2016さが桜 2016.09.10 (土)
今日、登坂LSDのリベンジをしてきました。
玉砕覚悟で、正午からスタートしましたが、
湿度の低さに助けられたのかな?
無事リベンジできました(^O^)
良かった~。
これで、心おきなく60kmに挑戦できます。



2016年4月3日に開催された、「さが桜マラソン2016」。
「日本屈指のフラットコース」とはどんなものか?
遠く、奈良から山岳民族(笑)が参加しました。
20160910191419a09.jpg

開催以来、初めてという(笑)満開の桜。
途切れない暖かい応援。
ゆきとどいた運営。

とても良い大会に参加したと思いました。
備忘録もかねて、その時のお話を
書いておきたいと思います。
まずは、エントリーと交通などの実務情報から。

●エントリー●
2015年10月20日 20:00開始でした。
「数時間で満員」「なかなかつながらなかった」などの
コメントを読んで、19:50にはランネットにも接続し、
PCの前でスタンバイ。
いつも通り、20:00数秒前に、F5キー押下!
エントリーボタンクリック!
・・・接続待機画面からエントリー画面に変わるまで
5分弱かかりました。人気大会なのね。

●宿泊●
無事エントリーできて、返す刀でホテル確保~
・・・できませんでした。
大会会場最寄の、佐賀駅周辺の
ホテルは既にいっぱい。
とりあえず、新幹線最寄駅、
新鳥栖駅近くのホテルを確保。
結局、前々日まで粘って探し続けましたが、
ダメでした。
そのまま予約していた鳥栖に宿泊しました。

●交通●
レース会場は佐賀駅から徒歩15分くらいです。

新大阪~博多 新幹線
博多~佐賀は、在来線で1時間強。
特急に乗れば30分少々です。
私は、鳥栖に宿泊していたので、
往路:新大阪~博多 新幹線 
   2時間くらい。
   博多~鳥栖 在来線 
   30分くらい。
新幹線は、JR「おとなび」で安く
予約したのですが、
新鳥栖までの列車がありませんでしたので、
この行き方になりました。
ゼッケンは事前に送付して
下さるため受付なし。
夕方に出発できたので、
家事都合的にはとても助かりました。
レース当日、鳥栖から佐賀までは、
特急を使わなくても大丈夫でした。
40分弱。
復路:佐賀~博多 特急
   博多~新大阪 新幹線
13:40位の特急で佐賀を出て、
15:00過ぎの新幹線で博多を出発。
まだほの明るい時間に帰宅できました。

ただ、佐賀~博多間の特急は本数が、
多くないせいか、とても混みます。
できれば指定席を予約できれば良いのですが。
私はダダ混みのデッキ部分で立ってました。
でも30分位ですけどね。
博多~会場間のランナーバスも、出ていました。
(要予約)
帰りのバス出発が、16:00~しかなかったので
諦めました。
あと、博多~佐賀の往復おとく切符として、
「さが2」「さが4」というのがあり、
特急を使うならお得です。
「さが2」=2枚つづり¥2,260 @1,130
     博多~佐賀 特急自由席 ¥1,930
JR九州でしか販売していないので、
こちらから買っては行けませんが、
博多駅のみどりの窓口に専用の自販機がありました。

以上、とりとめなく書いてみましたが、
関西から参戦する方の、
何かの参考になれば幸いです。

次回、レース編。
スポンサーサイト
Secret