FC2ブログ
お盆休み初日の、8/10
京都一周トレイルで
嵐山〜二ノ瀬まで行って参りました。

20190816013720995.jpg

走り終えた後、
汗まみれ塩まみれで獣臭すら放つ身体で
人の多い公共交通機関に乗るのは
とても申し訳ないと思いましたので、
走って戻れるように
クルマは、市原に停めました。
(二ノ瀬付近には駐車場なし)
そこからバスで
国際会館駅まで行き、
地下鉄を乗り継いで
太秦天神川から嵐電で嵐山まで。
はー。走り出すまで遠いわね…

201908160136506ab.jpg

諸々準備して、嵐山公園から
スタートしたのは9:10過ぎでした。
既にだいぶ暑い…

嵐山から六丁峠を抜けて、清滝方面へ。
渓流沿いを走るので涼しい。

201908160137501e7.jpg

約7.5km先、渡猿橋までは西山コース、

201908160137322eb.jpg

そこからは北山コースの始まりです。

20190816013743d62.jpg

愛宕山を左に見ながら、高雄方面へ。
30℃を超えていますが
渓谷(錦雲渓)や、木陰のロードを走るため
気温ほどは暑くない…?
、ような気が…?
紅葉で有名な高雄、
青紅葉の時期もキレイ。

2019081601404285b.jpg

川床などがしつらえてあったりで、
風情がありますねー。
求ム、ご招待!(笑)

2019081601403273e.jpg

R162をまたいで福々谷林道に入る
ときに見た温度計。
…見るんじゃなかった…

20190816014053c94.jpg

ここまで11km過ぎ、経過時間は
1:50過ぎ。遅っっ!
福々谷林道からはダラダラ上り。
歩き走りで上がります。
標識通りならここだよね、という
ほっそい入口からトレイルに入ります。

2019081601394427a.jpg

狭い上り口を上がって尾根筋に。
倒木が多い…マーカーを見失わないように。
下って、沢の池。

201908160144213a9.jpg

お弁当など召し上がってるハイカーさんが
いらして、そういえば補給してない
と思い出しジェル摂取。
道は林道の下り。

北山コース75に入るところで
崩落のため、迂回の表示が出ていました。
右に行ってトレイルに入ればすぐですが
林道を下らないといけないみたい。
下ってUターンするべきところを
間違えて下りすぎ、また上り返す
という一幕がありましたが、
なんとか75番に着きました。
はー。疲れてきた…
上りがキツい…

20190816014216351.jpg

ところで、水分のハナシですが。
始めるまでに1L飲んで
1Lを持ってスタート。
8km愛宕山付近の自販機はパス、
8.6 km 清滝橋付近の自販機で
350ml飲んで500ml補充。
20kmあたりの「レストランはせがわ」で
自販機があると思いこんでいたので
1Lに補充しようと思っていました。
そして甘い飲み物も飲もう、と
それだけが楽しみでした。

2019081601524493a.jpg

果たして辿り着いた
「レストランはせがわ」。
…自販機、ありませんでしたよね…

20190816014421def.jpg

メニューを見ると、焦がれていた
コーラは400円ナリ。(250ml位)
でも背に腹はかえられず注文し
出された水ポットの水をフラスクに
補充しましたが、700mlくらいで
1Lにはならず。お代わりも言い出せず
ビショ濡れのランパンのまま
座席に座ることが申し訳なくて
椅子の端っこに引っかかりながら
高級コーラを味わいました。

まあ!ねこ様が…!
触ろうとするとご不興を買いましたが
写真は許されました。
(ねこ様に。)

20190816014311132.jpg

お手洗いを借りてリスタート。
それにしても遅すぎる。
理想としては2:40、暑さとルート初見を
考慮しても3:00以内には
はせがわに着いていたかったのに、
4:00近くかかっています…
ロストやルート確認もしてますが
それにしても。

しばらくロードを上って下って。
氷室神社を過ぎてまたトレイルに
入ります。
倒木だらけ迂回だらけですが、
マーカーを頼りに
黙々と上って下りて。

20190816020036478.jpg

水は節約してたのですが、
転んで膝に小石がめり込んだ時、
傷口を洗うのに少し使ってしまいました。

難所、向山にさしかかります。
上り、きっつい…
強い陽射しと高気温、中腹あたりで
脚が止まって、給水。
ついに水が切れました。
あ、マズいかも。

下りるべきかとおもいましたが、
頂上は見えていて、
そこから下るなら無給水でも
何とかなる。そう思って上り、頂上。

ところが。

いったん下ったものの、また上り返し。
地形図を見れば、上り下りを
繰り返す山であることは
すぐわかるのですが、高度計だけ見てたので
ガッカリ感、ハンパなく
もう完全に戦意喪失。
ただ、ルート通りに行くと、
もう少しで右に曲がって下り始めるはず。
分岐を見落とさないように慎重に
進みました。

ところがGPSの現在地が分岐点に
さしかかっても、右折ルートが
見つかりません。
直進しても下山できますが、
縮尺50mとかで地図を表示させてるので
ものすごく遠回りに見えます。

水はない。暑くてたまらない。
頭は痛いし転んだ脚だって痛い。

もうやだ。右折する。

ルート線通りに、踏み跡もない道を
右方向に降り始めました。
今考えるとなんてバカなことを、
と思うのですが、
疲労と判断力の低下って恐ろしい。
そのまま斜面に突っ込もうとした時、
足裏の、ふかっ、とした感触で
記憶が蘇りました。
佐賀の経ヶ岳で、ルートを外して
斜面を滑落したときの記憶が。
ルート外の道が、どんなに歩きにくいか。
そして登り返すことの難しさ。

…っぶねー。
すんでのところで我に返り、
遠回りですが、正規と思われるルートへ。
(赤・右折ルート、青・正規ルート)

20190816015248a01.jpg

上りが出てくるたび、悪態をつきながら
自販機で冷たい飲み物を飲むことだけを
夢見て進み、ロードに出ました。
向山に入ってから、3km強。
時間にして何と1時間。
時間の感覚は全くありませんでした。

レースのコースは貴船方面に行きますが、
逆方向の二ノ瀬方面へ行き、
1km先で自販機を見つけたとき
ダ○ドーの文字が光輝いて見えました。
普段、「なんだ、ダ○ドーか…」とか
思ったことは忘れてね!
ブラボー、ダ○ドー!
ダ○ドーに幸あれ…!!

脱水にならなくて、ホントによかった。

灼熱地獄のロードをヨボヨボと
駐車場に向かってさらに2km。
ようやく32kmの長い長い旅路が
終わりました。

ロードに出た29.5km地点で
6時間15分ほど。
関門は30km鞍馬エイドで6時間。
完全に関門アウトのペースです。

嵐山〜清滝橋 7.5km
予1:10 実1:15
 〜福ケ谷林道 11km
予1:30 実1:50
 〜レストランはせがわ 19km
予2:50 実3:55
 〜向山 26km
予3:45 実5:13
 〜守谷神社
予4:45 実6:13

ベッタリ休憩したところは
ほとんどありません。
暑かったのは暑かったし、
終始スマホの画面を確認しながら
走ってましたが、それにしても、です。
しかも本番はこれでまだ
半分も行っていないという…

うわー。どうしよう。
ホンマにどうしよう。
エントリー自体が無謀だった気が
してきてます…






スポンサーサイト



Secret