2017.07.27 (木)
九州旅行2日目は、佐賀県と長崎県をまたぐ
多良山系最高峰、経ヶ岳(1,075m)に
行く計画でした。
帰りの飛行機は19:00過ぎ。
レンタカーの返却(空港近く)は18:00。
山から空港までは、30分~40分位。
とすると、お風呂に入ったりすることを
考えると、リミットは15:30~16:00終了。

行動開始の時間にもよるけれど、
経ヶ岳の南東にある多良岳まで行って
往復できないかな。

そんな青写真を描いていました。

恥を忍んで結論から申し上げると、
経ヶ岳の頂上には行き着けず、
山中でさまよう羽目に。
数mのことでしたが、人生初の滑落(?)も
経験してしまいました・・・
(人生最後であることを切に願います。)

本当に幸いなことに、怪我もなく
無事に下山、帰宅し
このように、楽しかった旅の記事を
書いているわけですが、
ひとつひとつは小さな不注意でも
山では、大ダメージで命にかかわる。
改めて身にしみましたので、
本当に馬鹿すぎで恥ずかしいのですが
書き残しておきたいと思います。
反面教師にしていただければ。

経ヶ岳へのアプローチは、幾つかありますが
わたしが選んだのは、
奥平谷キャンプ場近くの登山口からのルート。

WESTrootmap.jpg

経由ポイントとして
●馬ノ背
●千年樫
などを経て、頂上近くは急登。
二つの鎖場があるようです。
中々ハードそうですが、チャレンジしがいはある。

伊万里のホテルから嬉野~鹿島のR444へ。
カーナビは楽チンだ。
R444沿いの「奥平谷キャンプ場駐車場」に駐車。

WESTchusyajyo.jpg

色々な準備をして、行動開始したのは
10:00少し前だったでしょうか。

登山道への分岐。頂上まで120分の表示を見て、
「経ヶ岳までの往復になるかも」と思いました。

WESThyosiki1iriguchi.jpg

最初は林道っぽいので、走りましたが・・・

WESTrindoh.jpg

すぐガレ場になりましたので歩きに。
WESTgareba.jpg

だーれもいません・・・
真夏の登山としてはスタートが遅いこと、
このルートはマイナーのようなので
それででしょう。

写真ではわかりにくいのですが、
登山道ぽい道ではなくて、
踏み跡を見つけながら進まないと
ルートを外しそうです・・・
WESTmichi1.jpg

WESTmichi2.jpg

慎重に進んで、5合目馬の背に到着。

WESTumanose.jpg

私の感覚では、ここから、
さらに慎重に道を見ないと、間違える!
という感じになっていました。

WESTmichi3.jpg

それでも一応順調に、千年樫まで到着。
ホッとしました。

WESTsennenkasi1.jpg

WESTsennennkasi2.jpg

情報では、ここから10分ほどで
2本のモミノキがあるポイント。
そこを過ぎると岩場がある、とのこと。

うーーん、ないなあ。
ルートを外したか、戻った方がいいのか
と思った頃、こんな標識が。

WESThyosikitotop.jpg

よかったー合ってたんだ。
そう思って疑っていませんでした。
・・・この時は、まだ。

(恥を忍んで続きます)


スポンサーサイト
Secret