2017さが桜 2017.03.17 (金)
いよいよ、明日、佐賀に向けて出発します。

レース当日の予想気温(日本気象協会)
09:00 9度
10:00 13度
11:00 15度
12:00 17度
13:00 18度

暑さに弱い身の上としては、大変厳しいです。
対策としては、
●ファイントラックなし。
 ※注意!!!ブラはつけます!!!
●半袖、ランパン、ゲイターで。
●早め、こまめな給水。給水所はコンプ。
●毎回、水かぶる。
●かぶり水サービスはパス。
 シューズ濡れるからね。
 コントみたいにかけられる場合も
 あるみたいだし。
●塩タブ忘れずに。

タイムは、狙えません。
でも、とっても心は静か。
決めているのは、以下の3つ。

1.グロスで200分を切る。
 →今シーズン、積み上げたものが
  本当に私にあるなら、
  自分にとってはバッドコンディションの
  条件でも、達成できるはず。
  積めているなら、来シーズン、
  またその上に積み上げる。

2.マネジメント力を鍛えるレースにする。
 →時間経過とともに、上昇する気温。
  アカン時点は、必ず来る。
  そこからどうするのか、
  最小限の損害で済むためにはどうするのか。
  あせらずあきらめず
  冷静に考え、そして実行。
  
3.それもまたマラソン
 →ゆるりんさんの、篠山レポで
  とても心に残った言葉です。
  暑かったり、寒かったりしたレース中、
  「『マラソンやな~』と
  楽しんでいる自分がいました。」と
  書かれていて、私もそうありたいな、
  と強くそう思いました。

  あと、先日応援に行ったウィメンズ。
  メッチャしんどいはずなのに、
  声が届くと、皆様、笑って下さるのです。
  胸を打たれました。
  ・・・さが桜では、絶対に笑おう。
  キモい笑顔になってるかもだけど(笑)
  オンナはしぶとくなきゃいけません。
  不敵な笑みで(アカンやん★)笑うぞ!

初めましての方々と
お会いできるのも楽しみです。

レースご一緒いただく方々、
応援いただく皆様、
どうぞよろしくお願いします。



2017さが桜 2017.03.16 (木)
今週末に迫ってまいりました、
今シーズンラストレースの
さが桜マラソン。
「国内屈指のフラットコース」では
ありますが、昨年走った記憶を辿りつつ、
コースの様子をおさらい。

●スタート直後●
Bブロック、真ん中より前でロス53秒。
1kmラップは5'22"。やや渋滞。
2km手前からオンペース。

スタートから片側2車線ずつの広い道路。
走りやすいので、周囲のペースがとても速い。
佐賀県庁から佐賀城本丸歴史館を
ぐるっと回って(5kmあたり)
また、スタート位置まで戻ります。
左手にフィニッシュの競技場を見て、10km。
「右 吉野ヶ里公園」の標識を右に折れ
今までよりは狭い道路を走る。
第四関門位置を右に曲がって15km地点。
ここは平野なんだな~と思う風景の中を
走ります。

西郷という場所で左折したら、一車線走行。
右手に堤防を見つつ走って、
突き当たり20km地点。
右折してここからスライド区間。
ちょっと人が多く感じるかな。

吉野ヶ里公園に入ると、応援の人が多い。
豪華エイドは右側だったので、
エイドに寄りたい人は右側寄りで。
ペースを落としたくない人は
真ん中寄りに走路をとった方がいいと思う。

公園を出て、再びスライド区間。
道広くない。
ボリュームゾーンだと走りにくいと思う。
城原川にかかる、ふるさと大橋。
上りの途中で25km地点。
上りといっても、わずか。
Garminによると100mで5mの上昇でした。

スライドが終わって、田園風景を走ります。
応援が減るのと、昨年は感じませんでしたが
西風で向かい風になるので、我慢区間。
田園から工業団地的な場所に入って、30km地点。
そこから距離合わせの折り返し、片道700m位。
折り返しが終わったら再び市街地へ。

後半そんなに落ちない人だと、
このあたりからごぼう抜きかも。
とにかく周囲のペースが前半速いので
集団を利用したい人はご注意を!

市街地の途中で35km地点。
多布施川河畔に入るまでに、
上りがありますが、これも100mで5m位の上昇。

さて、 多布施川河畔。
応援がめちゃ多く、
ここを元気に走るために頑張ろう、とさえ
思えるステキ区間ですが、昨年ヒヤリハットなことが。
走路のすぐ脇で応援して下さるのですが、
小学校低学年位の子供さんが、
自転車でヨロヨロ並走していて、
よろけて走路側に倒れて来ちゃったのです。
ランナーは、転倒はしなかったのですが
危ないところでした。気持ちはわかるけど
怒鳴るのは大人げないよ・・・
私の5m位前のできごとで、
ちょっとドキドキしました。
応援とめちゃ近いのが、力強いところですが
走路はできたら中央寄りが安全?
道幅は狭いです。

多布施川河畔の途中で40km地点。

多布施川河畔の終わりに、
ブラックモンブランエイドがあったと記憶してます。

さて、左折して、ゆるやかな下り。
市街地なのですが、なぜか応援が減ります(笑)。
でも競技場目指して爆走しましょう。
競技場についてからも、結構走ります。
お覚悟召されよ(笑)
とはいえ、1kmもあるわけではなく、
トラックへ突入。死ぬ気で走りましょう。

私の中では、さが桜マラソンは
「フラットコースの奈良マラソン」。
応援が近くて、暖かいです。
給水所もテーブルが長いし取りそびれない。
地域の人が誇りを持って運営されてるのが
伝わってきて、昨年走って大好きになりました。

佐賀の皆様~
今年も走らせていただきます!
応援のチカラで、私の背中を
ぐいぐい押してくださいね~~★
(←知らん、知らん)

名古屋ウィメンズ応援 2017.03.14 (火)
走る乙女の祭典、名古屋ウィメンズマラソンの
応援に行ってまいりました~
うぇーい(^∇^)ノ

勝手のわからない私を、優しいキイミさんが
丁寧に一日アテンドして下さり、
本当にありがたかったです。
ただ、もしキイミさんとはぐれてしまったら
確実に遭難する・・・とドキドキしていました。

近鉄改札口まで迎えに来ていただき、
観光名所?
ランナーバージョンのナナちゃんも
見せていただきました。

2017031417015955f.jpg

20170314170158023.jpg


その後地下鉄で、応援ポイントへ。
地上に上がると、そこは
初めて見る、女性だけのマラソン大会。
当たり前ですが、ぜーーんぶ女性ランナー!
最初10km手前当たりで、サブ3.5~40分位の
ランナーを応援しました。
わあーみんな女の人だあー(←だから当たり前)

しばらく応援した後、
じゃあ次のポイントに移動しましょうとなり
撤収の直前、まちゃさんをキャッチ!
めっちゃいいペースを刻んでる、まちゃさんに
「まちゃさーん、がんばれーー」
と叫んで、気づいてはいただけたんですが
誰?って感じで驚かせてしまいました。
てへ。ごめんなさい。

また地下鉄に乗って、今度は、
15km過ぎの、ブログ村大応援隊の皆様と合流。
・・・わぁー何だか皆様、色々な生き物になっているよ?
そしてとっても幸せそうだよ?

らぴさんプレゼンツの豪華エイドが設置されており
美しきランナー達が、次々立ち寄られます。
村民美女ガーの皆様も、次々、元気に通過。
みんな、がんばれー!

ボリュームゾーンなのか、ランナーの数が激増。
ハイタッチに寄ってきてくださる方々も増え、
応援隊のハッピー指数はうなぎ登り。
そして、ランナーの皆様もとっても楽しそう。
笑顔で走られている方が多い。

それを眺めていると、
「私、こんなに楽しそうに走ったことあるかな?」
と思いました。
何か、私、間違ってないか?

らぴさんエイドも、大好評のうちに完売。
(売ってないけど)
次の応援ポイントに移動です。
・・・み、みんな・・・仮装のままだよ・・・?
後ろを振り返ると、レインボーアフロの
カオナシが、ゆらゆらと歩いているのが見えました・・・

さて、次にキイミさんに連れて来ていただいたのは
33km過ぎの坂ポイント。
このしんどい区間を、応援しないなんてこと、
スーパー応援隊に限って、あるはずがない。
キッチリ別働隊の、
THさん、カブトムシさんがいらっしゃいました。
坂は、「33kmからこの勾配は楽ではない。」
「脚が残っていなければ、激坂に感じる。」
「脚が残っていれば、ペースを落とさず登れる勾配。」
という感想を持ちました。
それにしても暑い。
日差しが強くて、かなり辛いだろうな。

山ちゃんがやってきました。
さすが山ちゃん。「歩かない!」宣言の通り
軽々登って行きます。
骨折からの、完全復活やね。ナイスラン!

526(こじろう)をしょったマッキーちゃん。
おお、ナイスペース!
元気に軽やかに、走られてます。
まだまだ速くなると思うなあ。

続いてえむさん。
いつものように、穏やかなステキな笑顔で
手を振ってくれます。
キツクないはずないと思うのに
しんどそうに見えないのは、
静かに、でも強い意思で走ってるんだろうな。
見習いたいなあ。

不思議の国のアリスのうさぎ?
それともイースターエッグのうさぎ?
ステキな衣装の、ロボッチさんも元気に通過。

ローラさんは、脚が痛かったそうなんですが、
にこやかに立ち止まって下さって、
記念撮影まで!
201703141702003d1.jpg
ありがとうございます。
本調子ではなかったかもしれませんが、
粘りのナイスランでした!

黄色い小動物、かおりんさんが
元気に(そう見えた)到着。
今日はピカチュウスーツには不利な暑さだね。
でも、大崩れしないのはさすがやね!
ハイ、坂はもちろん、走って上るよ。
アタシに付いといで!
(by オグレンジャーモモ)

超レアモデル、ブラックぐわTも麗しい
きんきんさんが通過。
「つーかーれーたー」といいながらの
ハイタッチでしたが、
いやいや、脚は十分残ってましたよ?
東京からの連戦なのに、すごい!

激沈Tで、覚悟上等のごろみさん。
今シーズン、大躍進。
日々の努力は嘘つかないね。
坂でも、綺麗な腕振りで、美しい上り方でした。
激沈上等!でも撃沈しないよね。
ナイスラン!

ちゃうちゃうさんは、脚が攣ったそうで
ちょっときつそうだったんですが、
坂を走って上がって来られました。
がんばれー!
並走して、声かけします。
途中ウォークブレイクも入れましたが、
再び「走る!」と走りだしました。
ナイスファイト!
終盤、かなり気分悪くなって
しまったそうなんですが、見事に完走されました。
本当にお疲れ様でした!

皆様を見送り、大曽根イオンへ移動。
応援隊本隊と合流して遅めのランチを。
念願の、「イタリアン」。
2017031417015613c.jpg


応援隊の、皆様の燃え尽き方がハンパない(笑)。
口から、魂、出かかってるよー。

こんな感じで・・・
20170314170224b33.jpg

こんな感じ?
20170314170227004.png
(※横たわっていたわけではありません)

みんな楽しくて、
テンション上がりすぎちゃったんだね。
高校運動部の寮母さんのように、
お世話をしてあげたくなる、姿でした・・・

再びキイミさんに、名古屋駅まで連れ帰っていただき、
残念ながらアフターへは行けなかったのですが、
皆様と応援できて、本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
キイミさんには、一日中お世話になりました。
このご恩返しは、必ずやどこかで!

話に聞く通り、華やかな大会。
私も女性ランナーのはしくれとして、
来年は、ぜひランナーとして出走して、
アフターまで参加したいと、
強く思いました。
皆様、その節はどうぞよろしくお願いします。


練習記録 2017.03.11 (土)
東日本大震災から、今日で6年。

あの日、突然、日常を奪われてしまった方々。
今もなお、日常を取り戻せていない方々。

何もできない私ですが、
そんな方々が、今も東北で頑張っていらっしゃることは
決して忘れないでおこう、と思います。

今、走ることができている。
来週のレースのことを考えることができている。

そのことを、ただ感謝します。



さが桜マラソン前の、最後のポイント練習を実施しました。
今シーズン、最後のポイント練習ということに
なりますので、
もう色々考えるのはやめて、
「走れるペースで、走れるとこまで頑張る10km」
を実施しました~★

リザルト~

ペース
4'15" - 4'17" - 4'18" - 4'18" - 4'20"
4'23" - 4'27" - 4'29" - 4'35" - 4'47"

ピッチ
197 - 202 - 202 - 202 - 202
204 - 203 - 203 - 204 - 203
ストライド(m)
1.18 - 1.16 - 1.15 - 1.15 - 1.14
1.10 - 1.10 - 1.06 - 1.05 - 1.04

ま~★絵に描いたようなビルドダウン。
でも当たり前。
前半の5kmは、ほぼT20ペース。
維持できるペースではありません。
それこそ撃沈上等で突っ込みました。
このペースで走っちゃうと残りの5kmは
4'30"も維持できなくなるんだな。

最後の2kmは強い向かい風区間。
自分比では、頑張ったつもりでしたが、
ダメでした。

ピッチは、戻ってきたと思います。
ストライドも、1.10以上を続けることが
数キロですが出来るようになってきました。
スクワットの成果?
来シーズンは、フル平均で、1.08位で走れてればなあ。
がんばれ、来シーズンの自分!

走れた!というほどには、良い結果ではないでしょうが、
自分的には、心が定まりました。
実力以上には走れない。
自分が思うような自分には、すぐになれるわけではない。

持ってるもんで、やっていくしか、ないわなあ。
お金も、走力も(笑)。




明日は、名古屋ウィメンズや、古河はなももなど
大きいレースが開催されますね。
出走される方々、どうぞ良いレースになりますように。
私は、乙女の祭典、
名古屋ウィメンズに応援参加の予定。
力いっぱい、美女ガーの皆様を応援するよーーー!
\(^o^)/



ラン話 2017.03.10 (金)
先日の、失敗30kmレースペース走。
ここまでの流れが、
15km成功
↓ 一週間後
30km失敗(20kmでヘロヘロ)
となるわけですが、このパターン、
昨年と全く同じです。
原因の一つとして考えられるのが気温かな
と思ったので調べてみました。

●今年●
2017/2/25 15km 4'38"クリア。
 気温(8.8°C~9.3 °C )
2017/3/4 4'38"15kmまで、それ以降失敗。
 気温(13.3 °C~15. 4 °C )
●昨年●
2016/3/6 20km 4'45"クリア。
 気温(19.0 °C~ 15.5 °C )
2016/13 4'48" 15kmまで、それ以降失敗。
 気温(11.2 °C~13.3 °C )

・・・ヲイ。19 °Cでも、走れとるよ・・・
どうも、気温ではない模様。
まあ、暑いの苦手ではあるのですが。

うーん、どうも結果を急ぎ過ぎなのかな。
一回気持ちと目標をリセットした方が
いいかもしれない。
いい時も悪いときもあるのは仕方ない。

にんげんだもの  byおぐを

せっかく、佐賀まで行くのに、
泉州国際みたいに、全く楽しくない気持ちで
走るのはイヤだなあ。
(※私の精神状態の問題。
 泉州国際の大会運営には一切問題ありません。)

昨日、ポイント練習として、T20走を実施。
(ダニエルズさんのTペースで20分走る。)
4'16" - 4'14" - 4'18"ときて、きつくなってきた、
と感じたらどんどん息が入らなくなってきました。
4'24"のラップを見て、一旦ストップ。
そのまま100mジョグした後、やめようかとも
思ったのですが、あと1kmだし、リスタートすることにしました。
止まっちゃってる時点で、練習の趣旨からは外れているのですが、
とりあえず20分は走り切りたかった。
で、その時無意識に、ブラのホックを外したんですね。

私、平日夜ランなので、下着(ババシャツ含めて)
については、ラン用のものではないもので
実施してます。週末走るときは替えます。
普段から、ワイヤーの入ったガッチリブラとかは
してないので、できることかとは思うのですが。

で、昨日はあまりに息が入らないので、
ほぼ無意識に外したんですが・・・

走り始め、
「タイムはもういいから、とにかく胸郭開く!」
「腕は鎖骨意識して、引く!」
「きょーかく、開く!」
と念仏を唱えて
走り始めたら・・・

ノーブラって、めっちゃ胸郭広がる・・・

さっきまで、あんなに息が入らなかったのに、
めっちゃ空気がウマイよ・・・

ジョグをはさんだせいもあるのですが、
結局、4'11"。
胸郭意識すると、体幹が安定する感覚がありました。
あ、身体的な特徴で説明すると、
私、身長の割にとても胸郭が大きいらしく
(胸、ではない。胸郭!)
お医者さんに驚かれたことがあります。
胸板に厚みがある。筋肉ではなく。
上手く使えるとストロングポイントなんだろうなあ。

来シーズンの課題として、
ちょっとこのあたり、調べてみようかな。

レースはノーブラで走る訳にもいかないし
(←練習もだ)
整体に行ったときに、一度相談してみよう。

と、いったように、色々うろうろくよくよ
絶賛迷走中★

※オババのブラ話、不快に思われた方はすいません・・・