泉州国際2017 2017.02.20 (月)
皆様、泉州国際マラソン2017の速報に
コメントいただきまして
ありがとうございます。
レースを終えて、時間が経つにつれ、
ハムストとふくらはぎに激しい筋肉痛が。
と、同時にふがいないレースへの悔しさも。

寝ている間に、ものすごい歯ぎしりを
していたらしく、顎がめっちゃ痛いです。
というか、安眠妨害ごめん、夫と愛犬。




気を取り直して、レポ行きたいと思います。
時系列が変ですが、スタート前までの
ことはレースレポが終わった後、備忘録として
書き留めておくとして、
スタート直前から始めてみます。

スタートブロックB(3:20'00"で申請。)
前から5列位に整列。
スタートロスは、41秒でした。

●~5km●
《設定》 23'20" 
《実績》 23'01" 
《Garmin》 4'47" - 4'25" - 4'35" - 4'37" - 4'36"
※ 1kmのラップタイムはGarmin値ですが、
公式の5kmラップとの誤差を按分しています。

今回はグロスタイムを気にしていないので
スタートロスは良いのですが、
最初の混雑はできるだけ避けたい。
隙間を見つけて、できる限りペースアップ。
1kmラップ、4'47"。よっし4分台。
旧26号線に出て更にペース上げます。
できたら、5kmラップを借金なしの
23'10"で上がりたい。
3km過ぎでやまけんさん発見。
スリムな身体で、軽やかな走りでした。
お声かけして先行。
折り返しの手前で、「ぐわぁTがんばれ」
の声が。
ん?と思ったらえーかわさんの
サプライズでした。
ありがとうございました!
キッチリびっくりしました!

折り返して5km。
借金なし、というか、ちと早い。

●~10km●
《設定》 23'05" 0:46'25"
《実績》 23'22" 0:46'23"
《Garmin》 4'39" - 4'39" - 4'41" - 4'38" - 4'45"

5km過ぎで、スライドからマッスルゴリさんに
声かけていただきました。
爽やかスマイル、嬉しかったです。
さて、5kmは借金なしだったので、
ここは23'10"(@4'38")で行きたい。
もう少し落としてもいいかもしれない。
普通は、序盤では、かなり意識しないと
ペースダウンってやりにくいものだと
思うのですが、いとも簡単に落ちました。

・・・あれ?

何なら、気をつけないと4'40"になりそう。
・・・何で?心肺は全くしんどくないし
痛いところもないのに。

向かい風か?
時折、向かい風が吹くのでそのせいか?
前方に集団が見えますので
そこに追いつこうとペースアップ。
愕然としました。
わずかなペースアップがキツイ。
・・・もしかして4'38"、キツイのか?

8km過ぎ、浜寺公園に戻ってきて
ブログ村応援隊の皆様が。
うわーん、ありがとう!
遠くからでもすぐに分かったよ!
しばし、元気を取り戻します。

が、やっぱり頑張らないとすぐペースが
落ちます。
身体の不調は全く感じないのに、何で?
どうしよう、まだ10kmなのに。
こんなこと全く想定してなかった・・・
落とした方がいいの?
それともしばらく走ってたら
大丈夫になるの?
10km到達。貯金、2秒。

●~15km●
《設定》 23'05" 1:09'30
《実績》 23'10" 1:09'33"
《Garmin》 4'42" - 4'38" - 4'38" - 4'40" - 4'33"

貯金が2秒に減ったことによって、
この5km、23'05"(@4'37")で上がらなければ
借金生活に突入します。
でも、本能的に「上げるなキケン」
と感じていたので、
「今の無理のないペースってどの位か」
を把握するために、1kmだけ馬なりに
走ってみることに。
・・・4'42"が出ました。
もしかしたら、もうアカン?
いやいやいや、こんなところで潰れてたら
アカンやろ。
でも何で?
ペースが落ちる理由がわからないので
どんどん混乱してきます。
とりあえず、4'38"で頑張ってみることに。

セルフ給水用のハンドハイドレの
中身も無くなったので片付けました。
心なしか腕振りがしやすい。
腕引き注意して、しばらくは良かったのですが
やっぱり気を緩めると4'40"に落ちます。
14kmで1:05'00"。嘘や~ん★(>_<)
慌てて4'33"までペース上げて、15km到達。

借金3秒。
愕然としました。

3秒位の借金、大したことないんですが
15kmの段階で、
「頑張らなければペースが保てない」状態。
このまま行けば遠からず潰れるのは
目に見えています。

私、レースペースを決めるの、
かなり慎重で、「この位で行けるだろう」の
2秒位は下方修正しています。
その中にあって、
4'38"はかなりチャレンジブルなペース。
去年もチャレンジペースで失敗したっけ・・・
やっぱり、このペースは無理だ。
今すぐ下方修正しよう。
そう決意しました。

(続きます。)

泉州国際2017 2017.02.19 (日)
ランナーズアップデートによると

グロス 3:20'37"
ネット 3:19'56"

目標には、全く届かないタイムでしたが
ものすごく色々なことを
学んだレースでした。

4'38"を刻むことは無理だ、
と自覚した10km過ぎ。
残り32.195kmを、どうしようと
考えつづけました。

でも、最後の最後まで
投げませんでした。
そこだけは、「自分、グッジョブ」と言ってやりたいと
思います。

色々、見直して、出直しです。

応援ありがとうございました!

泉州国際2017 2017.02.18 (土)
泉州国際マラソンの目標タイム。
グロス3:16'29"と言いましたが、
スタートロス、試算に含めるの忘れてました・・・
したがいまして、
ネットタイム3:16'29"が目標。
・・・全く楽になってない。

明日は、この出で立ちで走ります。
201702181508489f3.jpg

レースご一緒するランナーの皆様、
寒い中、応援下さる皆様。
どうぞよろしくお願い申しあげます。



ランニングカテゴリーの当ブログですが、
ワンコの話題をつぶやくことを
お許し下さい。

我が家の老ワンコ(14歳)、
「免疫介在性血小板減少症」
という持病があります。
暴走した免疫が、自己の血小板を
異物と見なして破壊していく病気です。
幸い現在は、寛解しておりますが
再発の多い病気のため、定期的な血液検査が
欠かせません。
先々週の検査で、血小板には異常ないのに
赤血球の低値。要するに貧血です。
暴走免疫が攻撃のターゲットを赤血球に
変える、ということも良くあるので、
先週、再度検査。さらに貧血が進んでいました。
これは、いよいよ暴走免疫の仕業か。
入院の心積もりか、と緊張の日々を
送っていたのですが、
同時に検査した甲状腺機能検査(外注)
の結果が、今日返ってきました。

甲状腺機能低下症でした。
貧血も下げ止まっていました。

甲状腺機能が低下すると、
・軽度貧血(赤血球の産生が抑圧される)
・低体温症
・徐脈
が現れるそうです。
と、病気ではあるのですが、命の危険度でいうと
緊急性は下がったようです。
とりあえず、よ、良かった・・・

でも、甲状腺機能低下症の症状って
・脱毛
・沈鬱
・肥満
とかを聞くんですが、
うちのワンコ全くありませんでした。
獣医師の先生が
甲状腺の検査するって言われたときも
「いや、やるけどさ。
そんなワケないだろうよ・・・」
と内心思ってましたし。

言われてみれば、寒がるとか良く寝るとか
ちょっと動きがスローとかはありましたが
お年寄りだから、と思ってました・・・
(>_<)
先生のお話によると、
「この病気で問題になるのは低体温と、徐脈。
甲状腺低下症に気付かず、気温が低い日に
低体温症で亡くなる子もいる。」
ということでした。こ、怖すぎる。

中年以降のワンコは、
検査しておくのがいいのではないか、
と思いました。
ウチも2年位前に、一度やりましたが
その時は正常値でした。
老齢で、貧血とか低体温気味の場合、
積極的に検査した方がいいかもしれません。

ワンコと暮らすランナーさんも多いと思います。
こういうことがありました、
という一例として、
お話させていただきました。
カテゴリー違いの話を
長々すみませんでした。
m(__)m

泉州国際2017 2017.02.15 (水)
泉州国際市民マラソン。
私はこう走ります。

・目標、グロス3:16'29"。
 奈良マラソンのグロスタイムを上回ること。
 長い下りがないコースでも、16分台で
 走れるかどうか。
・最初の2kmまではオンペースで行けない。
 (混雑のため。)
 5kmまではハイペースで行くが、
 イライラしないこと。
 23'20"以内で5km到達できたら上出来。
・30km到達が、2:19'00"であること。
 マージンがあれば良いが、それ以降
 つぶれるようなら失敗。
 よーく身体の声を聞いて、余力を
 残すこと。
・モンスターブリッジ含む30km~40km。
 それぞれ、平地3km含む。
 だから、難所は2kmずつ。
 上り無理しない。下りは遠慮しない。
 平地で4'38"に戻せるように。
 甘くみない。でも、ビビりすぎない。
 ペースが落ちてもへこまない。
 ただ、前へ行け。
・うまく行かなくても投げない。
 絶対に投げない。
 しんどいのは当たり前。絶対に投げない。
 身体は動かなくなるが、当たり前。
 言い訳するな。
 どうすれば前に進めるか考えろ。
 脚を動かせ。絶対に投げるな。

土日、今日と走ってみて、
残念ながら
調子が上向いているとは、
いえない感じ。
でも、知力・体力・時の運。
全部使って、挑戦します。

やり切れますように。
 
泉州国際2017 2017.02.11 (土)
昨年、泉州国際マラソンを走った時の
自分の記憶と、Garminデータから、
コース分析(というほどの事はナイ)を
試みてみたいと思います。

スタート直後は浜寺公園内を走りました。
私はBブロック、
前から30列目位の位置だったと思います。
この公園内、走路は広いのですが、
前が詰まって、走りにくかったです。
(あ、怒号無しです。(笑))
1kmラップが5'10"(スタートロス含まない)
を超えており、「もう~!」と思いました。

公園を出て、広い道(旧26号線)に出て、ややマシに
なったものの、やっぱり詰まり気味。
2km手前位からやっとペースに乗れました。
5kmで折り返して、8km過ぎ位までスライド。
ここまで、ずーっとフラットではあるのですが
追い風になることが多いと聞いていたこのコース、
昨年はずーっと向かい風でした(泣)。
まあ、進めなくなるほどではなかったですが。

貝塚を過ぎて、23km過ぎ位に、
細かいアップダウンあります。
昨年意外にしんどかった。
撃沈の序章だったかも。

泉佐野を過ぎて、松原交差点を左折して
関空道の高架下を走りますが、僅かに上ってます。
折り返したら僅かに下りになるから、我慢。
折り返し後、しばらく行くと30km地点です。
りんくう南交差点で左折。
いよいよモンスターブリッジが近づいてきます。
2km位走って右折すると、
目の前に田尻スカイブリッジが、ででーん。
いったん橋の下に沿って逆走するように行き、
180度ターンからの~上り!

<田尻スカイブリッジ往路>
上り:400m。高低差 +18m。
   助走なし、フラットからの上りなので
   脚にきました。
下り:350m。高低差 -18m。

田尻スカイブリッジと泉南マリンブリッジの間は
見た目平坦ですが、実はびみょ~上り。
なので、ブリッジを連続で上り下りする
計測でいくと、

<泉南マリンブリッジ往路>
上り:800m。高低差 +18m
   ゆるやか~に上りはじめ、
   中盤位からそこそこ上る感覚。
   上りきったら35km地点。
下り:450m。高低差 -17m。

ここから折り返し含め、3kmちょいのフラット。
樽井北の折り返しで37km位?
38.5kmあたりで、ブリッジ復路。

<泉南マリンブリッジ復路>
上り: 450m。高低差 +17m。
   去年、ここで完全にノックアウトでした。
   すごくキツク感じました。
下り: 800m。高低差 -18m
   長い下りといえましょう。
   ここで立て直せなければ終わり。

<田尻スカイブリッジ復路>
上り:350m。高低差 +18m。
   上り途中で40km地点。
   ここを頑張ったら、下りー!
下り:400m。高低差 -18m。
   死ぬ気で駆け降りろ。

モンスターブリッジをやっつけて
残り、1.8km位。ずっとフラットですが、
2回、左折します。
2回目の左折からゴールはすぐです。
去年、この1.8kmが長く感じて、辛くて・・・
今年はどんな気持ちで走れるでしょうか。

改めてデータにしてみると、

・スカイブリッジ往路は
 下りで取り返せるほど距離がない。
・マリンブリッジ往路で、
 徐々に立て直しの準備をし、
 フラット部で立て直す。
・マリンブリッジ復路の上りは
 落ちても仕方ない。
 次の下りでは、最後の上りに備える。

という戦略が見えてきます。
つまり切替を素早く。
ペースは、40kmまでで絶対落ちていくが
失速幅をできるだけ少なく。
フラット部は、できるだけ粘って維持。

うーーん、そうできればいいけど
うまくいかないんだよね・・・