2016奈良マラソン 2016.12.16 (金)
奈良マラソンレポ、続きです。
今回は、いつもにも増して長いので、
お時間のあるときに、ぜひどうぞ~




●21km~25km●
《設定》 23'08" 1:57'31"
《実績》 22'39" 1:55'49"
《Garmin》 4'29"―4'21"―4'37"―4'42"―4'30"
白川大橋にさしかかるところで20km。
橋を上がりますが、見た目ほど斜度はありません。
・・・ってことは、帰りは下りですが、
さほど稼げないってことでもありますが。
やがて下りの始まり。
中間点で補給をする予定なので、
スパイベルトから、
ソフトフラスクを出してスタンバイ。
21kmラップは、4'29"。
あーちょっと早いよね。
でも天理市街に入ったらペース落ちるだろうし、
下りもあと1km。
わざわざ加速はしないけど、脚なりで走ろう。

結局攻めるでもなく、守るでもないまま
中間点を過ぎ、給水後、
ソフトフラスク
(ワンセコンドBCAA2本
+ここでジョミのMIX)
から半分量摂取。
ワンセコンドは甘くないので飲みやすいのですが、
今は物足りなく感じるよ・・・
糖分を欲している?

天理市街に入って、22kmラップ。

4'21"。

ギャー。 (@Д@;)

早いよ、早い。
土山での失敗が頭をよぎります・・・
山野辺幼稚園交差点で左折すると、ビミョー上り。
つきあたり右折する直前、
斜度が上がるのでちょっとキツイけど、
これは坂のせい。
心折れてはいけません。

このへんスライド区間なのですが、
わおんさんは見つけられず。

左手に天理大学を見ながら、
折り返しの天理大橋北詰を目指します。
折り返す少し前の、スライド対面側に
25km地点があるのですが、
そこまで距離があるように感じて
「アタシ遅れてる?
設定時間までに25kmに着かなくない?」
と慌ててペースアップ。

結局25kmラップは、4'30"。
設定時間内に到達してます。
・・・早いって。

これ、昨年もやりました。
・・・学習しようよ・・・(ToT

さて、25kmまでは、余裕を持って走れて当たり前。
奈良マラソンは、ここからです。
試練の後半の始まり。
今年は、ここから絶対楽しんで走れない。
スタートから、そう覚悟していました。

●26km~30km●
《設定》 24'12" 2:21'43"
《実績》 24'02" 2:19'51"
《Garmin》 4'36"―4'42"―4'34"―5'02"―5'07"
天理教本部を過ぎると給水所。
白川大橋上りで脚を止めないためには、
ここでの給水がマスト。
給水後、塩タブレットをいただき、食べました。
ん、ちょっと飲み込みにくい・・・

グガっ★
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡

のどに、粉末がはりついたーー!
ゲヘゲヘやりますが、取れません。
誰か、だれか水をくれーーー!
道が上ってることもあって、息が上がってきました。
「・・・倒れるかも?」
このレースで、一番パニックになった時間でした。
一人、死闘を繰り広げる私。

スライドでユキさん発見。
「ユキさ・・・カハカハ、ゲヘゲヘ(息が~)」
やまけんさん発見。
「や・・・カハカハカハ、ゲヘーーーーッ★」

その時、マラソンの神様のご加護が舞い降りて、
ひっかかりは何とか取れました。
あ~びっくりした。

気を取り直して、
スライドに発見したTHさんにお声掛け。
続いて、山ちゃんに発見してもらい、ハイタッチ。
「落ち着いてね。」と、
エールをもらいました。o(^-^)o

さて、21km過ぎで補給したばかりですが、
とお~くの方から「エネルギー切れ?」な気配が。
ここで足音を無視すると、
遠からず必ず身体が動かなくなるので、
ここでジョミ投入。
(身体が甘味を欲していたので)

「飲んだよ、飲んだからね。」と
身体に言い聞かせます。
(って、鏑木さんが言ってたので)

白川大橋に向かう道のスライドで、
一休さんの仮装の、夫・たくやんが。
いつもはスライドで会っても
ちょっと手を挙げる位の夫ですが、
今日の私のチャレンジは解っているのでしょう。
珍しく、「頑張れよ!こっからやぞ!」と
声を掛けてくれました。

くそぅ。嬉しいじゃないか。

続いて、小動物ピカチュウの
かおりんさんともハイタッチできて、
いざ、難所「白川大橋復路」へ。

上りっぱなは、キッツイ勾配。
脚が、びっくりするほど上がりません。
でもこの斜度は、続かない。
速歩き程度のペースでも、脚が止まらなければいい。
やがて斜度がゆるみます。

さあ、ここから。
マイペーサーを探しますが、
めっちゃ速くて追いつけないか、
絶賛撃沈中かのどっちかの人しかおらず、
うまくいきません。
仕方ない。
前だけを見ながら、必死で上がります。
うー脚が重い。


アゴが上がって腰は落ちて、
多分ひどいフォームの私。
えらく遅くなっている自覚があったので、
29kmラップは、もう見ませんでした。

※結局、29km5'02"、
30km5'07"だったので、
かなり登れてないですね。
昨年(4'58"、5'03")よりも落ちています。

ようやく上り切っても、
「もはや脚はこれまでか。」
と思っていました。
30km手前に出して下さっている、
「ゴール時間予測ボード」に
「3:17:**」と表示されていても、
「そうなのか」という感じ。

30kmに到達。
コース上の時計は2:20:30。
そこでやっと我に返って、思いました。

私の考える、後半の難所は
「白川大橋復路~
デイリーヤマザキの坂まで」。
約6kmにわたるアップダウンの繰り返しを制することができるか。
そのために、奈良詣でを繰り返してきました。
タレて終わりたくない。
タイム云々よりも、
難所を制したいという気持ちが
勝っていたのでした。

頑張れよ!こっからやぞ!
>自分!!

(長々とすいません。
 続きます。)


スポンサーサイト
Secret