2016奈良マラソン 2016.12.18 (日)
今日は、実家に行って
母の年賀状作成を代行してきました。
この作業中、必ず一回は母とモメるのですが
今年も、やっぱりモメました。(笑)
母も高齢になりましたので
昨年と同じことが出来ている、
というのは、ありがたいことです。
モメている最中は、ちょっと腹立ちますが(笑)。

さて、奈良マラソンレポ、続きです。




●31km~35km●
《設定》 23'30" 2:45'13"
《実績》 23'06" 2:42'57"
《Garmin》 4'58"―4'44"―4'18"―4'43"―4'22"
天理大グラウンド方面に戻る道は、上り。
とりあえず、さっき坂で抜かれた男性の背中を
追いかけます。20m位の差を頑張って縮めて
抜きました。よっし。
グラウンド横の道に入ってからも、
ターゲットを決めて、
その人に追いつき追い越すことを
繰り返します。

そのうち、グラウンド横を抜けました。
ここからは、試走を繰り返した、
勝手知ったる道。
下りに女性ランナー2人が見えました。
このタイム域の女性は、
終盤で崩れる人が少ないので、
是非ともついていきたいところ。
だいぶ差はありますが、
頑張って追いかけました。
その間に、忘れずメイタン摂取。
下り坂の終わりかけで、何とか追いつきました。
が、お二人ともペースダウン気味。
残念ですが、先行します。

給水所で、バナナをいただきます。
今度は四分の一本。良かった★
脚が終わりかけの今、
ガス欠だけは避けたい。

山本珈琲横の坂。(右手竹やぶ)
~激下り~数少ない平坦道を経て、35km。
ここまでGarminは
ほとんど見ていなかったのですが、
コース上の時計は確認。
・・・大丈夫。まだ貯金は減ってない。
だけど問題はこの先の、
デイリーヤマザキの坂。
短いけれど、恐らくコース中、最大斜度です。
「D」の看板が見えてきました。
怖いけど、行くシカない!

●36km~40km●
《設定》 23'05" 3:08'18"
《実績》 23'00" 3:05'57"
《Garmin》 4'42"―4'40"―4'41"―4'41"―4'16"
35.5km。
デイリーヤマザキの坂に突入。
予想通り、脚は鉛のよう。
競歩なみのスピードしか出てません。
坂の途中で有森さんがいます。
ハイタッチして、頑張ります。
有森さんの「いちに、いちに」の掛け声に
合わせて脚を動かして・・・上りきった!

ガクガクの脚を、すぐリセットしなければ。
坂が上がれなくても、
平地と下りでリカバリすればいい。
切り替えろ!急げ!

・・・36kmラップだけは確認しました。
4'42"。
よし、悪くない。切り替え成功やね。
これで難所は乗り切った。
まあまあ頑張ってるやん、ワタシ。

ここ以降は基本平坦ですが、
短いアップダウンもあり
気持ちが折れやすい。
とにかくマイペーサーを探して、
追いかけ、抜くの繰り返し。

次々とオトコをのりかえて(まあ♡♡)
いくうちに、TEAM50の幟。
し~やんさん、秘密兵器さん、カステランさん。
今度はハイタッチできました。
本当にありがとう!

給水所でボランティア中のストラトさんにも
「いけるよー」とエールをいただき、
とにかく、前へ。

いまさらリアルペースなんて
見ても意味がない。
抑えるようなペースで
走れてる訳がないし
落ちていてもどうすることもできない。
とにかく、必死で前へ。
走れ、走れ、走れ、私。

奈良公園手前のアップ&ダウン。
うう・・・上りキツイ。
でもここを上がれば・・・
下りーーー!

県庁前の曲がり角で、やべっち奥様の
みほさんの応援。
私はぐわTではなかったので
多分気付いてもらえないだろうと
「みほさーん、みほさーん」と
猛アピール。
ハイタッチに成功しました。
みほさん、ありがとうね。

県庁から40kmまでは、長い下り。
・・・え~こんなに長かったっけ?
でも、下りだ。
つっこめー!
40kmで時計を確認。

3:06'35"。

ここでやっと、タイムのことを
考えました。
もしかして、本当に、わたし
200分切れる?

●41km~ゴール●
《設定》 10'19" 3:18'37"
《実績》 10'36" 3:16'33"
《Garmin》 4'36"―5'09"―0'51"
タイムを意識したことで逆に
ちょっと糸が切れた感じがあり、
マズイな、とは思いました。
問題はこの終わりかけている脚で、
41kmからの最後の坂を上がれるか。
とにかく、41kmまでは全力で!
41kmまでは、ビミョー下りなので
何とかペースアップできました。
そして、いよいよ問題の坂へ。

・・・うーわー。
脚、上がりゃしねー。

必死でピッチを上げますが、
ペース全く上がらず。
41kmまでで抜いた男性ランナー達に
抜かされ返されますが、なすすべなし。
坂を上がり切り、競技場へ。
ペースを立て直せないまま、
長い長い(と、感じる)道を走り、
やっと競技場へ。
トラックに入り、時計が見えて・・・
3:16:59から、17分台に入ったな、
と思ってしばらく。
ゴールマットを踏みました。

3:17:11。

200分切れた・・・
初めて切れた・・・

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

わたし、やりとげたよーーー!

(レポもゴール!
 次回、ゴール後のこと。)

スポンサーサイト
Secret