練習記録 2016.08.25 (木)
2017年別大の要項が発表されましたね。
参加資格(カテゴリー4 3:30:00以内)は
一応あるのですが、
いかんせんプレッシャーに弱いタチなので、
完走できるかどうか・・・
エントリーを悩んでいるところです。
早く決断して、参加するなら
ホテル押さえなければ★

さて、24日に実施した、
坂道ダッシュの続きバナシです。
まず、リザルト。
1本目 05:12
2本目 05:07
3本目 05:10
・・・イマイチでしたねー
1本目カラダ動かず、2本目ちょっとイケたけど、
3本目力尽きた、って感じでしょうか。
では、この坂道、少し詳しく見ていきますね。
試練の1km、こんな感じの道です。
20160825223613437.jpg


片側一車線の二車線道路。
狭い歩道は片側車線にだけあるのですが、
でこぼこだらけ。
この道は、頂上付近にある
大きい病院への道なので、
私が走る時間帯(19:30~21:00位の範囲)では、
職員の方の車くらいで、交通量は、ごく少ない。
歩いてる人も自転車の人も、
もちろん走ってる人も皆無!
( あ、ワタシ走ってますね。 )
したがいまして、大変申し訳ないのですが、
安全に注意を払いつつ車道を
走らせていただいてます。
さて、上図のように、1kmを
3区間に分けてみました。

《 A区間 》 スタート~250m
     平均勾配 3.2%
     スタートから150mほぼ平地。
     150mから250mまで勾配7%登り。

《 B区間 》 250m~600m(350m)
     平均勾配 6.8%
     けっこう急カーブ。
     登りつつ曲がるので、道にバンクあり。
     ラインどりが重要★

《 C区間 》 600m~ゴール(400m)
     平均勾配 7.8%
     700~800m、900~1000mは
     勾配9%に。(>_<)
     
・・・という特徴の3区間。
配分というほどではないのですが、
傾向として
●A区間の平地で飛ばしすぎると、
登り始めたとたんに脚に来る。
●B区間のカーブで、
ストライドを欲張ろうとすると、
とたんに脚に来る。
●C区間到達が0:3:00以内でないと、
あと絶対取り返せない。
●何をどーしようと、C区間に入ると脚に来る。

・・・今のところ「脚終わった感」なしで
走れたことありません。
ピッチ上げると少し足は楽になるのですが、
あとは心肺の勝負です。
GarminConnectから、
ペースとピッチを合わせた
グラフを見てみるとこんな感じ。
20160825223611f13.jpg


一見一定ペースで落ち着いて走ってるようですが、
体感的には、後になるほど必死で走ってます。
それはもう、ハナ穴全開で
ハムスターの滑車回し並に必死。(笑)

1本目のようにピッチが一定でない走り方をすると
脚の疲労感(前腿を使ってしまっている)
は倍増するので、
2本目からは意識的に
ストライドを狭めて、ピッチ上げました。
脚筋力というより、体が使えてないんですよね、多分。
このトレーニングの効用は、
●自分の走れなさ加減がよくわかる
●しんどくなってからも、頑張らなくちゃ終われない
ってところかな。
心肺にも効いている気はちょっとします。
あと、翌週のT20走のとき
「平地ってスバラシイ・・・」って思えて、
つらくない(最初は)ことぐらいですかね。
しんどい練習ですが、
ステキなことが待っていると信じて、
頑張って続けてみます。

●練習記録●
 2016/8/22 ランオフ
 2016/8/23 ジョグ6km
 2016/8/24 坂道ダッシュ6km
 2016/8/25 ランオフ

スポンサーサイト
Secret