トレッキング 2017.07.31 (月)
大失敗に終わった、経ヶ岳登山。
無事に帰って来られたのは
天気に恵まれていたこと、
低山であったこと、
怪我がなかったこと、
など、あらゆる幸運に恵まれてのこと。

同じ失敗は二度と繰り返してはなりません。
ここはロストしてからの行動を
じっくり検証する必要があります。

登山歴43年Over、大ベテランの
ロッククライマーAさんを
「デラックス中華定食 
生ビール大ジョッキ付き」で
招聘し(笑)、ご指南賜ることに。

まず、ロストについては、
「あ~あるあるだね。」
ただし、
「リカバリの手段はたくさん持っとくこと。
あなた持ち玉少ないなあー」

・・・はい、ごもっとも。

Garminの軌跡を見たAさんの第一声。

「慌ててるねぇー(笑)」

そ、そうですか?できる限り冷静になろうと
つとめたのですが・・・

以下、問題点。

・引き返しの決断後、現在地が追尾できていたのに
 本来のルートに戻っていない。
 なぜわざわざ、キツイ斜面に戻るのか。
 戻ってなけりゃ、滑ってないよねー。
 あ、こんなの滑落じゃねーから。

・Try1、そう大きく方向をはずしてないのに
 何で戻ったの?

・Try2で沢側に降りてるけど、これは絶対にだめ。
 これがもし1kmなら登り返した?
 沢の崖は、地形図にも載ってないし、
 大体楽に下りられるなら、そこがルートに
 なってるって(笑)。

・Try3で林道に出てルートまたいだ時、
 冷静なら絶対に分かったはず。
 先を急いで、よく見なかったでしょ?

結論として、

「予想外の出来事が起こった時、冷静な行動なんて
とれっこねーんだって(笑)。」

ということのようです。

・地図、それも国土地理院の25,000分の一。
 それだけは何があってもマスト。
 ちゃちなコンパスでもないよりまし。

・低山でも、ヘッデンはマスト。

・GPSは大いに活用すればいいが、機器の選定は
 すること。

・出発前、ルートの線しか見なかったんでしょ?
 ルート外したときのために、
 ルート外の周辺の道も、しっかり把握すること。
 等高線も見て、地形もそこそこ見とくこと。
 この林道だって、国土地理院の地図には
 書いてるじゃーん★
 わかってたら、林道ウロウロしてないよね?

・・・もうごもっとも過ぎて、
真実パンチに、打たれ死に・・・

気になってたことを質問してみました。
Try1の時も、Try3の時も、
下りやすいところを選んでるうちに、
どんどん方向がズレてしまって怖かったのですが
どうすればよかったですか・・・?

「だーかーらー。闇雲に下りはじめるから
そーなるんだって~(呆)」

・方向を定めたら、目標物を決める。
 (あの枝の形の木、とか
  あの岩から左何m、とか)
 →途中で方向が変わっても、必ずその目標物に
  到達するようにする。
これを繰り返す。
・・・ナルホド。当たり前のことでしょうが、
思いつきもしませんでした・・・
ショボーン・・
(´-ω-`)

あと、デジカメの活用についても指摘が。

WESTResuqueogu.jpg

多良山系では、随所にこのような
レスキューポイントの看板があり、
万一の時には「Noxxの付近にいます」って感じ
でSOSを連絡するようです。
(わたしは携帯は別にガラケーを持っていますが
 ほとんど圏外でした。)
万一のためにレスキューポイントを撮影して
行っていました。
デジカメは生きていたので時系列で見直して
レスキューポイントが出てこないか
チェックしていたのですが。

「・・・バカじゃねーの(呆呆)・・・」
「分岐とか目印も、何で撮影しとかないの。」

・・・はっっ。

撮影時は、進行方向と、必ずその逆からもすること。

「スキルがねーんだから、
単独行で、初めての場所に行くんなら
そのくらいやんなきゃ。」

・・・ぐふっ(吐血)・・・
( ´゚Д゚)・;’.、カハッ

打ちのめされたわたしを見て
デラックス中華定食のせいか(笑)
Aさんちょっと優しくなり、

「まあでも、気力が続いたのはよかったよね。」

・・・あら?褒められた?

「あなた、ムダに体力あるしね。」

・・・ん?

「ちゅーとハンパなタイムのランなんて
やめちゃって、クライミングやろうよ。
その体力と、ガタイを生かさなきゃ!」

・・・なんだか、disられてるのか
見込まれているのか、よくわからない
お言葉ですが、ガタイって・・・(笑)

と、とにかくAさん、ありがたいご指南
いたみいります。
ありがとうございました!
勉強させていただきました。

・・・って、ブログのことは知らないから
絶対に見てないけど。
でも、クライミングはやめときます・・・
早死にしそう(笑)。

スポンサーサイト
Secret