よもやま話 2017.07.14 (金)
皆様、日々のお仕事や家事、
様々な浮世の義理、誠にお疲れ様です。

仕事というのは本当に色々なことが起きる。
起こって当たり前。
よーーーくわかっているのに、
どうしてこうも、右往左往するのか。

ちょっと愚痴っぽいハナシになっちゃうので、
付き合ってられないよ、って方は、
どうぞまたのお越しをお待ちしております。
今度は明るい話題にします。(多分)
m(__)m






わたしの仕事は、作業中は、
わたしVS相手(社内間)の、ひとり作業。
相手は複数人の場合もありますが、今回は単数。
(上司はいますが、要所の報告のみ。)

7月上旬。
トラブルは起こりました。
トラブってナンボの(ダメですが)仕事ですが
方向性の転換を迫られる勢いの、
アカン種類のやつでした・・・(>_<)

その仕事には、不安材料がいくつも
あったには、ありました。
いつもなら、不安材料はできるだけ取り除くか
大きいものだけでも、必ず解決しておくのですが、
諸般の事情もあり少々、詰めが甘かった。

しかし、「そんなハナシ全く聞いてない!」
というサプライズの連続。
居丈高な態度(に思えた)で、
ダメ出しをし続ける相手。
こちらを解決すれば、あちらが立たず、の
難題だらけの、リカバリ作業。

わたしにも落ち度があったのだから。
彼にも立場があるのだから。
理不尽と付き合うのも給料のうち。

・・・等々、思ってはみるものの、
恥ずかしいハナシですが、
やっぱり腹立たしい。
髪が逆立つようなイライラと焦りの中、
作業は思うように進みません。
でも投げ出すわけには絶対にいかない・・・

長年仕事をしていれば、こんなこともある。
でも久しく遭遇してなかった事態に、
耐性が薄れていたのかもしれません。
何よりも、このドロドロの感情。
どう付き合えばいいのか、わからない・・・

でも、この感覚には覚えがある、と思いました。
しかも割と最近・・・
そうだ。
鯖街道ウルトラの、オグロ坂峠。
いつ終わるともしれない九十九折の峠を、
自分のマイナスの感情と二人連れで
止まりたいのに止まれなくて、
トボトボ進んだ、あの道のり。

不思議なのですが、
それで腹が据わりました。
「いつかはゴールできる!」という
前向きな気持ちとは違っていて
うーん、うまく表現できないのですが
「マイナス感情と二人三脚をした」という経験と
「やめないのなら、腹を括って
前へ行くしかない。」
という選択肢のなさが、逆に
ひとり作業のかすかな支えになったというか。

試行錯誤しながら、作業は続き、
やがて、かすかな光が見えて。
風穴が開いた、と思ったのは
それからしばらく後のことでした。

その時の気持ちは、
ランニングで、「あと数キロ」って思って
それまでのヘロヘロが、一気にしゃきっと
するときの気持ちと、
驚くほど似ていました。

といっても、その仕事は
まだまだ問題山積みで、
ゴールが見えたわけでは
全くないのですが(笑)。

なんだろう、ランと仕事は
全く切り離してるつもりなのに、
感覚の復元をすることになるとは
思っても見ませんでした。
でもレース中に、仕事での感覚を
思い出して助けられるようなことは、
あまりない気がします・・・・


なんか、うまく書けなくて、
結局ぼやいただけの記事に
なってしまいました。
スイマセン・・・・

最後までお付き合い下さった方、
ありがとうございました!
m(__)m


よもやま話 2017.06.26 (月)
どなた様のお役にも立っていない
このブログ。
今日の話は、いつもにもマシマシで
需要がないにもホドがある、
わたしの笛吹ライフの話です。

付き合ってられないよ、ってお方には、
どうぞまたのお越しを
お待ちしております。
次回から、真面目にラン話に戻ります。
(多分)



さて、わたしが、軽度笛マニアであるお話は
前記事のとおり。
ただ今所有している、笛たちは

●ソプラノリコーダー
●アルトリコーダー2本
●ソプラニーニリコーダー
 (リコーダーで最も高音域)
●尺八(一尺八寸管)
●篠笛(八本調子。いわゆるC管。)
  篠笛=横笛

・・・けっこー持ってますね。
そのうちチクワに穴開けて吹き出す日も
近いかもしれません・・・

※注意!音が出ます。


尺八と篠笛は、たまたま手に入れた楽器で
ネットなど見ながら、どーにかこーにか
めっちゃ簡単な曲が吹けるかなー程度です。
尺八の音は、とても心が落ち着くので
もっとうまくなりたいなーと思ってるのですが。

さて、リコーダーですが。
何の話からかは忘れましたが
職場の同僚女子Aちゃんと、

「そういや、リコーダーって好きだったわ。」
「私もです。まだ吹けますかね?」

という話になり、あれよあれよと
笛部結成。(部員2名)

楽譜ソフトでアンサンブル用の
アレンジ譜面を作成するのも
とても楽しく、2ヶ月に1回位、
カラオケボックスで、笛吹き部活動。
1年ほど続きましたが
Aちゃん、めでたくご懐妊。
笛部、活動休止しました。

ただいま育休中のAちゃん、
秋には職場復帰ですが
働く母に、笛吹いて遊んでる暇があるはずなく
恐らく笛部、廃部となる模様です。

いや、自分で練習してればいいんですけど、
昨日みたいな素晴らしいアンサンブルを
聞いちゃうと、自分もやりたいなー
と思っちゃうんですよね。
(実力は天と地ほどの差がありますが)

夫の情報によると、
同じ住宅地内だけど、離れているお宅から、
リコーダーの音が聞こえる、と。
それは小学生じゃないのかと思いましたが、
夫いわく、
「選曲がシブ過ぎるので、きっと違う。」と。
何でも、昭和ムード歌謡らしいのです。
なんだってそんな曲をリコーダーで、
と思わなくもないのですが
まあ、お好みなんでしょう。
もしかしてちょっとご高齢?

突然、お宅を尋ねていって、
「ご一緒に笛吹きませんかー?」という訳にも・・・
まずは、顔なじみになるところから
スタートしなければならないでしょうか(笑)。

わたしの笛部活動、再開なるか!?
音楽の方向性は、マッチするのか(笑)?

 
よもやま話 2017.06.21 (水)
わたくし、HNの通り、あずき好き。
冬の練習後の、ご褒美は缶しるこです・・・
(つぶあずき入りマスト)
夏だって、冷やししるこが自販機にあっても
いいじゃない?と思っているのですが、
賛同してくれる人に出会ったことは
まだ、ありません・・・

大変不本意ながら、わたくし職場で
「ヘンな飲み物研究家」という、
不名誉な称号を頂戴しております。
と、言いますのも、職場の雑談で
「○○から、こんな変わった飲み物出たね~」
という話題になったとき、
かなりの高確率で、私が既にして、
それを飲んでいることが多いためなのですが。

いや、別にゲテ好きとかじゃないんですよ?
ただ、あまりにキテレツだと、試してみたく
なるじゃないですか?

ただし、「キムチソーダ」とか
「ウニソーダ」とか(いずれも実在)
の、ゲテ前提の飲み物はいけません。
「な、ナニコレ?・・・でも意外にイケるのか?」
と思わせる路線が望ましい。

大抵の場合、

「うまくはないが、特別まずくもない」
「・・・企画が空回ってる」
「パンチ不足」

という感想に落ち着き、
まあさすが日本というか、大きく道を外れない
飲み物が多いのですが、その中で、

「マズ過ぎて記憶に残った」

飲み物を、書いてみたいと思います。
もちろん、私個人の感想であり、
商品の評価とは何ら関連がありません。
また、「自分は、コレ大好きだ!」
という方には、ご無礼お許し下さいね。
( ★は破壊力。 )

●ペプシあずき ★
pepisiazuki.jpg

 一時期ペプシが販売した、フレーバーシリーズ。
 あずき好きとしては外せないでしょう。
 はじける炭酸にそこはかとなく漂う
 粉の、さらしあんの香り・・・
 って感じで人工的この上なし。
 あずき好きとしては、噴飯物でした(笑)。
 憤りつつ完飲しました。

●ペプシモンブラン ★★
pepusimonb.jpg

 同じくフレーバーシリーズ。
 「栗クリーム」フレーバーってことだったのですが
 ・・・炭酸に栗は、あかん。
 そこにクリーム風味が加わったものですから
 徐々にキモチ悪さにむしばまれます。
 乳脂肪分の入らない、
 フレーバーのみのクリーム風味って、
 こんなにマズイんだ・・・と感心しました。
 基本、チャレンジの際は、完飲することを
 自分に課していますが、この時は
 500mlもあることを、呪いました・・・

ペプシには、同時期に「キューカンバー」
つまり、きゅうりフレーバーが発売されてましたが
そちらは、あざとすぎて未飲。

●スパークリングカフェ ★★
supa-cafe.jpg

 数年前、なぜか各社から出てましたね。
 炭酸入りコーヒー。
 飲む前から、「あかんか?」という
 予感はしてましたが、
 予想を超越する違和感でした・・・
 コーヒーと炭酸という普段飲み慣れている
 ものが、予想外にコラボすると
 脳が「間違ってる!」と拒否をする感じ。
 ただ、飲み進めていくと慣れます。
 なので、破壊力は段々薄れていきました。
 330mlだったし、完飲。
 エネルギードリンクの一つとして
 「フルスロットル」というコーヒー炭酸も
 ありましたが、
 あっちゅーまに売らなくなりました。

●ルートビア★★★★★
 アメリカで飲んだのが最初。
 飲んだことのない異様な味に
 「外国だから・・・」と思ってましたが、
 何年もたってから沖縄で再会。
 ヒトコトでいうと、
 「サロメチール風味の間違ったバニラコーラ」です。
 ビアという名前ですが、ノンアルコール。
 何て言うか、色々奥深い味がするというか、
 沖縄のA&Wチェーンでは、これが飲み放題
 なのですが、おかわり、無理でした・・・
 でも、沖縄ではソウルドリンクなのかしら?
 回数を重ねていけば、慣れそうなのですが。
 今現在の感想としては、
 「何かを食べながら飲むと、全てを破壊する。」
 ですねー・・・
 これとよく、並び称されるDr.Pepperは
 大丈夫なんだけどな。

●サスケ★★★★★★・・・(無限大)
 マズいドリンク界の中でも、伝説になっている
 飲み物です。あまりのマズさに、一年で
 販売中止になったことも、レジェンドに
 付加価値をつけています。
 わたくし、 学生時代、 リアルで飲みました・・・
 最初は何気なく自販機で購入し、
 一口飲んで、あまりのマズさに驚愕。
 「これは、口にしてもいい液体なのか」
 「何かの薬品ではないのか」
 「自販機の飲み物がこんなにマズイ筈がない」
 自分の感覚が間違ってるんじゃないかと、
 その後も、懲りずに2回ほど購入。
 何度飲んでも、安定の破壊力でした。
 いわゆる、チェリーコーラを目指したようですが
 その人工的な味といったら、ものすごく、
 ジャンクな味、をはるかに超越していました。
 リアルで体験できたことはラッキーでしたが
 もう二度とごめんだ(笑)。
 
マズイ飲み物界においては、横綱級のものが
あって、前述のサスケもそうですが、

 ギャラクシードリンク
 (キャッチフレーズ『宇宙味』)

 メッコール

などがあります。
いずれも未飲ですが、ご縁(何のだ)があれば
飲む機会も巡ってくることでしょう。

このようなマズイ飲み物についての記述で、
わたしのオススメ記事は、これ
後半、伊○園の記述は、もう秀逸すぎて・・・

で、ひとつ疑問があるのですが。
この記事中、「『冷やし飴/飴湯』は危険物」
というくだりがあって、
大変驚いたのですが・・・
最近でこそ、あまり見なくなりましたが、
『冷やし飴/飴湯』が自販機で売られているのは
普通だと思っていましたし、
ごくノーマルな一品だと思っていました。

hiyasi-ameogu.jpg
※冷やし飴 こんなルックス

ameyu-ogu.jpg
※飴湯 実は冷やし飴と缶は一緒。表と裏で使い分け(笑)

そういえば、中部の方も
「冷やし飴って、ナニ?」っておっしゃってた
気がします・・・

もしかして関西文化ですか?

皆様のお住まいでは、
自販機に 『冷やし飴/飴湯』って
売られていますか???


よもやま話 2017.06.13 (火)
今日は大阪マラソン、神戸マラソンの
抽選発表でしたね。
当選された方、おめでとうございます。
落選された方も、追加当選に期待しましょう。
私はといえば・・・
エントリーしていないので、めっちゃ気楽(笑)。
どちらの大会も、応援隊として
めいっぱい応援しますよーo(^-^)o




さて、話は、これでもかってほど変わって・・・
突然ですが、入浴中の溺死事故。

『厚生労働省の人口動態推計から推察される
家庭の浴槽での溺死者数は、
平成26年には4,866人。
うち約9割は65歳以上の高齢者。
年代別には75~84歳が2,106人と最も多い。
増加率も後期高齢者ゾーンで極めて高く、
85~94歳では10年間で2.3倍、
75~84歳で1.7倍と増加率が
際立っている。』

実際、私の周りでも、入浴中に亡くなられた
ご高齢の方の数は片手で足りない位です。
高齢の義両親、実母ともに
常々注意を促しております。

・・・とか言っといて。

実は、私、入浴中に寝てしまうことが
とても多いのです・・・
(あ、私はお酒が飲めないので
飲酒して入浴することはありません。)

ガッツリ寝る訳ではないのですが、
5分位ガクッと寝落ちしてしまい、
湯舟で、ハッと目が覚めること、度々。

「湯舟で寝るのは気絶」(byガッテン情報)
という話を聞いてから、
熱い湯が好き、という嗜好は封印し
40度辺りで入浴するようにしているのですが
それでも、フッとした瞬間に寝落ちする。
長い時間寝てるわけじゃないので
風邪をひく危険はないのですが・・・

・・・溺れる恐れ、あり。

一時、「風呂枕」を導入し、至福の一時を
過ごしていたのですが、
それだと、寝落ちしたとき仰向けに
ズルっと滑ってしまい、耳に水が入って
慌てて起きる、という事態が頻発し
泣く泣く撤去。

真冬とか、真夏はあまり寝ないのですが
比較的すごし易い時期が、非常に危ない。

そして、昨日、とうとう。

またしても入浴中寝落ちしてしまい、
気がついたら顔面左半分、湯に入ってました。
慌てたのでしょう、
そのまま鼻から思いっきり湯を吸い込み
数秒ですが、「溺れる!」と思いましたね。
ガハガハゲヘゲヘ、咳込みながら
心臓はバクバク。
入浴中の死亡事故のありようを
身をもって理解しました・・・

・・・こ、こっわー・・・!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


こ、これは、真剣に策を講じなければ。
帰宅した夫に、
湯舟に浮かんだ私を発見させるのも
忍びない。
とりあえず、原因と対策を考えてみました。

●何もしないのがダメなんじゃないか
 →ストレッチとかマッサージをしてみる。

●無音なのがダメなんじゃないか
 →防水プレーヤーを購入、持ち込んで
  音楽をカナデてみる。
  あるいは唄ってみる、とか。

そして多分、最大の原因がコレ。

●全てのタスクを終わらせて
 「あとはお風呂入って寝るだけ」の状態で
 入浴するのがダメなんじゃないか。
 完全にスイッチが切れる。

 →お風呂後、やらなきゃならないことを
  一つ残しておく。
  アイロンかけとか、皿洗いとか・・・?
  あ、ブログの下書きとか!

  ・・・何ででしょう。
  考えたら泣きたくなってきました・・・
  (;д;)
  
えー世間の人はどうしているの?
自分の命を守るために(笑)、
求む!妙案!

でも、真夏でも湯舟にはつかりたい・・・
←ワガママ?

よもやま話 2017.06.02 (金)
日曜日からジョグを再開し、
月曜日、水曜日とジョグ、
昨日木曜日は、自分比で、ペース上げてみました~★
・・・よし、行ける。
先週できなかったスピード練習を
今週末は実施したいと思います。
暑くなってきちゃったから、どのくらい落ちるかな・・・
まあ、気長にやりましょう。

さてさて、ものすごく出遅れましたが、
『月刊ランナーズ7月号』買いました。
マラソンランキングを見て、
「自分も頑張ろう!」といつものように思ったのですが、
それとは別に本誌の特集、心に残りました~。

奈良県のレジェンド中橋さん(78歳一位)
とライバルにして盟友、
大阪の間瀬さん(79歳一位)。

お二人のインタビューが掲載されており、
ランに対する厳しくも熱い思いや
病院に入院するときもランシューを持参した話や
胃を切除されるも「軽量化された」とおっしゃる猛者ぶり
なども、もちろんスゴイと思ったのですが・・・

中橋さんが長い故障を乗り越えられ、
見事に復活を遂げられた際、
間瀬さんにお手紙を書かれたそうで、その内容が、

『(故障中)何度かお電話して
お声を聞きたいと思いましたが、故障者の泣き言で、
(間瀬さんの)気力をそぐようなことになっては・・・
と思い失礼をしておりました。』

というものだったそう。

・・・サムライやわ。
なんていうか、節度というか自分を律する心というか。
私のような、目先の満足をすぐ考える心の弱い者は
ただ、頭(こうべ)を垂れるしかない。

そして、この中橋さんのお気持ちを
間瀬さんに伝える手段として、
「手紙」ほど相応しいツールはない。と思いました。

メールやLINEなど、便利な伝達方法は数々あり
私もそれらを使うことが日常化して、郵便は
年賀状とお礼状を書くときくらい。

手紙を書くことが日常的なのは、
恐らく、高齢の方が多いのではと推察します。

でも、なんかいいな。手紙。
いや、私もメールもLINEも文面は一応考えますが
自分の手で文字を書く、という行為が
より節度をもって自分の気持ちをこめられるような。

そういえば、同僚のお知り合いのお話を
思い出しました。
その方は、60代の美しい方で、
ラブレターをもらわれたそうです。
差出人は、70代の書家の男性。
巻紙ではなかったそうなのですが、
かなりのボリュームの便箋に、熱い思いが綴られており
書家なので、当然達筆。
ところが、言い回しや形容がかなり教養深く
難解で、女性は都度、ネットで
意味を解読しなければならなかったそうです。

「ラブレターとしてはどうなのか」という笑い話で、
私も聞いた時は、
三浦しおんさんの、「舟を編む」で、
馬締(まじめ)くんが、思いを寄せる香具矢さんに書いた、
長大なラブレターを思い出して、
ちょっと可笑しかったのですが。

・・・うん、うらやましいな、そのラブレター。
書家の流麗な手跡で綴られた、難解なラブレター。
とっても拝見したいですが、
人様の恋文を盗み読むわけには行きませんので
・・・えーっと、私がもらわなければ読めない?(笑)
色々とハードルが高すぎるなあ~
でも貰えたなら、自分が死ぬとき、勲章として
棺桶に一緒に入れてほしい(笑)

それはともかく、
いつか私も、葉書に綺麗な文字で、抑制された文面で
感謝の気持ちや好意を、押し付けがましくなく
伝えられるようになれればいいな。

・・・その頃、葉書って残ってるのかな?
そして、問題は、わたし字が綺麗じゃない・・・
( ̄_ ̄|||)
ぺ、ペン習字やるか・・・?
死ぬまでに間に合うのでしょうか。

・・・と、月刊ランナーズの話からまさかの着地点(笑)。
最後まで付き合って下さった方、
ありがとうございます。

※タイトルの「一筆啓上」は、男性の定型文ですが、
 ごろがよかったので・・・