2016あいの土山 2016.11.07 (月)
皆様、わたくしのDNF報告に
暖かいお言葉を頂戴致しまして
ありがとうございます。
m(__)m
人様の、情けが本当に身に沁みる
今日この頃。

DNFレースのレポがどなたかの役に立つことは
まあ、そうないかと思いますが、
備忘録・今後の自戒などなど、
主に自分のために
書き残しておきたいと思います。




お話はレース2日前の金曜日に遡ります。
整体に行き最終チェック。
先生からは、
「出走していいでしょう。
でも、くれぐれも、
記録更新とか狙わないで下さいね。」
と釘をさされました。
膝裏に、ブッスーと鍼を打たれて、施術終了。
そして、レース当日。

ちょっとしたアクシデントはありましたが、
無事に会場駐車場に到着。
フルに出走の
やべっちさん、Twilightユキさん、りょうたさん。
ハーフに出走の、じぇーてぃーさん。
応援して下さるカブさん、し~やんさん。
そして、驚きの、だれやねんさんの姿が!
( ̄□ ̄;)
フルに出走されるとのこと。
マジで、驚いてしまい、ちょっと悔しい(笑)。

皆様と談笑したり、エールを交換したりしているうちに
時間がやってきて、スタート位置に。
女子フルは人数が少ないため、整列はほぼフリー。
2列目になっちゃいました。
しまった。邪魔にならないよう、
スタート直後はダッシュしなくては。
・・・ってなことを考えているうちに、
スタートしました。

●スタート~5km●
《設定》 0:23:45
《実績》 0:23:26
《Garmin》 4'25"―4'48"―4'38"―4'41"―4'48"

スタート直後、下り坂なのでペースは上がります。
3km過ぎには、自分の前に
3人しか走っていない状況に。
先頭のお二人は、トップ争いの方たちなので
みるみる遠ざかっていきます。
5kmまでは、上ったり下ったり。

●6km~10km●
《設定》 0:23:55 0:47:40
《実績》 0:23:20 0:46:46
《Garmin》 4'41"―4'43"―4'44"―4'33"―4'39"

青土ダムへ。登録女子に一人抜かれました。
が、設定ペースより少し早いので、
ペースダウンの方向で。
9、10kmは下ってますので4'40"切るあたりで。

●11km~15km●
《設定》 0:23:30 1:11:10
《実績》 0:22:48 1:09:25
《Garmin》 4'31"―4'31"―4'39"―4'39"―4'28"

元々30kmからは、何をどうやっても
ペースアップが難しいので、
そこまではハイペースで、とは思ってました。
けれども
下っているとはいえ、ちょっと飛ばしすぎました。
あと、5秒ずつ抑えないと、という感じです。

●16km~20km●
《設定》 0:24:05 1:35:15
《実績》 0:23:20 1:33:08
《Garmin》 4'34"―4'40"―4'27"― 5'31"―4'17"

16kmで、カブさんとし~やんさんが、
応援してくださいました。
18~19kmの激坂前に、できるだけ稼いでおきたい
という気持ちが完全に冷静さを失わせていました。
激坂では、脚を使ってしまっているのに、
その後の下りで4'17"て。
何か改めて見ると「生き急いでる」感じのラップに
見えてきます。
このあたりで、右膝内側に
違和感を感じ始めました。

●21km~25km●
《設定》 0:23:23 1:58:38
《実績》 0:24:52 1:57:55
《Garmin》 4'36"―5'06"―4'49"― 5'07"―5'14"

茶畑から農道に入ると、ものすごい強風。
油断すると飛ばされそうな程。
遮るものが何もないので、横から前から来ます。
ペースが落ちても
膝の違和感は消えず、「ここ、ねじれてます。」と
主張を増すばかり。
強くはありませんが、痛みも出てきました。
整体の先生の「絶対無理するな」の言葉が、
よぎります。

ああ、アホすぎる。
身のほど知らずなペースで走ったから、
キッチリつけがまわってきた。
今更後悔しても、後の祭りです。

・・・これ、続けてたらどうなるの?
このレースを軽んじているわけではない。
でも、もし今シーズン棒に振ってしまったら?
3:20:00を切るチャンスは、
もうないかもしれません。
年齢は言い訳にはしません。
でも、51歳。
大飛躍なんて難しいだろうし、
これまでだって、必死で練習しても
ちびちびしかタイムは上がってない。

・・・そう考えていたら、
怖くてたまらなくなりました。

いやだ。絶対に故障をこじらせたくない。
いやいや、痛みが強いわけではない。
走れるんじゃないの?
という気持ちとのせめぎ合いの中
25kmに到達したとき。

自分でも、アレレ?と思うほどすんなりと
係の方に告げました。

「リタイアします。」

次回、リタイア後のことを少し。


スポンサーサイト
Secret