よもやま話 2017.06.21 (水)
わたくし、HNの通り、あずき好き。
冬の練習後の、ご褒美は缶しるこです・・・
(つぶあずき入りマスト)
夏だって、冷やししるこが自販機にあっても
いいじゃない?と思っているのですが、
賛同してくれる人に出会ったことは
まだ、ありません・・・

大変不本意ながら、わたくし職場で
「ヘンな飲み物研究家」という、
不名誉な称号を頂戴しております。
と、言いますのも、職場の雑談で
「○○から、こんな変わった飲み物出たね~」
という話題になったとき、
かなりの高確率で、私が既にして、
それを飲んでいることが多いためなのですが。

いや、別にゲテ好きとかじゃないんですよ?
ただ、あまりにキテレツだと、試してみたく
なるじゃないですか?

ただし、「キムチソーダ」とか
「ウニソーダ」とか(いずれも実在)
の、ゲテ前提の飲み物はいけません。
「な、ナニコレ?・・・でも意外にイケるのか?」
と思わせる路線が望ましい。

大抵の場合、

「うまくはないが、特別まずくもない」
「・・・企画が空回ってる」
「パンチ不足」

という感想に落ち着き、
まあさすが日本というか、大きく道を外れない
飲み物が多いのですが、その中で、

「マズ過ぎて記憶に残った」

飲み物を、書いてみたいと思います。
もちろん、私個人の感想であり、
商品の評価とは何ら関連がありません。
また、「自分は、コレ大好きだ!」
という方には、ご無礼お許し下さいね。
( ★は破壊力。 )

●ペプシあずき ★
pepisiazuki.jpg

 一時期ペプシが販売した、フレーバーシリーズ。
 あずき好きとしては外せないでしょう。
 はじける炭酸にそこはかとなく漂う
 粉の、さらしあんの香り・・・
 って感じで人工的この上なし。
 あずき好きとしては、噴飯物でした(笑)。
 憤りつつ完飲しました。

●ペプシモンブラン ★★
pepusimonb.jpg

 同じくフレーバーシリーズ。
 「栗クリーム」フレーバーってことだったのですが
 ・・・炭酸に栗は、あかん。
 そこにクリーム風味が加わったものですから
 徐々にキモチ悪さにむしばまれます。
 乳脂肪分の入らない、
 フレーバーのみのクリーム風味って、
 こんなにマズイんだ・・・と感心しました。
 基本、チャレンジの際は、完飲することを
 自分に課していますが、この時は
 500mlもあることを、呪いました・・・

ペプシには、同時期に「キューカンバー」
つまり、きゅうりフレーバーが発売されてましたが
そちらは、あざとすぎて未飲。

●スパークリングカフェ ★★
supa-cafe.jpg

 数年前、なぜか各社から出てましたね。
 炭酸入りコーヒー。
 飲む前から、「あかんか?」という
 予感はしてましたが、
 予想を超越する違和感でした・・・
 コーヒーと炭酸という普段飲み慣れている
 ものが、予想外にコラボすると
 脳が「間違ってる!」と拒否をする感じ。
 ただ、飲み進めていくと慣れます。
 なので、破壊力は段々薄れていきました。
 330mlだったし、完飲。
 エネルギードリンクの一つとして
 「フルスロットル」というコーヒー炭酸も
 ありましたが、
 あっちゅーまに売らなくなりました。

●ルートビア★★★★★
 アメリカで飲んだのが最初。
 飲んだことのない異様な味に
 「外国だから・・・」と思ってましたが、
 何年もたってから沖縄で再会。
 ヒトコトでいうと、
 「サロメチール風味の間違ったバニラコーラ」です。
 ビアという名前ですが、ノンアルコール。
 何て言うか、色々奥深い味がするというか、
 沖縄のA&Wチェーンでは、これが飲み放題
 なのですが、おかわり、無理でした・・・
 でも、沖縄ではソウルドリンクなのかしら?
 回数を重ねていけば、慣れそうなのですが。
 今現在の感想としては、
 「何かを食べながら飲むと、全てを破壊する。」
 ですねー・・・
 これとよく、並び称されるDr.Pepperは
 大丈夫なんだけどな。

●サスケ★★★★★★・・・(無限大)
 マズいドリンク界の中でも、伝説になっている
 飲み物です。あまりのマズさに、一年で
 販売中止になったことも、レジェンドに
 付加価値をつけています。
 わたくし、 学生時代、 リアルで飲みました・・・
 最初は何気なく自販機で購入し、
 一口飲んで、あまりのマズさに驚愕。
 「これは、口にしてもいい液体なのか」
 「何かの薬品ではないのか」
 「自販機の飲み物がこんなにマズイ筈がない」
 自分の感覚が間違ってるんじゃないかと、
 その後も、懲りずに2回ほど購入。
 何度飲んでも、安定の破壊力でした。
 いわゆる、チェリーコーラを目指したようですが
 その人工的な味といったら、ものすごく、
 ジャンクな味、をはるかに超越していました。
 リアルで体験できたことはラッキーでしたが
 もう二度とごめんだ(笑)。
 
マズイ飲み物界においては、横綱級のものが
あって、前述のサスケもそうですが、

 ギャラクシードリンク
 (キャッチフレーズ『宇宙味』)

 メッコール

などがあります。
いずれも未飲ですが、ご縁(何のだ)があれば
飲む機会も巡ってくることでしょう。

このようなマズイ飲み物についての記述で、
わたしのオススメ記事は、これ
後半、伊○園の記述は、もう秀逸すぎて・・・

で、ひとつ疑問があるのですが。
この記事中、「『冷やし飴/飴湯』は危険物」
というくだりがあって、
大変驚いたのですが・・・
最近でこそ、あまり見なくなりましたが、
『冷やし飴/飴湯』が自販機で売られているのは
普通だと思っていましたし、
ごくノーマルな一品だと思っていました。

hiyasi-ameogu.jpg
※冷やし飴 こんなルックス

ameyu-ogu.jpg
※飴湯 実は冷やし飴と缶は一緒。表と裏で使い分け(笑)

そういえば、中部の方も
「冷やし飴って、ナニ?」っておっしゃってた
気がします・・・

もしかして関西文化ですか?

皆様のお住まいでは、
自販機に 『冷やし飴/飴湯』って
売られていますか???


イベント 2017.06.18 (日)
6/17(土)、関東からいらした
美しきゲストをお迎えして、
暗峠アタック隊が結成されました。

ゲスト、美女ガーさま。
おきれいでエレガントなのに、
こよなく坂を愛されるパワーをお持ちで
とてもステキ・・・

さあ、関西屈指の激坂。
とくとご堪能いただきましょう!
(画像は全てLINEから拝借)

暗峠 大阪側、スタート位置。
意気込むアタック隊。

kuragari-shous.jpg

kuragari-start.jpg

かおりんさん
ゲスト美女ガーさま
やまけんさん
おぐら
THさん
やべっちさん

kuraari-o-up1.jpg

スタート直後から、キッツイ。
でもみんな、頑張って走ってます。

・・・が、斜度はだんだんきつくなる・・・
やべっちさんとやまけんさんは
頑張って走って上がっていかれましたが
私は、行場のところで
歩きに切替~

kuragariogura.jpg

だって、大阪側は走るところじゃないもーん★

kuragari-o-up2.jpg

kuragari-o-up4.jpg

・・・歩いたって、しんどいよ?

最大斜度のところでは、
皆様、何とかしてこの迫力が伝わるようにと
工夫して写真を撮っておられました。

kuragari-o-up3.jpg

歩いたり歩いたり歩いたり
たまーに走ったりして、
暗峠山頂到着~
偶然takeちゃんとバッタリ。

kuragarisancho.jpg

しばしの休憩後、奈良側下り。
気持ちよく下って行きます。

kuragari-n-kudari1.jpg

下りきったところには、パラダイスが。
山ちゃんエイド~★
超豪華です。
いつもありがとうございます。

kuragari-aid.jpg

さて、豪華エイドで英気を養った後は
奈良側、上りアタック開始。
ここから、カステランさん参戦です。
二日酔いは大丈夫なんでしょうか・・・

大阪側は歩き倒した私でしたが
奈良側の上りは、
「遅くても歩かない、止まらない」。
今日は、この前にほとんど
走ってないのだから頑張らないと。
・・・何とか走り切れました。
よかったー。

ゲスト美女ガーさんも
元気に走って到着されました。
スゴイ!


kuragari-naraup.jpg
※奈良側ラスト近くの上り。
モデルさんは、黒魔術の方。

みんな揃ったところで
大阪側下り。
私はここを下るときは殆ど走りません。
膝に来る斜度です・・・

20170618200722ef1.jpg

201706182007237da.jpg
※走って斜度を体感されるゲスト美女ガーさま

20170618200724a5a.jpg


私は、下りもやっぱり、
歩いたり歩いたり歩いたり
たまーに走ったり。

かおりんさんが、
「下りも、上りとタイム変わらへん~」
と言うてはりましたが、
暗峠(大阪側)とは、そういう坂です。

無事にスタート位置まで戻ってきました。
ゲスト美女ガーさまのご感想はいかに?
・・・・・・

「長崎の坂よりキツイ」判定
いただきましたー!
(^O^)/

坂の街に勝ったぞ!って、
アンタがなぜ威張る?

アタック隊の皆様、お疲れ様でした。
ゲスト美女ガーさま、
ぜひぜひまたお越し下さいね!

走行距離 12.35km




6/18(日)、第2回あじさいパトロール。

201706182047116c8.jpg

ほんちょっと咲きはじめ。
でもまだまだです。
今週気温が上がるようなので
だんだん咲くかな?

少し咲いているところで、
無理矢理撮影(笑)。

20170618204712580.jpg

201706182047113b0.jpg

23.45kmでした。

2017061820463595f.jpg

練習記録 2017.06.16 (金)
6/15 実施のTペース走
    4'13" 4'11" 4'10" 4'14" 4'13" 
    196 199 198 199 200 ピッチ
    1.19 1.20 1.20 1.17 1.18 ストライド

今日、意識した点は
●いつも速くなってしまう、
 入りの1kmを抑えること。
●絶対にピッチを上げないこと。
 それでペースが落ちても、ストライドを
 伸ばすよう努力。
 いつも使わないGarminのメトロノーム機能を
 198bpmに設定して、ピッチとペースを意識。

で、やってみたところ。

入りの1kmは、いい感じで入れました。
体感としては、4'20"位か?
と思っていたら4'13"。
コレくらいで入ると、
3kmまでの体感が全然違う。楽です。
ストライドを意識することができました。

・・・が、魔の4km目。
ちょっと気をゆるめると、
リアルペースが4'20に。マズイ~(>_<)
ピッチを上げたくなるのを
必死で我慢して、「腹締める、そけい部意識」
で推進を意識します。
(自分の感覚では、この動作がうまく行くと
 ストライドが1.2m位になる。)
結果、ストライドは伸びませんでしたが
心肺には、まだ少し余裕が。
ラスト1km、ガンバレー!

・・・必死で走りつつも、ピッチは回さないよう我慢。
すると、ペースは上がらない・・・
いかに普段、ピッチをぶん回してるか
わかります・・・
でも、ストライドは1.18m。
よくはないけど悪くはない。

5kmTTをやっている訳ではないので
ペースが上がらないことは
気にしないことにします。

4'13"~4'15"のペースは、
3km過ぎまでは余裕がある。
この状態を、4km、5kmと伸ばしていけたら
一段、ペースを上げても
いいのかもしれません。

自分なりに、練習内容の意義を考えて
意識して続けて行きたいと思います。

はー今日は真面目だわ~(笑)


よもやま話 2017.06.13 (火)
今日は大阪マラソン、神戸マラソンの
抽選発表でしたね。
当選された方、おめでとうございます。
落選された方も、追加当選に期待しましょう。
私はといえば・・・
エントリーしていないので、めっちゃ気楽(笑)。
どちらの大会も、応援隊として
めいっぱい応援しますよーo(^-^)o




さて、話は、これでもかってほど変わって・・・
突然ですが、入浴中の溺死事故。

『厚生労働省の人口動態推計から推察される
家庭の浴槽での溺死者数は、
平成26年には4,866人。
うち約9割は65歳以上の高齢者。
年代別には75~84歳が2,106人と最も多い。
増加率も後期高齢者ゾーンで極めて高く、
85~94歳では10年間で2.3倍、
75~84歳で1.7倍と増加率が
際立っている。』

実際、私の周りでも、入浴中に亡くなられた
ご高齢の方の数は片手で足りない位です。
高齢の義両親、実母ともに
常々注意を促しております。

・・・とか言っといて。

実は、私、入浴中に寝てしまうことが
とても多いのです・・・
(あ、私はお酒が飲めないので
飲酒して入浴することはありません。)

ガッツリ寝る訳ではないのですが、
5分位ガクッと寝落ちしてしまい、
湯舟で、ハッと目が覚めること、度々。

「湯舟で寝るのは気絶」(byガッテン情報)
という話を聞いてから、
熱い湯が好き、という嗜好は封印し
40度辺りで入浴するようにしているのですが
それでも、フッとした瞬間に寝落ちする。
長い時間寝てるわけじゃないので
風邪をひく危険はないのですが・・・

・・・溺れる恐れ、あり。

一時、「風呂枕」を導入し、至福の一時を
過ごしていたのですが、
それだと、寝落ちしたとき仰向けに
ズルっと滑ってしまい、耳に水が入って
慌てて起きる、という事態が頻発し
泣く泣く撤去。

真冬とか、真夏はあまり寝ないのですが
比較的すごし易い時期が、非常に危ない。

そして、昨日、とうとう。

またしても入浴中寝落ちしてしまい、
気がついたら顔面左半分、湯に入ってました。
慌てたのでしょう、
そのまま鼻から思いっきり湯を吸い込み
数秒ですが、「溺れる!」と思いましたね。
ガハガハゲヘゲヘ、咳込みながら
心臓はバクバク。
入浴中の死亡事故のありようを
身をもって理解しました・・・

・・・こ、こっわー・・・!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


こ、これは、真剣に策を講じなければ。
帰宅した夫に、
湯舟に浮かんだ私を発見させるのも
忍びない。
とりあえず、原因と対策を考えてみました。

●何もしないのがダメなんじゃないか
 →ストレッチとかマッサージをしてみる。

●無音なのがダメなんじゃないか
 →防水プレーヤーを購入、持ち込んで
  音楽をカナデてみる。
  あるいは唄ってみる、とか。

そして多分、最大の原因がコレ。

●全てのタスクを終わらせて
 「あとはお風呂入って寝るだけ」の状態で
 入浴するのがダメなんじゃないか。
 完全にスイッチが切れる。

 →お風呂後、やらなきゃならないことを
  一つ残しておく。
  アイロンかけとか、皿洗いとか・・・?
  あ、ブログの下書きとか!

  ・・・何ででしょう。
  考えたら泣きたくなってきました・・・
  (;д;)
  
えー世間の人はどうしているの?
自分の命を守るために(笑)、
求む!妙案!

でも、真夏でも湯舟にはつかりたい・・・
←ワガママ?

練習記録 2017.06.12 (月)
週末の練習記録です。

6/9(金)ジョグ12km

6/10(土)車で1時間半ほどの
祖母宅の庭仕事。
もう誰も住んでいないのですが、
放置するわけにもいかず、定期的に
手入れに通っています。
この時期には、鬼のようにドクダミが~(>_<)
田舎なので、庭は60坪位あるのですが
せっせ、せっせ、せっせとドクダミを
刈り取りましたが、多分一週間位で
また生えちゃいます・・・(ToT)

地下茎なので、できるだけ掘り返して
茎切ったんですけどねぇ・・・
うー、あの繁殖力が心底、憎い!

作業中、暑さでクラクラ。
まあ暑熱順化していると思いましょう。
ヘットヘトで、帰ってからとても走れず・・・
20:00過ぎから23:00過ぎまで記憶なし(笑)。

6/11(日)気を取り直して30km走に。
自宅から、
信貴山フラワーロード~裏十三峠
~十三峠~生駒ボルダー(みずのみ園地)
~生駒ボルダーぬかた園地の
(大阪府民の森 ぬかた園地)
あじさい園まで往復してきました。

ajipatoroor.jpg

ぬかた園地は標高が高いので、
街中よりも開花が遅いのですが、
今年はどうだろう・・・

ajipatohana.jpg

残念、まだ全然でした~

ajipatokoya.jpg

去年の6/11は、こんな感じでしたので
ajipatohana2016.jpg

今年はちょっと遅いね。
来週も、ちょっとダメかな・・・
6月最終週位からと見ました。

九十九折れの道なりに
あじさいが植えられており、
満開になると、それはそれは見事です。

ajipatokarimono2.jpg
※画像借り物

ajipatokarimono1.jpg
※画像借り物

私は電車やバスを使わずに行けるので
(何なら走っていくよ★)
早朝に行ったりしますが、ちょっと怖いような
幻想的な風景です。
入場無料ですが、近隣に駐車場とかはないので
最低2km位は、登らなければなりません。
ランナーなら問題なし。

あ、6/17~7/9までは「あじさい祭」で
園内は歩くべしなので、ご注意下さいね。
ajipatochui.jpg

あじさいパトロールも終了したので
来た道を戻ります。
気温低めで走りやすかったです。
暗峠の温度計は17度でした・・・
ajipatokion.jpg

あじさいの時期に、生駒ボルダーを走るとき
密かなお楽しみが、ひとつ。

これ。

ajipatogumi.jpg

グミの木があり、実がなってます。
もしかしたらダメかもしれないけど、
2、3個、その場でいただいちゃってます。
甘酸っぱくて、少し渋くて私は好き。
ちょっとワイルドな補給(笑)。

これも6月末位までかな・・・

来た道を戻って、計30.3kmでした。
引き続き、
週末はパトロールに励みたいと思います。

7/1の暗峠王選手権の時は
きっとまだ満開だと思うんですけどね~
決戦の後に、花を愛でる風流人の方、
いかがですかー?

あ、暗峠からだと、あじさい園までは
激坂上りますが、

ajipatokotei.jpg


つわものたちなら無問題(笑)!