奈良マラソン練習 2016.11.25 (金)
先日の、第3回奈良詣でのコース。
昨年の同時期に、ほぼ同じコースで30km走を
実施しています。
(相違点→去年は30kmの距離合わせを
ジョグで行った。)
昨年から、どのくらい向上してるのだろうか?
タイムは4分強ほど短縮してますが、
具体的には、どこで短縮しているのか。
上りが早くなったのか、下りが早くなったのか。
(平地があまりないコースなので・・・)
ペースの落ち込みがなくなったのか。
ふと気になったので、比較してみました。


20161125231052990.jpg

プリントアウトしたグラフを
カメラで撮った画像なので見にくくてすみません。
折れ線グラフの青線・・・昨年
折れ線グラフの赤線・・・今年
緑色の面・・・高低差

タイムは第一軸。上に行くほど遅い。
高低差は第二軸。上にいくほど上り。
下にいくほど下り。
まー昨年も今年も、
見事に、高低差とタイムが
比例しております。
注目したい部分を、A、B、Cで囲んでみました。

A・・・高樋町の上り。
奈良マラソンコース17km~19km。
昨年より山が低い。上りをギリギリまで粘れている。
B・・・白川ダム復路。
奈良マラソンコース28km~29.5km。
昨年より山が高い。上りでの失速幅が大きい。
C・・・ヤマザキデイリーの坂。
奈良マラソンコース35.5km。
同じく、昨年より山が高い。上りで超失速~。

このグラフから、
●全体的なスピードは少し向上している。
●特に下りのスピードは上がった。
●勾配のキツイ坂でのスピードは、上がっていない。
という傾向が読み取れますが。

上りのスピードが上がっていない、というのは
結構ショックです・・・
坂ダッシュなどで、
向上に努めたつもりだったのですが・・・
そういえば、坂ダッシュのタイムも
中々縮まりません(>_<)
上り坂って、どうやったら速くなるのかな。
フォームに無駄が多いのかしら。
心肺がキツイというより、
脚が動かなくなることが多いので
脚筋力?
う~ん・・・ウェイトがあるのが悪い?
明日、恐らく最後の奈良詣でを
行う予定ですので、ちょっと意識しながら
上ってみます。
坂に負けるな、自分!



スポンサーサイト
Secret