頂で、皆様のゴールをお待ちしております。
頑張って下さいね!


スポンサーサイト
Secret