2016奈良マラソン 2016.12.04 (日)
サトさん、タイトル真似しちゃいました。m(__)m

いよいよ来週末に迫った、奈良マラソン。

思えば、昨年の奈良マラソンは会心のレースでした。
ネット3:25:00台、ものすごくうまくいって、
25分切りを狙えるかどうか、とスタート。
往路を抑え気味に走ったことが功を奏して、
後半もペース落ちずに走れて
ネット3:22:02。
途中グローブを落として戻った一幕があったので、
実質21分台だと思います。
出来杉君・・・
今年は、何としてもネット20分切りを達成したい。

昨年の実績と、レースペース走の結果を
踏まえて、レースプランをたててみました。
自分の覚書も記載させていただきます。
スタートブロックは、昨年C、今年B。

●~5km●
<昨年実績>24'16"
<プラン>23'54"
スタート直後は混雑しますが、下りで始まるので
ペースは上がるはず。
1.8kmで高天交差点を右折したら、
道は広がるし、下り基調なので、
早めにオンペース(4'45")に乗せる。

●~10km●
<昨年実績>24'12" 48'28"
<プラン>23'45" 47'39"
緩やかな上り基調に転じるが、
キツクない。
少しキツイのは、
油坂、近鉄奈良駅過ぎ、春日大社手前。
高天交差点から10kmの部と合流。
9km、10km過ぎまで、道幅狭くなって
混雑するので、ペース落ちる。
イラつかなくてすむよう、
それまでで、少しだけ貯金しておくこと。
でも4'40"よりは絶対に上げない。

●~15km●
<昨年実績>23'36" 1:12'04"
<プラン>23'16" 1:10'55"
下り基調。
練習では、22分台で走っていたが
絶対に調子に乗らない。
4'35"より上げたらいけない。

●~20km●
<昨年実績>24'47" 1:36:51
<プラン>23'56" 1:34'51"
15km過ぎで、少し上り。
窪之庄で左折後平坦に。
が、16kmから上り開始。
最初は緩やか、徐々に斜度が上がって
奈良東病院を過ぎたらいったんキツクなる。
17kmで右折したら、斜度は緩む。
17.5kmからキツクなり18kmから最大難所。
キツイけど長く続かないので我慢。
道が狭いので、走りにくいが、ペースを
必要以上に落とさないように。
上りのキツイとこでペース落ちたら、
私は中々戻せない。
18.7kmから下りに転じる。

●~25km●
<昨年実績>23'32" 2:00'23"
<プラン>23'08" 1:57'59"
白川大橋往路。風が吹くと吹きさらし区間。
ここはペース上げてもいいが、天理市内に
入ってから注意。
山野辺幼稚園までは微妙下り。
ペースが上がっているのは
私の走力ではなく、下っているから。
左折後、微妙上りに。
23km過ぎで斜度上がる。
右折後、平坦に。ファミマで右折後は下り。
道狭い。天理大橋北詰で折り返して上りに。

●~30km●
<昨年実績>24'22" 2:24:45
<プラン>24'12" 2:22'11"
復路始まり。ここから正念場。
リスタートするつもりで、切り替える。
天理教本部では必ず給水。
ファミマまで上り。
ファミマで左折後、山野辺幼稚園右折まで
平坦~下り基調。
この後難所だらけなことを忘れないで、
でもペースは上げ基調で。
天理高校過ぎると上り始まる。
白川大橋復路の始まりは、
斜度キッツいが30m位。
無理しなくていい。
そのあと、ながーい上りをしっかり走る。
給水所もパス。マイペーサー見つけて、
とにかくピッチ落とさず、ついて行くこと。
いったん斜度がゆるむけど、もう一段、上がる。

●~35km●
<昨年実績>23'48" 2:48'33"
<プラン>23'30" 2:45'41"
31km~33kmの高樋町の下りを終えた後、
平坦になったとき
フォームの立て直しをする。
その後の山本珈琲横の上りは、
道の真ん中通ること。
その後の左官屋さんまでの坂の方が
斜度はキツイ。油断しないこと。
下りの後、平坦になったとき
脚にブレーキかかった気がするが、気のせい。
着地位置リセットして、リラックス。

●~40km●
<昨年実績>23'10" 3:11'43"
<プラン>23'05" 3:08'46"
デイリーの激坂。ピッチ落とさず頑張る。
ここでペースが落ちても、越えたら下り。
切れないこと。
もう一度短い上りあり。
キリン堂が見えたら、下り基調。
もう、ガンガン行け~

●~ゴール●
<昨年実績>10'19" 3:22'02"
<プラン>10'19" 3:19'05"
絶対に200分を切る気持ちで、
最後の1秒まであきらめないこと。
気を緩めないこと。
何のために練習してきたか忘れないこと。
タイムを縮めるんだから、
しんどくて当たり前。
いつもゴールすれば苦しくなくなるでしょ?
あと10分だけ、がまん!

・・・精神論みたいなものも
入ってしまいましたが
ごめんなさい。
とにかく、復路が勝負なので、
熱い気持ちで、アタマは常に冷静に。
「限られた資源(走力)を大切に。」をスローガンに、
体力ゲージが、ゴールでエンプティになるように
上手に使い切れればなぁ。



スポンサーサイト
Secret